Wさんの王冠 その8(信越ペプシコーラボトリング 黄金桂)

Shinetsupepsicolabottling01Wさんの王冠第二弾の始まりです。
今回は、信越ペプシコーラボトリング(株)『黄金桂』。
王冠には、信越ペプシコーラボトリング(株)と印刷されていますが、インターネットで検索すると信越ペプシコーラ販売ししか出てきません。同じ会社だと思いますので、便宜上、信越ペプシコーラ販売と記載します。

信越ペプシコーラ販売は、1965年に「信越清涼飲料(株)」として設立。2002年に「信越ペプシコーラ販売(株)」に商号変更し、2010年に北陸ペプシコーラ販売(株)とともに東海ペプシコーラ販売(株)に吸収合併され、「中部ペプシコーラ販売(株)」に変更しました。
ということで、この王冠は、2002年から2010年の間に製造されたものということになります。

『黄金桂(おうごんけい)』はほとんど聞いたことがありませんが、中国茶の一種で烏龍茶などと同じ青茶に分類されるようです。黄金に輝いてとても心惹かれます。今はもう製造されていないんだろうな。

今からまだ7年前まではこの商品が製造されていたかもしれません。地方でリターナブルで販売される飲料はほとんど他の地方に出回らないでしょうね。こんな商品が7年位前まで現役で活躍していたかもしれないと思うと王冠の奥深さを感じずにはいられません。

もっともっといろんな王冠に出会いたかったな。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その7(不明王冠)

Zzzunknown14Wさんから頂いた第1弾の王冠達の中で唯一メーカーが不明の王冠です。Wさんにお尋ねしましたが、京都の王冠であることは間違いないですが、醸造元がわかりません。

「CRAFT BEER」というのは、地ビールのことですから、そのどこの地ビールかということがわかりません。「KYOTO CRAFT BEER」という会社は存在しませんし、「since 1997」というキーワードで検索しても適当な情報は見つかりません。
どなたか情報をお持ちの方がおられましたら、よろしくお願いします。

さて、このあたりでWさんから頂いた第一弾の王冠達を一挙にご紹介しましょう。  こちらです。第二弾はもっと凄いですよ。ただいま、準備中なので、しばらくお待ちください。

なお、このキャップ達は、私が持っていなかった王冠ということで、持っている王冠は掲載しておらず、そういった王冠までたくさん頂いたことを申し添えます。^^

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その6(寿酒造 國乃長)

Kuninocho_2寿酒造(株)『清酒 國乃長』の王冠です。1882年創醸と言いますから、貫禄があってドスも効いたインパクトの強い王冠ですね。

『國の長ビール』というビールも醸造しておられるようですが、この王冠はお酒の一合瓶のものと思います。今でもこのデザインの王冠が活躍しているのでしょうか。

ビールの王冠のデザインは、HPを見る限りはたぶんお酒の王冠とは違うようです。どんなんでしょうね。とても気になります。

地ビールはとてもお高いのに加えて発見するのも苦労するので、集めるのがとても大変です。時間もかかりますし。Wさんはよく根気よくお集めになったものだと感心する他ありません。

『國乃長ビール』の王冠もお酒の王冠とセットで揃えたいものです。そうそう、酒蓋も忘れてはいけませんね。どこかで、ご縁がありますように。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チチヤス『乳酸菌の天然水』の赤色チー坊キャップ

Chichiyasu01チチヤス(株)『乳酸菌の天然水』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。

かれこれ1ヶ月近く前に発見報告を頂いてからずっと探しておりましたが、見つからないと諦めて発見者の方にお願いをしておりましたところ、本日『平和堂』というスーパーで偶然に奇跡的に発見しました。かなりの衝撃ですね。

1461492_original『平和堂』は関西系のスーパーなので全国的にあるのかどうか調べていませんが、もしお近くにあれば売っているかもしれません。
また、東京へ出張された方からの情報として、有楽町の広島のアンテナショップで発見したから送るとの連絡も頂いております。せっかく送って頂いたのに自分で見つけてしまって、なんだか申し訳ない。ごめんなさい。

発売時期とか販売地域とかの詳細が不明なことも多いです。こんな時はメーカーの方からの情報をお寄せ頂けると大変助かりますが、そんなことがあったことがありません。そりゃ、そうですよね。やはり、情報はこちらからどんどん取りに行くようにしないとダメですね。ふぅ。

ニューキャップ情報は他にもお寄せ頂いているので、無事ゲット出来て手元に届くことを楽しみにしております。
皆様の情報が頼りです。今後とも、ニューキャップ情報をよろしくお願いします。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金龍『爽』のデカキャップ

Zzzkinryu01(株)金龍(山形県酒田市)『さわやかきんりゅうつや姫仕込 25%』1.8Lペットボトルのデカキャップです。
Wさんが送ってくださいました。ありがとうございました。

金龍のデカキャップは、HPで確認する限り、緑色の濃淡があって3種類あるように見えますし、紺色のデカキャップもあるように見えます。撮影の仕方によって違うキャップに見えても同じキャップなのかもしれません。

Kinryubottel東北地方で売っているっぽいですけど、現物の確認のしようがないので、詳細は不明です。キャップのついているボトルもHPの画像から推測したものなので、ひょっとしたら違っているかもしれません。

レアなキャップなので、他の色のデカキャップも手に入ると嬉しいですね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠達 第2弾

Conv0001

Wさんの王冠達第2弾が届きました。Wさん、ありがとうございました。
今回も正確な数は数えていませんが、たぶん200個くらいはあると思います。外国の王冠も多いので、私が持っていない日本の王冠がどれだけ見つかるのかわかりませんが、ざっと見たところでは50個はありそうです。
先日送って頂いた分と合わせると間違いなく100個以上にはなると思います。

王冠の場合は、住所違い、製造所違い、社名違いなど微妙なところが違っているものもたくさんあるので、精査するともう少し増えるだろうと思っています。

今回の分は、Wさんがボードに貼りつけてお部屋で飾って楽しまれていたものとお聞きしておりますので、特にレア度が高く、デザインもすばらしいものが多いと思います。

今のところ、個別にご紹介していますが、ある程度ご紹介が済んだら、一気に掲載したいと思います。王冠コレクターの方々も見たこともないようなレアな王冠がたくさんあるのではないでしょうか。

また、Wさんには王冠だけでなく、珍しいキャップもお送り下さったので、機会を見てご紹介させて頂きます。整理に少し時間がかかるので、しばらくお待ちください。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その5(キリン 北陸づくり生)

Kirinhokurikudukuri01キリンビールは、北陸工場を1993年に操業開始し、北陸3県を中心に販売していましたが、2010年8月に製造を終了し、17年間の短い幕を閉じました。

製造している間はまったくお目にかかることがなかった商品ですが、製造が終了してからそに存在を知ることになるとは皮肉なものです。それでも、こうしてお目にかかれること自体が奇跡のようなものですね。

今では、ビール自体は滋賀工場と名古屋工場で北陸3県をカバーしているようですが、「北陸づくり」の銘柄は消失してしまっているのでしょうね。残念な話しです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その4(天賞酒造)

Tenshoshuzo011天賞酒造(株)(仙台市八幡町)の『天賞』の王冠です。天賞は、2005年(平成17年)に創業200年を機に宮城県川崎町に移転し、社名を『もまるや天賞』としました。

その後、2011年3月の東北大震災の被害を被り、酒造免許の取り消し申請を行い、「天賞」と「獨眼龍政宗」の二つの銘柄の商標権は中勇酒造店(加美町)に譲渡したようです。
今でも、『天賞』は販売されていますが、蔵元が天賞ではありません。

王冠はなかなか渋いので私は好きです。画像の王冠は、『天賞』か『まるや天賞』のどちらかなのかわかりませんが、王冠は多分同じものを使用していたのではないでしょうか。
となると、『中勇酒造店』の王冠がどうなっているのか気になりますね。
私の酒蓋コレクションを確認してみましたが、『天賞』はありませんでした。どこかで出会えますように。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その3(サントリー 横濱中華街オリジナル生ビール)

Suntoryyokohamachuukagai01このビールは、サントリーの横浜中華街限定ビールとなっています。8年程前までは販売されていた形跡があります。今は販売されていないと思いますが、まったく見かけたことも話を聞いたこともないだけに、ひょっとしてどこかで密かに売られているのかもしれませんね。

なかなか良い感じの王冠です。こんな感じの王冠がもっとどんどんと出現して欲しいですし、今でもこの王冠が生き残っていると信じたいですね。
どなたか生存情報をお持ちでしたら、よろしくお願いします。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味の兵四郎『泡水』の幻のキャップ!?

