« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

弥生の舞のキャップ

Sangateikanko01_2山河亭観光(有)(山梨県)「弥生の舞」のペットボトルキャップです。
yoooさんから頂きました。
yoooさんは、日本で誰もが手に入れられる可能性のあるミネラルウォーターを主としてボトルドウォーターや海洋深層水等々の水製品を掲載しておられ、その数は国内で526種、海外、その他も含めなんと2007年6月28日現在で713種にもなります。

Sangateikanko03_1yoooさんは日本経済新聞をはじめ各種メディアにも取り上げられている高名な方ですが、このたび、山河亭観光(有)にも工場見学に行かれたとのことで、エピソード3話(前編、中編、後編)として掲載中であります。

yoooさんには、ボトルごと送って頂けましたので、幸運にも味わうことが出来ました。
お味については、私のような素人が評しても仕方がないのでyoooさんのブログをご覧頂くとして、ボトルがめっちゃ綺麗ですね。
私の画像は光の加減で綺麗に写ってはいないのですが、綺麗に撮れたとしたら透明に透き通ってしまってボトルの形が確認できないかもしれません。
温泉水もピッカピカでキラキラ輝いていて飲むのがもったいないくらいです。

貴重なボトルを頂き、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

利右衛門の酒蓋

Riemon991Riemon992_1指宿酒造協業組合利右衛門(りえもん)」(鹿児島県)の酒蓋です。

左側の画像は中栓(プラスチック)ですが、金属が一切使われていません。
文字が印刷されている部分は黒く印刷されているのではなく、黒いプラスチックが中栓に埋め込まれています。さらに、文字の部分は少し凹んでんでいるので、かなり存在感があります。
こんな酒蓋は初めて見ました。新感覚のとてもオシャレな酒蓋と思います。

ちなみに右側の画像は外栓(アルミ)ですが、文字の部分がリバーシブルになっています。Riemon恐るべし。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イスラエルのキャップ

Israelspritediet41イスラエルのキャップ29個更新しました。

このキャップは、ダイエットスプライトのキャップですが、あんまりイスラエルらしくないですね。
でも、なんとなく夏っぽいのでご紹介してみました。

これで、イスラエルのキャップの数は、ロシア、スペインについで3位となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルゼンチンのキャップ

Argentinafootball3ruggeri0アルゼンチンのペットボトルキャップ33個更新しました。

サッカー選手のキャップは、ペプシから販売されているものと思います。きっと、たくさんの子供達がこのキャップを目当てにペプシを購入しているのでしょうね。
ちょっと、印刷の品質が良くないのが残念ですが、好きな人にはお宝なんでしょう。
お国柄からか、サッカー選手のキャップの種類は多いようです。
アルゼンチンのキャップは、こちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ヘリオスブルワリーの王冠

Helios01_1    Helios11_1
ヘリオス酒造(株)(沖縄県名護市)ヘリオスブルワリー(沖縄県島尻郡)の王冠です。

ヘリオス酒造には何度かメールやファックスで打栓前王冠栓を頂けないかとアプローチをしたことがありますが、なかなかガードが固く入手出来ていませんでした。

今回は、妻の知人のNさんが沖縄に旅行されたときのお土産で頂けたので、やっと王冠を入手することが出来ました。
ラベルは「Weizen」のラベルですが、もう1本「Pale Ale」も頂きました。
そうなんですよ。ボトルごと持ち帰って頂けたので、美味しい沖縄の地ビールが飲めた上に、王冠ラベルまでゲットです!
ラベルは綺麗に剥がせないものが多いのですが、ラッキーなことに気持ち良いくらいにとても綺麗に剥がすことが出来ました。^^

ヘリオスビールは、オンラインショッピングでは購入出来るようですが、お店の方は沖縄以外では販売していないと言ったおられたそうです。

貴重なボトルを頂きました。
Nさん、ありがとうございました。また、よろしくお願いします。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋城本丸御殿のペットボトル

Nagoyawaterhonmaru01_1名古屋市上下水道局では、名古屋のおいしい水道水をPRする目的で、名古屋の水道水を詰めたペットボトル「名水」を製造、配布しています。
今年度は従来の「名水」に加えて、新たに名古屋城本丸御殿の復元イメージ図をラベルにあしらった、ペットボトル「名水」本丸御殿版を製造しました。

