« September 2003 | Main | November 2003 »

October 2003

白神山水

白神山地の水販売㈱の白神山水。すーさんから頂きました。いいですねー。いいですよー。ちょっと自慢。<( ̄- ̄)> エッヘン!
でも、すーさんまだご自身でupされてないんですよね、きっと。頂いた私が先にupしてしまって申し訳ないです。ごめんね、すーさん!。
でも、バナナラベルまた見つけたから送っとくからね。
さっきメール送ったけど、すーさんはこの日記とメール見るのとどっちが早いかなぁ?う~~~ん。(笑)
sirakamisanchi-01.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本酒の蓋 余談

日本酒の蓋コレクションのサイトを発見しました!日本酒王冠クレクション

ヤフーの「ボトルキャップ」の登録サイトでした。灯台下暗しとはこのことです。
これで酒蓋のほとんどが蔵元と銘柄がわかりそうです。
この方はご自身で長い間ご愛飲され、ことこつとコレクションされているようです。こういうのっていいですよね。何よりもご自身にとってこの上なく愛着のある蓋たちなのでしょうね。

さてと、酒蓋の更新もこれから頑張って取り掛かってみようかな。ちょっと意欲がわいて来たぞ。そうそう、まずはとことん取り組んでみることが大事なんだった。アハッ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと、ひとやすみ。

先日、滋賀県の比叡山延暦寺へお参りに行ったときのことです。

延暦寺(境内地にある大きな寺の総称であって、「延暦寺」という名の建物はありません)には根本中堂(こんぽんちゅうどうと読みます)という建物があって、中には最澄自らが刻した薬師如来が安置されています。その宝前に「不滅の法灯」というのが掲げられ、開祖以来1200年もの間1日も耐えることなく明かりを灯し続けているそうです。
案内してくれた僧侶の話によると、法灯は油を芯に染み込ませ燃やしているので当然油を断じてしまうと消えてしまいます。油断するな(=注意を絶やすな)はこれに由来しているそうです。1200年の重みを考えると、なるほどと頷かずにはいられませんでした。

私のHPの歴史なんてまだ2年も経っていません。疲れたなどと言っていたら一喝されそうですね。まだまだこれからだな。┐(-。―;)┌ヤレヤレ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

薬山の泉

韓国の江原道洪川の山奥の地下205mから汲み上げた天然ゲルマニウム含有ミネラルウォーターです。
天然有機ゲルマニウムは、免疫力、自然治癒力を高めるインターフェロンを誘発する働きがあり、癌やB型肝炎に効果があるようですね。体にとっても良いお水です。

酒のディスカウント店で購入したのですが、日本に初上陸って宣伝していました。輸入者は株式会社白朋堂(愛知県豊田市)なので、果たして全国販売されるのかどうかわかりませんが、病んでおられる方にはお勧めかもしれません。私ですか?私はもう元気ですよ!と思うけど、そうじゃないかもしれない。よくわからんのだ(トホホ)。とにかく飲んでみるっきゃないな(笑)。
yaksan-01.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本酒の蓋

日本酒の蓋にもいろいろあります。今回掲載した蓋は拾った物なのでどのメーカーのどういう商品なのかわかりませんし、なんて書いてあるのかすらわかりません(泣)。
でもインパクトありませんか?
私はこういうインパクトのある力強いデザインのものが結構好きです。

日本酒の蓋もたくさん溜まって来たので、掲載したいとは考えているのですが、写真が思うようにきれいに撮れないのとメーカー名も商品名もわからない物がほとんどなのでその辺をどうやって整理して掲載するのか思案中です。
まだもし来年もサイトを継続して運営していたら、大幅にリニューアルして「Bottle Cap World」のようなタイトルにしてプラキャップは勿論ですが、王冠やら日本酒の蓋やらを掲載したいなぁと考えています。おっと、頭に何かが乗っかってるヤツは別ですがね(笑)。
sake-01.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報

