« タイのキャップ | トップページ | フィンランドのキャップ »

ちょうちんボトル

小田原で“ちょうちん型のペットボトル”が発売されたらしい。
キャップのデザインまではわからないけれど、とてもユニークなボトルのようなので是非実物を手にしてみたいものです。

|

« タイのキャップ | トップページ | フィンランドのキャップ »

ペットボトル関連」カテゴリの記事

コメント

「小田原商工会議所TMO事業推進室では、ちょうちん型ペットボトルをベースにして、小田原ちょうちんをモチーフにした「小田原ちょうちん・旅名水」を1万本限定で5月上旬に販売したところ、テレビ・新聞などのマスメディアに取り上げていただいたこともあり、ところによっては数日で売り切れてしまい、その後も多数の問い合わせをいただいております。
そこで、同推進室では、さらにデザインに工夫を加え、3万6千本を追加生産することを決定しました」

確かに面白いボトルでしかも省ゴミでいいと思う。
しかし、この宣伝文句は何かおかしい。1万本限定と言いながら売れると見込むや否や3万6千本を追加生産するという・・・。
それじゃ「限定発売」ではなくお試しロットだったとうことかな?

投稿: ミッキー | 2004.06.27 23:05

「さらにデザインに工夫を加え」と書いてあるので、前のロットとは違うということを強調したいのでしょうかねぇ。“限定”の意図がよくわかりませんが、最初はそんなに売れるとは思っていなかったのかもしれませんね。
私的には、取り逃がしたお宝をゲット出来るかもしれないチャンスが出来たなあという思いしかなかったのですが、水のスペシャリストのミッキーさんには気になることだったようですね。視点が違うと思いも違うものなんですねぇ。

投稿: KUMA | 2004.06.28 21:23

「限定」という言葉に弱い日本人もさすがにペットの水の売れ行きにどれだけの影響があったのかどうかは別にして「さらにデザインに工夫を加え」に期待することにします。^^

投稿: ミッキー | 2004.06.28 23:01

小田原商工会議所に確認しました。キャップにデザインは無いそうです。残念!

投稿: KUMA | 2004.08.03 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/854047

この記事へのトラックバック一覧です: ちょうちんボトル:

« タイのキャップ | トップページ | フィンランドのキャップ »