写真の「名水」(アメンボキャップ付)は、名古屋・栄オアシス21で開催された「本丸御殿復元 春のPRイベント」(5月26日(土)、27日(日))のクイズラリー参加者に配布されたものです。
配布本数は、500本×2日間=1,000本。
今後の配布は、名古屋駅、金山総合駅の観光案内所で6月~10月に毎月1回程度配布される予定です。

『名古屋市では、名古屋城築城開始400年にあたる2010年(平成22年)を迎えるにあたり、市民の理解と協力を得ながら、世界的な文化遺産であった本丸御殿の復元をめざしています。焼失前の詳細な調査によって、実測図面も残されており、技術的には忠実な復元も可能とされています。』
名古屋市広報資料より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハイジの村のキャップ

Waterhaijinomura01(株)ハイジの村(山梨県北杜市)「ハイジの村(HEIDI’S VILLAGE natural mineral WateR)」のペットボトルキャップです。このボトルは園内の売店で1本150円で購入出来ます。

(株)ハイジの村は2006年4月より、山梨県立フラワーセンターの指定管理者に決まった(株)桔梗屋(山梨県笛吹市)さんと黒富士農場(甲斐市)さんによる新会社として運営されています。

Heidisvillagebottle03_2園内にはテーマ施設、ガーデン施設、レストラン・カフェなどがあります。ロードトレイン「ハイジ号」に乗車するとオリジナルペットボトルホルダーがもらえるそうですが、ペットボトルまでは付いて来ません。

桔梗屋さんは、和洋菓子の製造販売、桔梗信玄餅の製造販売、銘菓・県産品卸及び販売などの事業を行っておられますが、茶葉の香りと風味をそのまま残した「ペットボトル緑茶 風林火山」も製造しておられます。
キャップのデザインまでは確認出来ていませんが、この4月からの販売で今のところ山梨県下でしか販売されていないようです。

ハイジの村の場所は、どちらかというと長野県寄りで清里の近くになります。私のところからはそんなに遠くはないので、今年の秋あたりに行けたらいいなと思っています。また、目標がひとつ出来ました。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

澤乃井の酒蓋

Ozawashuzo01小澤酒造(株)(東京都青梅市)澤乃井の酒蓋です。

この蟹は沢蟹(さわがに)です。
小澤酒造のhpによれば、「澤乃井」の所在地はその昔「沢井村」と呼ばれており、その地名に因んで命名したもので、「沢井」とは豊かな名水が沢となって流れるところからつけられた地名なんだそうですよ。

きっと、今でも沢蟹が生息しているのではないでしょうか。そう思いたいです。
東京にもあったんだぁ~♪って。^^

今回は、18個更新しました。
酒蓋コレクションは、こちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温泉レモネードの王冠

Unzenryokanhotel01雲仙旅館ホテル協同組合(長崎県雲仙市) 「温泉(うんぜん)レモネード」の王冠です。

例によって、トレードマーク、住所、成分など情報盛りだくさんのナイスな王冠です。
赤一色の配色もライトブルーの爽やかなボトルにマッチしていると思います。ラベルもレトロな感じでとても良いですよ。
と、書いておきながらボトルの画像を紹介してなくてごめんなさい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

外国のCAP

Caps2007061201_1外国のペットボトルキャップ25個更新しました。

今回は、「CAP」を書いてみました。何個か足りないので相変わらず不恰好ですが、これだけしかないので仕方ありません。

次回は、「キャップ」にしようかな。でも、これもかなりハードルが高そうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンバサダーホテルのキャップ

Ambassadorhotel01(株)ミリアルリゾートホテルズのペットボトルキャップです。

このボトルは、ディズニーランドのアンバサダーホテルの客室の冷蔵庫で販売されています。1本250円。
残念ながら、宿泊客しか購入することが出来ません。ハードルが高いですねぇ。う~ん。

でも、期間限定ではないということですから、またいつかゲットするチャンスがあるかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イタリアのキャップ

