« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

オレンジとライムのキャップ

Polandzzz20Polandzzz21チェコとポーランドのキャップ27個更新しました。

今回は、楽しいキャップが多かったです。
このふたつのキャップはオレンジライムのキャップと思われます。
ちょうど輪切りにしたデザインですが、印刷ではなく成形加工したのもがキャップに嵌め込まれているように見えます。
あいにく、印刷された情報が何もないので詳細はわかりませんが、なにはともあれとても素敵なキャップ達です。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

muuさんの蓋蓋

Caps2007102701_3muuさんの蓋蓋10個更新しました。

今回は、酒蓋の他にペットボトルの蓋もあって嬉しいです。
アサヒビールのデカキャップはレアで良いです。^^

これからは日本酒の季節!そしてホット飲料もぼちぼちと・・・。
大漁の予感はまだ感じられませんが、これからを期待しましょう。
ねっ、muuさんっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VITTELの新種?

Francevittel05画像が悪くてすみません。赤一色でなかなか綺麗に撮れないもので。日の丸みたいになっちゃいました。

このキャップは、フランスの「VITTEL」です。
見慣れたキャップではありますが、“1854”という年号が入っています。また、「VITTEL」と「FRANCE」のフォントがゴシックのように見えます。
日本で確認できる“ネスレ日本”や“サントリーフーズ”、外国から送られて来たキャップのフォントは、外国からのメールでよく見かける“Times New Roman”のようにも見えます。

キャップを整理していたら出て来ました。一応新種ということにしておきましょう。何か?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オーストリアのBALANCE

Austriabalance01_2Austriabalance02Austriabalance03

外国のキャップ19個更新しました。

このキャップはオーストリアのキャップ達です。
今回入手したのは、右端のキャップです。このキャップだけ見ると地味ですが、以前から持っている他のキャップと並べて見ると綺麗ですね。
このタイプのキャップはオーストリア独特のもので、横から見ると丸みを帯びていて襞があってとても心地よいものです。
トレードのときは真っ先に選ぶお気に入りのキャップです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またまたロシアのキャップ

Russia157ロシアのキャップ40個更新
名前を調べるのも疲れたので連番にしました。

このキャップいったい何なんでしょうね。ペプシ?になんとなく似てるけど、ペプシは上が赤で下が青だし、第一こりゃ山ですな。赤い山に白い雪が被っていて真っ青な空。わけわからんし。(苦笑)

今回分の掲載はこれで完了です。やれやれ。
でも、ロシアのキャップはきっとまだまだありますよ。日本より多いかもしれないなぁ。う~ん。
それでは、また。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのキャップ

Russiawienerbeer01ロシアのキャップ22個更新しました。

このキャップは“WIENER BEER”のキャップで確かにロシアのものに間違いないようですが、それ以上の情報がわからない。ロシアのキャップは何かと厄介だし、デザイン的にも優れているとは思えないのでウエルカムではないのだけれど、どんどん集まってしまって、もう600個を超えました。

ロシアにはこれだけのたくさんのペットボトルキャップが存在するので、必然的にコレクターの方も存在します。
ペットボトルキャップ同士の交換が出来るので、ますます増えてしまいます。

どうやって、取り組んで行ったら良いものか贅沢な悩みを抱えているところであります。
と、ここまで考えたところで、ロシアの方もきっと日本語が読めないので整理するのに苦慮しているのだろうなと気が付いた。日本語は厄介だなあとぶつぶつ言っている声が聞こえて来そうです。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スパークリングホップの王冠

Kirinsparklinghop01麒麟麦酒(株)は「Sparkling Hopスパークリングホップ)」を10月17日より全国で発売しました。

酒税法上は、リキュール類になります。ビールではない新しいジャンルのアルコール飲料なので、好き嫌いはあると思います。

購入する前に、「これは凄く不味いよ。」と聞いていたので、少し不安でしたが私は結構美味しく飲めましたね。
地ビールでフルーティーなものは苦手としていますが、このスパーリングホップはフルーティーな香りがホップを引き立たせていて喉越しが良いので、違和感は感じませんでした。小びん(334ml)なのも良いです。

キリンのビールと思って飲むと違和感を感じる方もおられるかもしれませんね。
なにはともあれ、王冠が新種で良かったぁ。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのキャップ

Russiamountaindew02ロシアのキャップ46個更新しました。

今回はロシアのキャップが大量に入手出来たので、何回かに分けて掲載します。
本当は1回で全部掲載したいのですが、キリル文字を英文字に変換する作業が大変なので、分けました。
翻訳のフリーソフトを探せば何か見つかるかもしれませんが、どのみちキャップに印刷されているキリル文字を入力しなければならないので、大変です。

そうそう、掲載しているキャップの名称は私が検索のための識別として便宜上つけているに過ぎません。
入力が間違っていたり、一貫性がなかったりするかもしれませんが、外国のキャップについては正式な名称ということではありませんので、ご理解ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリザベーテン・クヴェレのキャップ

Germanyelisabethen02ドイツのキャップ40個更新しました。

たまには、こんなキャップも良いですね。^^
このキャップはドイツのバド・ヴィルベルの天然発泡水“Elisabethen Quelle(エリザベーテン・クヴェレ)”です。

このお水、なんと東京電力のウォーターショップでも取り扱っているんですねぇ。びっくりです。
たまたま在庫切れのようですが、他のお水も取り扱っているようなので、チェックしてみるのも面白いかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キャップいろいろ

Caps2007101601ペットボトルキャップ
7個更新しました。

今回の更新は7個ですが、バラエティーに富んでいます。

日本で販売されている外国のキャップが3個。頂き物が2個(うち1個は日本で販売されている外国のキャップ)。アルコール飲料キャップが1個。主要飲料メーカーのキャップが2個。


やっとこさ、掲載に漕ぎつけたキャップ達でした。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャジャ丸さんの酒蓋

Caps2007101401ジャジャ丸さんから頂いた酒蓋9個更新しました。いつも、ありがとうございます。

今回は、なんとか全ての酒蓋の蔵元が判明しました。
写真の真ん中に写っている「」の蓋が少し不安ですが、たぶん合っているでしょう。
もし、間違っていたらどなたか教えて下さいね。^^

酒蓋の種類もさることながら、蔵元の数も本当に多いですね。
いつも新しい発見があって楽しいです。
また、レアな酒蓋ご一行様のご到着を楽しみにしています。^^

酒蓋コレクションこちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コスタリカとフランスのキャップ

Costaricacanadadry01コスタリカとフランスのキャップ18個更新しました。

コスタリカのキャップはいいですね。キャップに“COSTA RICA”って書いてありますから。^^
こんなキャップばかりだったら、国名の判別に苦労しなくて済むんですけどね。

今回のキャップはフランスの方から送って頂いたのですが、イタリアのROCCHETTAの“Brio Blu”を平気でフランスのキャップだって言うんですから、そりゃあ参りますよ。苦労が絶えません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい旅 ふた旅 ぎふの旅

Waterkoukasinsui22Nさんが、またやりました!!

奥長良川名水(株)(販売者は、岐阜県森林組合連合会)の
いい旅 ふた旅 ぎふの旅」。
「いい旅 ふた旅 KUMAの旅」。いいですね~♪。JRさんから頂きたいですね~。^^

「いい旅 ふた旅 ぎふの旅」は、JRグループ(JR北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州)と地方自治体、観光団体等が協働で実施する大型観光キャンペーンで、今回は岐阜県で開催された「ひだ・みの じまんキャンペーン(ぎふ デスティネーションキャンペーン)」のキャッチフレーズになっています。
岐阜県森林組合連合会さんもこれに協賛して、キャップのデザインを新調したものと思われます。

このキャンペーンは、10月1日(月)から12月31日(月)まで行われます。
まだ始まったばかりなので、入手の機会は十分にあると思います。
直近では、東京のラピロス六本木で観光展が10月10日(水)~12日(金)の間開催されています。このボトルが販売されているかどうかはご自身でご判断頂きたいですが、可能性は高いのではないでしょうか。

それにしても、Nさんはいいタイミングでキャップを見つけられるものですね。感心します。というか感謝しなければいけないですね。いつも、ありがとうです。

「いい旅 ふた旅 KUMAの旅」。これで決まり!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外国のキャップ

Russiapepsi58外国のキャップ26個更新しました。

このキャップはロシアのペプシのキャップです。
ペプシは賑やかな感じのデザインが多いですが、これは、赤、青、白の3色になるんでしょうかね。
そういえば、ペプシのマークは赤と青を使ってますからそれだけで2色ですね。白を挟んで3色というパターンが多いのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南アルプスの天然水の王冠

Suntoryminamialps01サントリーフーズ(株)の「日本の天然水(南アルプスの天然水)」の王冠です。
ミネラルウォーター大全」のyoooさんから中身入りで頂きました。いつも、ありがとうございます。

yoooさんの報告によれば、サントリー(株)の日本の天然水は採水地別3種類あるようです。

Suntoryminamialps02_21.山崎の天然水 山崎蒸留所(大阪府三島郡本町)
2.南アルプスの天然水 天然水白州工場(山梨県北杜市白洲町)
3.阿蘇の天然水 九州熊本工場(熊本県上益城郡嘉島町)

採水地からして、「山崎の天然水」は関西エリアで、「南アルプスの天然水」は関東エリアで、そして「阿蘇の天然水」は九州エリアで販売されていると推測できるが、いろいろ調べてみると、日本の天然水は2種類であるとか、「南アルプスの天然水」は関西以西で販売されているとかいろいろな情報があって定かではない。
ただ、これは主としてペットボトルの情報と思われるので、瓶飲料に関しては、前述の記述が正解なのだと思う。

私は、「阿蘇の天然水」の王冠は持っていないので、これが手に入れば3種コンプリートとなる。
もちろん、これは瓶飲料での王冠の話になるんですがね。王冠にはちゃんと採水地他の情報が印刷されてますから。^^

ペットボトルのキャップにも以前のように製造所や住所などのいろいろな情報が印刷されるようにならないものですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

鹿児島名水のキャップ

Misumi01(株)Misumiの「鹿児島のおいしい山水(やまみず)」2Lペットボトルのキャップです。

ミネラルウォーター大全」のyoooさんから頂きました。
yoooさんは一体どこからどうやって探し出して来るのかわかりませんが、こうして私の手元にあります。さすが、水のスペシャリスト。本当にネットワークが広いんですね。

Kagoshimameisui02_2その秘訣はきっと企業秘密なんだと思いますが、もしいつかお会いすることがありましたら、こそっと聞いてみたいと思っています。

さて、今度はどんな新種にお目にかかれるのか楽しみです。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Test Sample Caps

Testsample025外国のペットボトルキャップ27個更新しました。

今回は、サンプルキャップが何個かあります。イタリアの方がドイツで開催されたキャップ印刷機の展示会で入手したものです。

日本のキャップメーカーの方のお話によれば、キャップのデザインは基本的に2色なんだそうです。キャップの地の色を加えれば3色ということなのでしょうが、もっとたくさんの色が使われていると思っていたので意外です。
自分の持っているキャップを調べてみると日本のキャップも外国のキャップも確かに2色なんですね。理由は、コストパフォーマンスの問題かと思われますが、国際的な規格でもあるんでしょうか。

この写真のキャップは、たくさんの色が使われていますね。サンプルならではのキャップと思います。サンプルのキャップは実際に発売されてはいないと思うので、「TEST SAMPLE CAPS」として分類してみました。

日本でもこんな展示会が開催されたら、会場はキャップコレクター達で埋め尽くされてしまうかもしれませんね。^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »