若潮酒造『さつま黒若潮』のリニューアル酒蓋

Kagoshimawakashioshuzo02_2若潮酒造(株)『さつま黒若潮』のリニューアル酒蓋です。
今までは中央の薩摩焼酎を証明する「認証マーク」と「SATSUMA SHOUCHU」だけでしたが、こんどはその周りに「JAPAN GEOGRAPHICAL INDICATION (地理的表示)」の文字が入りました。

薩摩焼酎】マークは、WTO加盟国間の国際的な知的所有権の保護規定であるTRIPS(トリプス)協定に基づき、地理的表示として「薩摩」が厳格な条件の下に認められたものだそうで、いくつかの約束事があって、それをクリアできた焼酎にのみ記載することができるものだそうです。

なんだか、スゴそうな焼酎ですね。「ザ・薩摩焼酎」ということなのでしょう。
たぶんずいぶん前からこのデザインに変更になっていたと思いますが、気が付かなかったのでしょうね。見つけられて良かった。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『ワンダ 乳酸菌コーヒー』のニューキャップ

Asahiwonda01アサヒ飲料(株)『ワンダ 乳酸菌コーヒー <希釈用>』490mlペットボトルの「4倍濃縮」ノーマルギザキャップです。2018年2月20日(火)新発売のところを、本日KUMAZCAPS御用達先行販売店にてゲットしました。

どのメーカーも「4倍濃縮」の4文字は変わらないですが、アサヒには「あける→」が付きました。
Image予想通りのニューキャップで嬉しいです。今度はどのメーカーがこの「4倍濃縮」戦争に参戦するのでしょうか。

さあ、これから続々とニューキャップが登場しますね。近年はニューキャップラッシュの時期が従来より少し遅くなって、その分長く散発的になっています。プチニューキャップラッシュが断続的にやってくるみたいな感じです。

さて、今年のニューキャップラッシュはどうなりましょうか。楽しみです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麒麟麦酒『一番搾り<黒生>』の王冠

Kirinbeerichibanshiborikuronama02麒麟麦酒(株)『一番搾り<黒生>』334ml瓶の王冠です。
一番搾りブランドから、黒ビール「一番搾り スタウト」の後継商品となる「キリン一番搾り〈黒生〉」が2017年10月10日(火)から全国で新発売しました。

近所の酒屋さんから2ヶ月くらい前から「スタウト」が消えてしまって残念に思っていたところ、今日行ったら、「スタウト」が置いてあった場所に「黒生」が置いてありました。

麒麟の王冠で無地のものはないと思うので、新商品が出れば新デザインというのも嬉しいです。この良き伝統はずっと引き継がれて欲しいものです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中京サインボトリング『郡上八幡の天然水』の王冠

Chukyosignbottling06中京サインボトリング協業組合『郡上八幡の天然水』360ml瓶の王冠です。
デザインは変わっていませんが、住所が2006年に師勝町が北名古屋市に合併したことに伴い、表記が「愛知県師勝町」から「愛知県北名古屋市」に変わっています。
前の王冠は12年前にゲットしたということですね。なんか、ちょっと感慨深いものがあったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアのドロップキャップ

Italydrop07イタリアの王冠コレクターの方との交換でらったペットボトルキャップ13個です。
王冠コレクターの方は「drop cap」と呼んでいました。正式な名称ではないと思いますが、たぶんミネラルウォーターのキャップで水のしずくをイメージしたものでしょう。
イタリアらしいユーモアのある楽しいキャップ達です。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルボン『ウィングラム』のニューキャップ

Bourbonwingram01(株)ブルボン『ウィングラム』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
チャプコさんから頂きました。いつもありがとうございます。

この商品は、2017年8月8日(火)に通信販売で新発売されました。発売からまだ半年あまりですからたぶん最初からこのブランドロゴが印刷されていたものと思われます。

Bourbonwingrambottle2017年11月21日(火)からは、スポーツ店店頭での販売が始まり、アマゾン等のWEBストアでも購入できるようになりました。

チャプコさんがどのような経緯でゲットされたかは定かではありませんが、スポーツ店店頭だとすると発見が遅れるのも無理はありません。

この商品を取り扱っていないスポーツ店もあると思うので、まずはいろいろ当たってみて、見つからなければWEBストア頼みということですかね。でも、お値段はめっちゃお高いですから、なんとしてもスポーツ店で見つけなければね。

それにしても、デザインはどっしりと貫禄があって、でもちょっとカッコ良かったりします。これからのブルボンに期待できそうな予感がします。これ一発で終わらないように次のニューキャップを楽しみにしておりますよん。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロな王冠達がやってきた。

Minseidodrink01Mainichikosenjyo01ジャンボフェニックスさんからいただいた王冠16個です。使用済み王冠が2個と未使用王冠が14個です。

ジャンボフェニックスさんは、ソフトドリンクの王冠を集めておられますが、殊に各地の廃業した会社も含めソフトドリンクメーカーを自分の足で訪ね歩き、未使用王冠の発掘と蒐集を喜びとしておられる夢追い人です。

私も未使用王冠にはとても魅力を感じるので、かつては地ビールメーカーを訪ね歩いたこともありますが、各地に点在するので、面白いように集められるものではく、かなりの苦労を伴います。

どの王冠もジャンボフェニックスさんが苦労して集められた大変貴重なものばかりですが、その中から掲載用にふたつの王冠を選んでみました。

右側の王冠は山口県の(株)民正堂飲料水工場の「あめゆ」で、左側の王冠は岡山県の(有)毎日鉱泉所の「ホームコーラ」です。どちらもレトロ感が半端ないですが、ライナーはコルクなので、そうとう古いものですね。
でも、王冠の表面とコルクのどちらもとても状態が良いので、大切に保管されてじっと出番を待っていたのでしょう。

私的には、オリオンビールの「オリオンドラフトビール」の未使用王冠も何気に嬉しかったりしますが、まあ、それにしてもほとんどが会社名を見たこともないレアな王冠達ですね。

貴重な王冠をありがとうございました。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『ウィルキンソン ジンジャエール』のリニューアル王冠

Asahiwilkinsongingerale02アサヒ飲料(株)『ウィルキンソン ジンジャエール』190ml瓶のリニューアル王冠です。

大きく変わった点は、製造所固有記号が「SKT」だったのが、「製造所 兵庫県明石市二見町南二見1-33」になり、原材料名が詳細に記載されています。

明石工場は「T 、L」のはずですが、そもそも「SKT」ってどこなんでしょうね。製造所が変わったとも思えないので、単なる固有記号の表記方法の変更なのだとは思いますが。

ドライジンジャエール」と「トニック」は特に変わっていなかったと思います。順番にこの表示形式に変更になるのかもしれないので、しばらくは要観察です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ飲料の新形状キャップ出現か!?

Image

アサヒ飲料は、2018年1月30日(火)、自社で製造する炭酸飲料で、炭酸飲料用では国内最軽量のペットボトルキャップを2018年2月下旬から採用すると発表した。
新キャップでボトルキャップの重量は約7―10%軽くなるそうだ。

見たところ、フックタイプのようにも見えるけれど、炭酸飲料に使うとなれば強度的にも問題ないということだろうから、さてどんなキャップ形状なのか。
写真だけではわからないことも多いから、まずは登場してから現物を確認するしかないけれど、新形状キャップの場合どう呼んだものか悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩深水滋賀工場『岩深水』のニューキャップ

Wateriwashimizu01_4(株)岩深水滋賀工場岩深水(いわしみず)』500mlペットボトルの粗ギザニューキャップです。
ミネラルウォーター大全』を運営するミネラルウォーター評論家の伊藤さんから頂きました。いつもありがとうございます。

ロゴがカッコいいですね。ただ、キャップの場合はいろいろな角度から見るので、何が印刷されているのか幾何学模様のよう
Iwashimizubottleで瞬間的にはわかりづらいかもしれません。

どこで購入できるのか定かではありませんが、通販で2Lペットボトル水3本500mlペットボトル水5本の詰め合わせで、送料無料税込み2,057円のお試しセットを購入できます。

最初は白フタだったようなので、いつからデザインキャップになったのか多少の不安はありますが、一度購入してみますよ。^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ペルーの輸入キャップ

Zperufanta01商品名:FANTA
原産国:ペルー
輸入者:(株)G&C CORPORATION
内容量:400ml
キャップ:ノーマルギザ

youth-kさんから頂きました。いつもありがとうございます。
南米の食材を扱うお店で購入されたそうです。南米と言えばブラジルのお店はときどき見かけますが、その南米の食材を扱うお店ではペルーの他にもアルゼンチンやチリの食材なんかもあったりするのでしょうね。名古屋にはそんなお店無いよなー。

ペルーのファンタのキャップは初めて見ました。輸入キャップということも合わせて珍しいキャップです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白岡市上下水道部水道課『しらおかすぃ』のシールキャップ

Sealshiraokashai01白岡市上下水道部水道課(埼玉県白岡市)『しらおかすぃ』500mlペットボトルのシールキャップです。がんちゃんから頂きました。いつもありがとうございます。

がんちゃん情報によれば、このお水のボトルは埼玉県のイベントでゲームに参加した人だけがもらえた非売品だそうです。

シールには、「白岡市制施行5周年」「For the next 5 years ~夢に向かって走り続けるまち~」と「シラオ仮面」が印刷されています。
ラベルには、『「シラオ仮面」は白岡市を愛してやまない市民の誰かが変身する。地域に貢献する活動(清掃、見守りなど)が趣味。決して悪の組織とは戦わない!』と印刷されています。自治体のボトルにしては、ユーモアのあるユニークなボトルですね。

お水も水道水に地下300mから汲み上げた井戸水をブレンドしたものだそうです。これもたぶん珍しいのではないかと思います。

市制施行10周年では、シールではなくご自慢の「シラオ仮面」を印刷にてお願いします。期待しておりますよ。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGF『懐かしの味 キャラメルカフェオレ』のオレンジニューキャップ

Agfblendy41味の素AGF㈱『懐かしの味 キャラメルカフェオレ』345mlペットボトルの粗ギザオレンジキャップです。

コレクター様の情報により、さっそくゲットできました。
AGFのニュースリリース等の情報が乏しいため、詳細は不詳ですが、2018年1月9日(月)に発売開始された模様です。

4214502今のところ、ファミリーマートでしか発見されていないため、ファミマ限定と推測されますが、他のコンビニなどでも販売されているのでしょうか。

この時期にニューキャップがリリースされることは珍しいですが、2018年は何が起こるかわかりませんね。
キャップ業界にとっては激動の年というか波乱に満ちた年というか、いずれにせよキャップ業界を取り巻く環境も刻一刻と変化しているということです。

お味はかなり薄めです。キャラメルの味もあまり感じられません。こうしてみると知らないうちに、糖分を摂り過ぎていたのかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リゾートトラストのミネラルウォーターキャップ

Conv0001

Waterresorttrust01リゾートトラスト(株)『ナチュラルミネラルウォーター』500mlペットボトルの粗ギザニューキャップです。ひろさんから頂きました。ひろさんには、バカラパシフィックの非売品ミネラルウォーターキャップをご提供頂いたばかりですが、またまた非売品ミネラルウォーターキャップをご提供頂きました。立て続けの非売品発見!凄いですね。

リゾートトラスト社は、会員制ホテルの「エクシブ」などを経営する地元名古屋の会社です。1973年の創業当初はそれほど名の知れたホテルではなかったかと思いますが、2000年に株式上場し、今では売上高が1,400憶円を優に超えるホテル業界でも第2位の実績を誇る大きな会社になりました。

キャップに印刷されているのは同社のコーポレートロゴです。「resorttrust」の「resort」の最後の「t」と「trust」の最初の「t」で構成されています。

同社のHPでは、「resort」の最後の「t」は赤色で、「trust」の最初の「t」は青色で表示されています。キャップもその2色であれば問題ないはずですが、刷り色はモノトーンになっています。また、パッケージもモノトーンになっているので、モノトーンで統一してオシャレ感や高級感が醸し出されています。

リゾートトラスト社の系列ホテルを含む会員制ホテルの客室で提供されているもので、会員の方には無料ですが、会員以外の方には有料で提供されています。完全非売品というわけではないので、一応バーコードは付いていますが、市販はされていません。なので、ホテルまで足の伸ばせば販売はして頂けるかと思いますが、ケース単位の販売になるのと、在庫がない場合もあるようなので、事前に連絡して購入できることを確認してからお出かけになることをお薦めします。

製造者は(株)ミツウロコビバレッジ。採水地は、山梨県南都留郡山中湖村。
リゾートトラスト社の担当者のお話によると、2017年の6月にミツウロコビバレッジ社の製品が採用され、そのときからキャップにこのコーポレートロゴが採用されたそうです。それまでは他社製品が採用されキャップは白フタだったそうです。リニューアルから半年遅れの発見となりましたが、よく発見されたものです。キャップコレクターの底力を感じました。

ストックには余裕があります。関係者のみなさんには差し上げますので、ご安心下さい。いやー、新年そうそう凄いキャップをがやって来ました。
こいつは春から縁起がいいわいな。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカ・コーラ『ファンタ ゴールデンアップル &パワー』のゴールドキャップ

Cocacolafanta32コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『ファンタ ゴールデンアップル&パワー』490mlペットボトルのノーマルギザゴールドシェルキャップです。

2018年1月8日(月)新発売のところを、本日KUMAZCAPS御用達先行販売店でゲットしました。

News2017121814faga490mlpet噂通りのニューキャップで新年早々嬉しい限りですが、期間限定ということなので、在庫が無くなり次第、終売ということでしょうか。

今年もこんな感じで1年を通してバラバラとニューキャップが出そうな予感がしますが、さてどんな年になるか大変楽しみです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国のペットボトルキャップ

Koreagwangchunsu01Koreacheonyeoncider01ミネラルウォーター大全」を運営する水製品及びミネラルウォーター評論家の伊藤善久さんから頂いた韓国国内で販売されているペットボトルキャップ2個です。ありがとうございました。

左側のキャップはILHWA「Gwang Chun Su」というミネラルウォーターで、右側のキャップは泉淵「Cheon yeon cider」というサイダーです。

伊藤さんの評論対象は国内のみなので、外国の水製品は対象ではありませんが、お出かけの際にわざわざ購入して下さるので、助かります。

韓国のペットボトルを見かけなくなって久しいですが、新大久保も少しずつ活気を取り戻しているようですから、以前のように出かければ数種類の新種が見つかるようなそんなコレクターにとっては夢の場所になって欲しいものです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマーのペットボトルキャップ

Myanmarmaxpluslychee01ミャンマーのペットボトルキャップ17個を更新しました。
あこうさんのミャンマーのお土産で頂いたものです。ありがとうございました。

ミャンマーのキャップがこれだけ一度に集まるのは珍しいですね。タイへ行かれる方は多いと思いますが、ミャンマーまで足を伸ばされる方は少ないかもしれません。

また、ペットボトルがタイからミャンマーへ流れることはあってもミャンマーからタイへ流れることはあまりないのでしょうから、やはり入手が難しそうです。

ほとんどはミャンマーで生産されているものですが、タイ、インドネシア、シンガポール辺りから流れてくるものもあります。インドネシアのキャップはミャンマーで購入されたものですがインドネシア産です。私のインドネシアのコレクションにはなかったのでインドネシアに分類しました。
タイ、シンガポールのコレクションで確認されたものは掲載を省略させて頂きました。
その他原産国が不明のものはすべてミャンマーに分類しました。

東南アジアのキャップは暖色系のものが多くてデザインも癒し系のものが多いので、見ていても楽しいですね。

今年も、みなさんには大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAMPOPRINT社のサンプルキャップ

Italysamplecaptamporint42イタリアの王冠コレクターから頂いたドイツのTAMPOPRINT社のサンプルキャップ41個です。このコレクターの方からは忘れたころに同社のサンプルキャップが届きます。

入手方法は未確認ですが、毎年ドイツで開催される印刷機の展示会で配布されたものだと思われます。

普段は見かけることの無い色鮮やかなキャップ達もあります。
全部がTAMPOPRINT社のキャップだと思いますが、印刷機の会社が数社あるとすれば他社のキャップもあったりするかもしれません。確認のしようがないので、とりあえずTAMPOPRINT社のキャップとしていますが、間違いが発覚すれば都度訂正して行きます。

今回は、レギュラーサイズに加え、小さなキャップ、大きなキャップがたくさんあります。画像では同じ大きさにしかできないので、「small cap」「big cap」の表記を付加してあります。

いずれにしても、サンプルキャップなので、実際には流通していないと思われるので、ここでしか見られないキャップ達かもしれません。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『養老サイダー』の復刻王冠?

Yorocider01養老サイダー復刻合同会社『養老サイダー』の王冠です。
名神高速道路の養老サービスエリアでゲットしました。

養老サイダーとは、かつて岐阜県養老郡養老町で1900年(明治33年)から製造開始していた“日本最初のサイダー”と言われ、2000年(平成12年)に惜しまれながら製造中止となりました。幻となった『養老サイダー』ですが、2017年は元号が『養老』になった年から数えて1300年になったのを記念して復刻し、17.年ぶりに復活しました。

復刻というからには、当時と全く同じものを再現する必要があるとお考えのようですが、王冠は当時のものではないようなので、ポリシーも適当ですね。大変残念です。当時の王冠がどんなデザインであったのか、せめて紹介くらいはして欲しいものです。

でも、よく考えると当時の王冠には社名やら住所も印刷されていたと推測できるので、それをそのまま復刻するというのはできませんよね、きっと。王冠が無地でなかっただけでもラッキーということかな。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタログハウス『通販生活 2018年春号』の掲載記事

Cci_000009

カタログハウス『通販生活 2018年春号』は、2018年1月15日発売予定ですが、本日掲載雑誌が一足先に送られて来たので、私の記事だけ紹介させて頂きました。
実は、見開きの右側のページと一体となっておりまして、別の有名なコレクター様が掲載されておりますが、それは発売時のお楽しみということにさせて頂きます。

新聞社や雑誌社の掲載誌は、通常発売日にしか送られて来ませんが、まあカタログ誌ですから特に発売時期にだわりもないのかもしれません。
内容は特に目新しいこともないのでこんなところかと思いますが、写真が今までのアングルと違って、そこそこイケてませんか?カメラマンさんも良いのが撮れたってご自慢のようでしたから。

今年も年末になって、雑誌の取材やらテレビ出演で何かと慌ただしい日々が続きましたが、気が付いたら年の瀬です。皆さまには今年も大変お世話になりました。どこまで行けるのかまったくわまりませんが、とにかく行けるところまで行きますよ。
来年はオフ会もありますので、よろしくお願いします。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«富永食品『神戸居留地ほうじ茶』のニューキャップ