« New Caps from Lithuania | Main | 名古屋能楽堂 »

ヤマト運輸の烏龍茶

ヤマト運輸のおにいちゃんが持って来たチラシに“ヤマト運輸オリジナル烏龍茶”が載っていた。よ~く見るとキャップに何かうっすらと文字のようなものが見えた。ラベルには黒猫がちゃんと印刷されている。オリジナルキャップに違いない!が、過去に何度も失敗した苦い経験を持つわしは妻に電話で確認してもらった。「確かに文字が印刷されている」の第一声に飛び上がるも「安曇野の天然湧水の文字」、しかも「文字の色はブルー」に冷水を浴びせられる。どうやらキャップはゴールドパックの“安曇野の天然湧水”と同じらしい。なんで烏龍茶じゃないのさぁ。
実物を見たわけではないので断言はできません。間違っていたらごめんなさい。

このオリジナル烏龍茶(2リットルペットボトル)、中部ヤマトホームコンビニエンス㈱で取り扱っています。

|

« New Caps from Lithuania | Main | 名古屋能楽堂 »

ペットボトル関連」カテゴリの記事

Comments

東京のヤマトホームコンビニエンスで取り扱っている烏龍茶は以前からトレッカのものです。
トレッカのホームページによると同じものを関東・東北・北信越・関西・中国・四国・九州地方で販売しているようですが、中部ヤマトホームコンビニエンスだけはオリジナルな烏龍茶を販売しているようですね。

Posted by: OCHA!OCHA! | 2004.10.26 at 19:29

中部ヤマトホームコンビニエンスは、来春開催される愛知万博の会場のすぐ近くで私の家から車で30分くらいの所にあります。

それはさておき、このヤマト運輸の烏龍茶、2リットルペットボトルで6本入りになっております。ので、ちょっと躊躇しておりましたが、OCHA!OCHA!さんがお持ちでないとなれば是非コレクションに加えて頂かなければなりません。
ちょうど、お送りしようと思っていたボトルも3本ありますので、いっしょにお送りします。
注文、配達&消費までしばらくお時間を下さいませ。

Posted by: KUMA | 2004.10.26 at 20:34

中部ヤマトホームコンビニエンスのヤマト運輸の烏龍茶はゴールドパックのもののようですね。
入手していただけるとのことで楽しみにしております。
余談ですがゴールドパックの「安曇野の天然湧水の文字」のキャップはなくなるようです。
最近入手した烏龍茶500mlのキャップが白になっていました。
それからトレッカの住所が変わりましたので、先日ヤマト運輸の烏龍茶と緑茶を配達してもらって消費中です(笑)。

Posted by: OCHA!OCHA! | 2004.10.27 at 00:18

今朝注文したら、夕方届きました。
さすが地元です。とても早いです。^^
ラベルにはちゃんと黒猫のマーク付いてました。キャップはやはりニューキャップではありませんでしたが。
只今消費中ですが、ちょっと大変そうです。(^-^;
もう少し待って下さいね♪

Posted by: KUMA | 2004.10.28 at 21:31

今日受け取りました。
黒猫のマーク入りで、販売者も中部ヤマトホームコンビニエンスになっている完璧なオリジナル品ですね。
当然バーコードも着いていません。
貴重なものをありがとうございました。
一緒に送っていただいたものも気に入っています。

Posted by: OCHA!OCHA! | 2004.11.01 at 21:41

今までバーコードのことはほとんど考えたことはなかったのですが、そう言われてみるとお店でレジに入力する必要がなければ要らないんですよね。
箱がどうなっているか確かめてみたら、箱にもバーコードはありませんでした。箱もオリジナルということですか?(笑)
箱まで欲しいなんて言わないで下さいね。(爆)
とにかく、喜んで頂けたようで注文した甲斐がありました。

Posted by: KUMA | 2004.11.01 at 22:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/1752906

Listed below are links to weblogs that reference ヤマト運輸の烏龍茶:

« New Caps from Lithuania | Main | 名古屋能楽堂 »