« 水屋のおいさん物語 -打栓前王冠編- | Main | 更新情報 »

水屋のおいさん物語 -王冠の原板編-

おいさんからの頂き物 <その2> です。

このプレートは王冠のシェル材で縦17.5cm×横19.4cm、材質は少し錆びているのでTFS(Tin Free Steel)と思われますが、板厚は手元にノギスがないので測定できません(笑)。
このシェル材は、縦方向(17.5cm)の幅のコイル材を右端で切断したものと推測されます。プレスの加工方法から考えても1枚の定尺材から切断したとは考えにくいでしょう。
このシェル材はOKW:大阪王冠社製です。ちなみに、SCC:ナショナルクラウン社製、NCC:日本クラウンコルク社製です(おいさんに教えてもらいました)。大阪王冠さんは昨年、隣家の火災による延焼で工場すべてが焼失し、製造を中止されてしまったそうです・・・。
ところで、王冠の直径は通常27mmですが、この原板の打ち抜く外形寸法は39mmになっています。一般的に王冠の高さは2種類あるそうですから、まだ外形寸法が違うものがあるのでしょうね。
いずれにしても、このようなシェル材の原板が入手できることは極めて稀有なことと思われます。これも推測に過ぎませんが(笑)。
plate-01.jpg

|

« 水屋のおいさん物語 -打栓前王冠編- | Main | 更新情報 »

水屋のおいさん物語Ⅰ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/456778

Listed below are links to weblogs that reference 水屋のおいさん物語 -王冠の原板編-:

« 水屋のおいさん物語 -打栓前王冠編- | Main | 更新情報 »