5個だけupしました。こちら
伊藤園の広口キャップ2種はOCHA!OCHA!さんから頂き、中国のキャップはれれさんちからぴちょんくんが持って来てくれました。ありがとうございました。

ところで、今日はカウンターが朝の7時30分頃見たときには21295だったのですが、今現在(時刻は19時30分)は21560です。12時間で275ヒットしたことになります。ヤフーに登録されたときは1日に約1000ヒットだったのでそれ以来のブレイクです(笑)。
何なんでしょうね。どなたかのところでフィーバーしてその熱波でも押し寄せて来ているのでしょうか。そしてこのつれづれ日記風ボトルキャップ通信はそれだけ読まれているのでしょうか?( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
いずれにしてもどこでどうなったかわかりませんが、少しでも読んで頂けているようなら頑張らなくちゃいけないですね。
いつも見に来て頂いている皆様そして通りすがりの皆様、今日はたくさんの方々にお越し頂きましてどうもありがとうございました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

低温抽出のコーヒー その後

2003/10/05 Sunで取り上げた明治乳業から発売予定だった「CAFFE FRESSO(カフェフレッソ)」シリーズが発売延期になりました。
東海地方は10月28日発売予定だったので見かけなくても不思議ではなかったのですが、東北・関東地方は10月14日発売予定だったので、お探しの方もお見えだったのでしょうか?
どんなキャップか早く見たかったですが、もう少し待つとしましょうか。
詳細はこちらです。プレスリリース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぴちょんくんのお宝根付けストラップ

れれさんちからKUMAんちへぴちょんくんが中国のお水のキャップを1個持ってやって来ました。れれさんにはかわいがってもらうんだよと言われて来たそうです。

ぴちょんくんと言えばダイキンですね。ダイキンといえば大手さんですが、その大手さんですら勝ち残りをかけ、旧来のやり方に対するこだわりを捨て、若い人の意見を取り入れることにより見事社内変革を果たしたとあるメルマガにそんなようなことが書いてありました。
開発商品である空気清浄機も好調な売れ行きのようですが、ぴちょんくんはダイキンの皆さんの飽くなき変革への戦いの象徴のような物なのでしょうね。部外者の私にはその熱意と努力を軽々に語ることなどできませんが、皆さんの熱い思いのこもったぴちょんくんが我が家にやって来たことを思うと、ただかわいいなということだけでは済まされないような気がしてジーンと来ました。
ようこそ我が家にお越しくださいました。
ぴちょんくんをれれだーさんだと思って大切にします!?あれ、なんか変?(笑)
pichon.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

病院へ、行って来た。 その2

1週間血圧を測り、データを持っていざ病院へ。
結果は何も問題は無く、正常ということでした。が、白衣性高血圧と診断されました(笑)。白衣を見ると血圧が上がってしまうというやつで、いわゆるステキな方にお会いするとドキドキしてしまうのといっしょです。(^^;;
でも納得できないのは、クリニックへ行ってセンセの白衣を見ても血圧上がらないし、妻を見ても血圧上がんないのはナンデだろう?(笑)
他に肉体的にはどこも悪いところはないので、悪いのは頭と心くらいなものです。がんばらねば!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報

ちょこっとだけupしました。こちら
アルバートから4個のクロアチアのキャップが届きました。少しだけダブり物があったので嫁に出しました。というか4個よりうんと多かったぞ(笑)。元気で可愛がってもらうんだよ~!な~んてね。
アルバートには今まで随分と私を支えてくださってとても感謝しています。アルバートなしでは今の私は無かったでしょうねぇ。これから、どんなお付き合いになって行くのかわかりませんが、ただただ感謝あるのみです。そう思うならちゃんと英語で書いてやれよって?アハハ。まあまあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高賀の竜水

カンジフーズの高賀の竜水のノーマル版が出てました。
通販で購入出来るけれど、もう全国的に販売されているのでしょうか?

ドラゴンズは来年は落合新監督の下新体制でスタートします。不安もありますが、期待できそうなシーズンになりそうです。
阪神タイガースのキャップも出たのでダイエーホークスのキャップも出ても良さそうですが、日本シリーズで優勝したしたら出るかもしれないので期待したいな。昨日は、ホークスのサヨナラ勝ちでしたね。期待に一歩近づきました。(笑)
waterkanjifoods-02.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PETボトル推進協議会2003年度版 年次報告書刊行

PETボトル推進協議会は、9月25日年次報告書2003年度版を発刊しました。ポイントは以下の通りです。

1.2002年の日本のPETボトル回収率は、事業系含め53.4%に!
 世界最高水準の回収率になりました。(米国19.9%、欧州25.0%)
2.PETボトル廃棄量が大幅に減少!
 2002年の廃棄量は対前年比14.7%の大幅減少となりました。
3.ボトルtoボトルの容器がいよいよ実用化!
 帝人ファイバー㈱が製造したPET樹脂を用いて、PETボトル製造メーカーが2003年中に生産を開始し、製品は2004年早々に市場に出回る見込みです。
4.ボトルの軽量化によって樹脂量のリデュースを実現!
 このため、清涼飲料の生産量の対前年比7.3%増に比べ、PETボトル樹脂生産量は2.8%増にとどまりました。
以上、社団法人全国清涼飲料工業会「清飲通信(2003.10.15日号)」より抜粋させて頂きました。

PETボトルは2003年も清涼飲料の容器の中でトップシェア(53.8%)になったようです。
地球環境保全のための分別が始まった頃、このままアルミボトル等に移行してしまうのではないかと心配していましたが、頑張っているようです。でもシェアがトップとはいえ約半分ということは少し寂しいですね。ふたも白化が進んでいるのでせめて来年も現状維持はして欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報

OCHA!OCHA!さんから頂きました。
OCHA!OCHA!さんにはいつも珍しい物をすぐに頂けるのでとても感謝しています。
今日は頂き物をじっくりと観賞することにしましょうね。こちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好きな言葉

「偉大な作曲家たちは、意欲がわいたから作曲に取り組んだわけではない。取り組んだので意欲がわいたのだ。ベートーベン、バッハ、モーツァルトは、毎日毎日、来る日も来る日も、作曲中の作品に取り組んだ。彼らはインスピレーションがわくまで待って、時間を無駄にするようなことはしなかった」
(英音楽家評論家:アーネスト・ニューマン)

目からうろこですね。いかに努力することが大切か、いかに継続することが重要か!

キャップに置き換えてみると、
「偉大なキャップコレクターたちは、意欲がわいたから蒐集に取り組んだわけではない。取り組んだので意欲がわいたのだ。・・・」
キャップあつめもどうやら奥が深そうだ。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報

3個だけupしました。( ̄□ ̄;)ギョッこちら
今回も瓶のふたがあったりしますが、お見逃しくださいませ(汗)。

コカ社のイエローキャップは昨日名神高速の大津サービスエリア内のゴミ箱の中で見つけました。イエローキャップとはよく言いました。本当に黄色いんですよ。本当に!
今のところ東京のホット専用の自販機でしか販売されていないようなので、このキャップははるばる東京から大津までやって来たんですね。
ゴミ箱の中で見つけたのはちょっと情けないですが、でもあんなところで運命的に出会えるなんて、私にもまだ運が少しは残っていたということでしょうか(笑)。悪運は尽きていない?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ささやき水

採水地は富山県中新川郡立山町。発売元は株式会社クロレラライト北陸。
いつかどこかの板で「ささやき水」のキャップは白化してしまったというような書き込みを見た気がするけど違ったかな。
さて、クロレラライト北陸の「ささやき水」のキャップのデザインは、宝水の「北の天然水」と同じです。宝水の「北の天然水」のラベルを調べていない(どこかに埋もれてしまっていて探すのが大変なので諦めた)ので推測ですが、たぶん採水地は同じなのではないでしょうか。発売元が違うので商品名も変えているのだと思うのですが、採水地の商標みたいな物があってそれを使うことにでもなっているのかな?

でも、ちょっと気になるのは印刷の色が少し水色がかっているということと線が少し細いということです。
この違いはどこから来るのか考え出すと気になりますが、これも推測ですがOEM方式でボトルを製造しているメーカーは同じなのではないでしょうか。とするとその違いは単なる版の違いということになるのですが。
KUMAは一体何が言いたいかというと同じキャップとすべきか違うキャップとして扱うべきかというつまらないことで悩んでいるということです。
悩み多き今日この頃です(笑)。もっといろんなこと勉強しなきゃね。失礼しました。
watersasayaki-01.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

告白 その2

近頃、持ってないものが結構ある。
●コカ社のイエローキャップ
●フォーションのリッチ・フレンチ・ミルク・ティー
●Perrier Lemon
●加ト吉のハローキティ・緑茶 
●EM・Ⅹ(ウケ狙い)
などなど。

でも、持っているものもある。
株式会社筒賀総合サービス 天上の明水 広島県のお水。ふるさと物産展でゲット。
韓国 有限会社ぎょくほう 泉水湧玉 ドラッグストアで売ってました。
イタリア ROCCHETTA ダイエーで売ってましたよ。
Bosnia&Hercegovina VINCI お気に入りのキャップ。でも、実はキリプレの残り物。
Croatia cocta 同上。
などなど。

交換しませんかぁ?と一応聞いてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

病院へ、行って来た。

会社の健康診断でドクターに“動脈硬化が進んでいる!”とか言われてドキッ。
さっそく今日かかりつけのクリニックに行って来たけれどそれほどでもないらしい。
以前は動脈硬化を測定する装置もあったらしいのだが、結果にかかわらず治す方法は無く徒に患者の不安を煽るだけという理由で止めてしまったそうだ。なので、どの程度なのかということはよくわかっていない。
結局血圧を2週間ほど自分で測定してその結果に基づいてどうするか考えようということになった。
まずは、塩分を控えめにして体重も落とさなければいけないが、ドクターに脅されてからというもの塩分を控えているせいか体重が1ヶ月で3キロ減った。私的にはもうあと3キロ減らしたいと思っている。
KUMAは今、心も体もリハビリ中なのさっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと、ひとやすみ。

こんな歌があります。

どうにもならないこと いっぱいあります♪
こんなに私が焦がれても♪
曇ったガラスに指文字であなたの名前綴ります♪
思わず涙が落ちてきて♪
あとはほろほろ寂しい晩です♪

ちょうどそのころはフォークソング全盛のころで、かぐや姫の「神田川」なんかが流行っていました(こんな私でも涙なしでは語れない悲しい想い出があったりするのですが、それはちょっと置いておきまして…)。この歌は同じ下宿の間借り人で本間君という人がいてある日みんなの前でギター片手に歌ってくれた歌です。自分で作詞作曲したそうです。メロディーがなんとも切なくて健気で泣けて来たものでした。。
でも、50前のオヤジには不釣合いな歌詞なので、オヤジらしいやつをひとつ。

流れ流れてあなたと出会い♪
涙流した夜もある♪
今日も女の雨が降る♪
いつしか慣れた夜の街♪
京都四条花見小路♪
京都四条花見小路♪

この歌は「京都ブルース」といいまして、歌詞はこんな短いのがずっと九条(9番)まであったはずなのですが、他の歌詞は忘れてしまいました。これもやはり同じ間借り人の玉川君の持ち歌でした。学園祭でも歌ってましたね。彼はその当時学園のスター的存在でしたが、卒業生名簿には住所不明とありました。今ごろどうしてるかな、玉川君。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

王冠画像

王冠の画像をupしたいと思っているのですが、なかなかできないんですよねぇ。時間がないって訳じゃないんだけど、ちょっと理由がありまして。つまらない理由なんですが。

<理由・その1>
王冠は気に入ったものだけ自分用にとってあって、未使用王冠を除いて100個ちょっとあるのですが、実はまだスペインのAlbertに送っていない王冠が何個かあったりします。もしや、この画像を見て“くでぇ”とか言われてもやれません(笑)。
<理由・その2>
皆さんから頂いた王冠もけっこうありますが、いくつかはAlbertのところへ行ってしまっています(冷汗)。もしや、この画像を見て“私の送った王冠ないやん。”とか言われても無いものはないんです(笑)。でも、ご安心ください。送ってもいいよといわれたものしか送ってませんので。たぶん…。

そうそう、未使用王冠のページちょっとだけ更新してるので、見てほしいな。特集(気になる王冠達)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新情報

ちょこっとだけupしました。こちら
瓶のキャップや焼酎のキャップがあったりします(笑)。
焼酎はやたらとデカイのが多くて今呑んでいるのは2.7リットルです。最近拾える物がなくて四苦八苦です。でもちょうどいいことに瓶の炭酸飲料を箱買いしたので焼酎1本分はなんとか消費できそうです。でも、1ヶ月くらいかかるかな。
いやはや、最近のペットボトル業界事情も大変なことになって来ましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Plastic Bottle Cap or PET Bottle Cap

Plastic Bottle Capはプラスチックでできたボトルキャップという意味に解釈しています。従って、ボトルが瓶でもキャップがプラスチックであればPlastic Bottle Capと言うのではないでしょうか。
ペットボトルはプラスチックではなくPETでできているので、ペットボトルのキャップという場合にはやはりPET Bottle Capと言った方が適切なような気がしています。

蒐集を始めた頃は、ペットボトルのプラスチックキャップに非常なこだわりを持っていて、瓶のプラスチックキャップは蒐集の対象外でした。ところが、海外の方とトレードをするようになってから送られて来るキャップにはどうやら瓶のキャップも混じっているようだということがわかりました。
いちいち確認もできないので考え出すとトレードが出来なくなってしまいます。
それ以来、こだわりは捨ててプラスチックでできたキャップは全て蒐集の対象とすることにしていますが、今でも瓶ではなくてペットボトルのキャップだけを蒐集の対象にしたいという思いは捨て切れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

告白 その1

私はまだペットボトルのラベルを持っています。
相当邪魔になって来たのですが、在庫として持っているキャップをどなたかに差し上げるときにあった方が良いかなと思い残してあります。
私は収集を始めたときラベルは捨ててしまっていたのですが、他のコレクターの方々とトレードをしたときにラベルもいっしょに送ってもらったのはすごく嬉しかったし、ラベルまで残しているなんて凄い!って感激したものです。
今ではラベルは自分用には必要ありませんので、さっさと整理してしまいたいのですが、多過ぎてどのラベルがどのキャップのものだったかわからなくなってしまったために、ほったらかしの状態になっています。いつかなんとかしなければ!です。ガハッ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

低温抽出のコーヒー

新聞によりますと、明治乳業は14日、コーヒー飲料「CAFFE FRESSO(カフェフレッソ)ラテスタイル」を発売するそうです。ペットボトルのキャップにストローを挿入できる業界初の容器を採用。240ml入り140円。
どんなキャップになるのか興味津々です。

それから、ゲロ♪さんに頂いたキャップのupが遅れてました。ごめんなさい。忘れてませんよ、ゲロ♪さん。ありがとうございました。 <NEW CAPS>

ペットボトルキャップ関連 | | Comments (0) | TrackBack (0)

走る走る

私の場合、立ち止まってしまうとたぶん二度と走り出せないような気がする。でも走り続けるのもしんどくなった。しばし周りの景色をゆっくりと眺めながらのんびりと歩いてみたい。

のんびりしている内に周りの景色が私をどんどん追い越してしまうかもしれないけれどそれもいいんじゃない♪。きっとまた走り出せるさ。猛烈な勢いでね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2003 | Main | November 2003 »