Ajinohyoshiro01(株)味の兵四郎(福岡県筑紫野市)『泡水(ほうすい)』のペットボトルのノーマルギザキャップです。
キムタケさんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

このキャップにはラベルがないので、どこのメーカーか特定できていません。「hyoshiro 兵」のロゴを頼りに検索すると、この味の兵四郎(ひょうしろう)が出てきます。

キムタケさんからは炭酸のキャップであるとの情報は頂いているので、一致しそうです。デザインの向きが気になるところですが、たぶんこんな向きではないかと。

味の兵四郎社のお客様相談室に直接電話で確認したところでは、2016年5月にリニューアルするまでは、3種類のボトルがあって共通のキャップを使っていたのが、リニューアル後は無地になり、この「泡水」1種類になったとのことです。

リニューアル前は、印字されていたとのことなので、このキャップは味の兵四郎のキャップに間違いなさそうです。念のため、この記事をご連絡して確認して頂こうと思っています。万が一、間違っていることがあれば、この記事は削除しなければなりません。

1年前に白フタになってしまったものが、今頃になってよく出現したものだとラッキーという他ありません。
お客様相談室に1年前のキャップは残っていないか確認しましたが、残っていないとのことでした。かくして、幻のキャップになってしまったのであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その2(サントリーコーラ)

Suntorycola01サントリー(株)『サントリーコーラ』です。
サントリーのコーラといえば、今ではペプシのイメージが強いですが、実は1998年までは独占販売権を取得する自社ブランドのコーラを持っていたようです。

たった20年前の出来事ですが、めっさ違和感がります。今ではこれで良かったのではないかと思えますが、時代の大きな流れを感じさせる貴重な一品です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠 その1(銀河高原ビール)

ImageWさんの王冠はどれも珍しい物ばかりなので、どれからご紹介しようかと迷いますが、まずは非常に興味を持った物からご紹介します。

(株)銀河高原ビールの王冠です。Wさんから頂いたのは一番上の画像のもので、王冠の色は黒色でトナカイは白です。

Gingakogenbeer0102_1現在流通している王冠は真ん中の画像の紺色の王冠でトナカイは銀です。さらに、一番下の王冠は水色でトナカイは白です。紺色の王冠が現行品であることは間違いありませんが、黒色と水色とどちらが先なのかは不明です。
もっとも、水色の王冠は未使用品で流通品は確認できていないので、試作品だった可能性もあるかもしれません。

Gingakogen0103Wさんはこの水色の王冠の流通品を見たことがあるのでしょうか。たぶん、20年くらい前の話になると思います。記憶、記録が辿れるうちに確認しておきたくなる衝動に駆られます。^^

この黒色王冠は、そんなロマンスを掻き立ててくれるまさに逸品です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンビリーバボーな王冠達

Conv0002

Wさんから王冠を頂きました。数は正確には数えていませんが、200個くらいあります。王冠といっても、古いものがほとんどで見たこともない王冠がざっと60個くらいはあります。外国の王冠は含んでいませんが、外国の王冠まで含めると100個近く初めてみるものだと思います。

Wさんは20年前から15年前くらいまで王冠をお集めだったそうですが、その後ペットボトルキャップ収集に切り替えたために、収集はしておられなかったそうです。
長年保管されてきた王冠をこのたびお譲り下さりました。いろいろな思い入れがおありかと思いますが、集めて楽しんだ思い出はいつまでも消えることはないのではないでしょうか。王冠は私のところで大切に保管させて頂きます。

それにしても、大変貴重な王冠ばかりです。整理がつき次第可能な限りご紹介したいと思っています。Wさん、たくさんの貴重な王冠をありがとうございました。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『烏龍茶』の粗ギザキャップ

Suntorytea57サントリーフーズ(株)『サントリー 烏龍茶』525mlペットボトルの粗ギザキャップです。

リニューアル当初はフックだけでしたが、最近では粗ギザをよく見かけるようになりました。
フックは半透明キャップだと思っていたけど、キャップが薄いので透けて見えて半透明のように見えるのかもしれません。

キャップの種類の違いによっても、印象がずいぶんと変わってくるものですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『オランジーナ プルミエルージュ』のニューキャップ

Suntoryorangina03サントリーフーズ(株)『オランジーナ プルミエルージュ』420mlペットボトルのノーマルギザキャップです。

2017年3月28日(火)に新発売したようですが、なぜか発見が遅れました。どうしてでしょうね。
たぶん、「ブラッドオランジーナ」と雰囲気が似ているので、新商品が出たことに気付かなかったのではないでしょうか。

L_sbf05063ニュースリリースを見ても黒色シェルキャップですし。

お味はちょっと甘めかな。私は、「ブラッドオランジーナ」の方が好きですけど、「オランジーナ プルミエルージュ」に変わってしまうんですね。残念だけどニューキャップになったから、ま、いっか。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝酒造『宝焼酎ソフト20度』の広口ブルーキャップ

Zzztakara24宝酒造(株)『宝焼酎ソフト20度』の広口ロゴ無しブルーキャップです。がんちゃんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

このボトルはときどき見かけますが、まだ「TaKaRa」のロゴ入りです。ロゴ無しがあれば多分購入するとは思いますが、20度でソフトということになると2.7Lにしてもかなりきついかもしれません。

こういったキャップは頂くに限ります。助かっちゃいました。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『朝摘みグレープ&天然水』のパープルシェルキャップ

Suntory5901サントリーフーズ(株)『朝摘みグレープ&天然水』280mlペットボトルの半透明パープルシェル粗ギザキャップです。
momokoさんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

このニューキャップは、北海道の札幌の自販機でサンプルがこのボトルになっていたので、購入してみたらブルーシェルでした。こんなこともあるさと気を取り直して次の日に名古屋で同じ
Pocketcvs_4901777272187_2パープルシェルのサンプルを見かけたので、購入したらまたブルーシェルでした。2度の失敗にも懲りず次の日も違う自販機でパープルシェルを見かけたので購入したらまたまたブルーシェルでした。

これはギャンブルではありません。サンプルがそうなっていたので、それを購入しようと三度試みたのが、欲しくもないボトルを3本も買わされたということになります。ひどい話で私は怒っています。自販機は中身を確認できないのだから、サンプルと同じものが出てこないと困りますよね。

中身が同じでキャップだけ違うというのなら言い訳もできましょうが、中身もリニューアルしておりお味も違うのだから言い訳などできません。これが逆のパターンであれば仕方ないでしょう。入れ替えのタイムラグもあるでしょうし、従来品は販売終了ということなのであればねぇ。

今回は、ちょうど良いタイミングでmomokoさんがお助け下さったので救われましたが、そうでなければ果てしないギャンブルの無限坩堝に嵌るところでした。

この商品は、自販機限定となっています。サントリーの自販機にはお気をつけください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

創生ワールド『創生水』の酒蓋

Naganosouseisui01創生ワールド(株)『創生水』の酒蓋です。
確かに一升瓶に付いている酒蓋なんですけど、中身は『創生水』というおなんです。これを酒蓋と言って良いものかどうか迷いますが、醤油かという中身が違うだけで酒用の蓋には違いないので、やっぱり酒蓋と呼ぶことにします。

ワインの酒蓋までは見たことがありますが、水用の酒蓋は初めて見ました。というか、水用の蓋と知らずに持っているものもあるのかもしれませんが。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『烏龍茶』横書きロゴキャップ

Suntorytea55サントリーフーズ(株)『サントリー 烏龍茶』2LペットボトルのSKナールキャップです。
2017年5月9日(火)にリニューアル発売予定です。525mlのリニューアルボトル画像はありますが、2Lの方はまだ配信されていないようです。

「サントリー 烏龍茶」のロゴは、刷り色の変遷はあったものの、おそらく20年近くずっと縦書きでした。まさか伝統あるデザインが横書きになるとは思ってもみませんでした。これはこれで新鮮な感じがするので、デザインとしては"あり"なのではないでしょうか。

キャップもいきなりSKナールとは驚きでした。525mlの方は半透明茶色シェルでしたが、2Lは白色シェルと決めているようです。これから、またノーマルギザ、粗ギザ、フックタイプキャップが出現するのでしょうね。

楽しみと言えば楽しみですが、セット販売みたいになって来て、なんだかちょっと面倒臭いな。生産設備面のいろいろな問題や販売戦略のことなんかあるのだろうけれど、東北大震災の時に機運が盛り上がったキャップの統一化はどうなってしまったんだろうか。ふぅ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『烏龍茶』リニューアルキャップ

Suntorytea56サントリーフーズ(株)『サントリー 烏龍茶』525mlペットボトルの半透明粗ギザリニューアルキャップです。
2017年5月9日(火)にリニューアル発売のところを、本日KUMAZCAPS御用達先行販売店でゲットしました。

プロモーション画像には、キャップのデザインも見えているし、ニュースリリースには"インパクトのある茶色のキャップ"を採
L_sbf05121用したとの記載があり、少しはキャップにも光が当たっていることが感じられます。

デザインはバランスよく配置され、「←あける」もないのでスッキリしており、必要な情報も盛り込まれているので、上々の出来栄えか。お味も美味しいし。

そうそう、同じお店で『サントリー 黒烏龍茶』のフックタイプを見つけました。ボトルは『サントリー 烏龍茶』と同じなので、リニューアルを機会にフックタイプを導入したのかもしれません。

今年もニューキャップラッシュとは言い難いけど、5月の連休を過ぎてもダラダラと新種が出てくるので、新種が出る時季がやはり従来より2ヶ月くらいずれ込んでいるようです。

今年はコカ社が不発だったので、その分サントリーさんに頑張ってもらって6月の中旬辺りまで、ニューキャップを楽しめると良いですね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«キッコーナ『本醸造たまりしょうゆ 桂』の王冠