Italymineralwatern03イタリアのキャップ17個更新しました。

このキャップは、DOSSO ALTO S.p.A.のVERNA WATERのキャップで、「N」は、NATURALLEの頭文字です。
何気ないデザインに見えますが、私的には品があって好感度の高いキャップです。

hpもなかなか洒落ています(音楽が鳴ります)。
私も、こんな感じのhpを作ってみたいものですが、絶対に無理ですね。(;^_^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふたのた

Caps2007060501ペットボトルのキャップ12個更新しました。

今回は、ふたの「た」を書いてみましたが、なんとなく不恰好ですね。やはり、12個では無理があったようです。
次回は、ずばり「蓋」を書いてみたいですが、何個必要なのかシミュレーションしてみるのも恐ろしいので止めときます。
そうですね。次回は、CAPの「C」でも・・・。

ところで、キャップの画像テーブルですが、長年使い慣れたフリーソフトウエアの外部スタイルシートを使用して変えてみました。ブラウザによってはテーブルが崩れて見えることがあるかもしれませんが、お許し下さい。

まだまだ改良したいことがたくさんあるのですが、私にはとても難しいことなので、時間をかけて少しずつ見易くして行きたいので、今後ともよろしくお付き合い下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なごや水フェスタ

Nabayaueno2007060303第49回水道週間行事が、6月1日から7日まで行われています。

今日は、名古屋市上下水道局お客様サービス課主催による「なごや水フェスタ」が、鍋屋上野浄水場で開催(午前10時から午後3時まで開放)されたので見学に行って来ました。
ペットボトル「名水」のアメンボキャップも本日公開され、見学者全員にアメンボせんべいといっしょにプレゼントされていました。

基本的には1人1本なので、家族総出で出かけました。何本か入手出来ましたが、お水を飲まれた後ゴミ箱に捨てられる方もおられまして、運良くキャップだけ何個か余分に持ち帰ることが出来ました。^^

Nabayaueno2007060305_110時からはオープニングセレモニーが行われ、朝から大変たくさんの人出で賑わっていました。

ステージでは、総合司会を地元のFM局のミュージックナビゲーターとしても活躍中のケン・マスイさんが担当されておられて、司会の合間に握手と記念撮影をしてもらいました。予想外のビッグ・プレゼントでした。^^
その他にも「獣拳戦隊ゲキレンジャーショー」、「ハワイアンフラダンスショー」、「水の実験ショー」などたくさんのイベントも行われていました。

Nabayaueno2007060306鍋屋上野浄水場で製造される水道水はとても評判が良く、敷地も広大で良く整備され、浄水場の管理も良好のようです。

こんなイベントには初めて参加しましたが、緑と水に囲まれてとても快適なひとときを過ごすことが出来ました。
近くには東山配水場があり、見学も出来るようなので、機会があれば行って見たいと思っています。

<鍋屋上野浄水場のあらまし> 犬山取水口で取り入れられた木曽川の原水は、導水管をとおって、春日井浄水場とここ鍋屋上野浄水場へ送られます。鍋屋上野浄水場には、急速系と大都市にはめずらしい緩速系との二系流の浄水処理施設があります。ここでつくられたきれいな水道水は、東山配水場や鳴海配水場へ送り、そこから各家庭へ配水しています。 鍋屋上野浄水場の一日あたりの給水能力は290,000㎥、敷地面積は137,325㎡です。

以上、名古屋市上下水道局の第49回水道週間行事パンフレットより抜粋。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大洋酒造の酒蓋

Taiyoshuzo01最近飲み干した大洋酒造(株)(新潟県)の酒蓋です。
今は、田苑酒造(株)(鹿児島県)の焼酎を飲んでいます。

自分で酒蓋目的でお酒を購入するときは、若干の注意が必要です。
酒蓋の場合は、中蓋のカバーとしてアルミの外蓋が被っています。この外蓋が曲者でありまして、そのデザインの良さに惚れ込んで買い求めてみると、中蓋は真黒の無地の蓋だったりすることがあります。
今、飲んでいる焼酎も正にそうだったので、せっかくの美味しいお酒も美味しさ半減です。

でも、こればっかりは確かめようがありません。
やはり、酒蓋は酒屋さんで頂いて来るに限りますね。^^

酒蓋コレクションは、こちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »