« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

東京タワーのペットボトル

Tokyotower2009capオーガニック(株)(東京都千代田区)「TOKYO TOWER」ナチュラルミネラルウォーター290mlペットボトル。
採水地は、兵庫県三田市川除。

ひょんなことから、この東京タワーのペットボトルのことを知ることとなり、調べてみるとキャップの画像を掲載している記事に遭遇した。
Tokyotower2009_2

大変な物を発見してしまったと興奮も冷めやらぬうちに、東京の友人に連絡し、速攻でゲットして頂いた。
ところがである。このキャップ、実はシールなのさ。
写真では、どう見ても印刷にしか見えないし、まさかあの大東京タワーがキャップにシールを貼ろうとは夢にも思いはしなかった。東京の友人には仕事を早めに切り上げて東京タワーまで脱兎のごとく駆けつけて頂いたにもかかわらず、かような結果になってしまったことについて真に申し訳なく思う次第であります。不覚でありました。

さて、このペットボトルは10万本の出荷予定のようです。東京タワー開業50周年記念Ver.と思いますが、なかなか評判は良さそうなので、来年以降も継続して販売されるのではないかと今から期待しています。
次回のロット製造時には、是非是非シールではなくてキャップに印刷して頂きますよう大東京タワー様にはお願い申し上げます。ちょっと、署名活動でもして陳情に上がりますかね。^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

セルビアのキャップ

Serbiaplastikaveternik03セルビアのペットボトルキャップ22個更新しました。

写真のキャップですが、普通のキャップよりひと回り大きくて、厚みがあるので少々重いです。しかもちょっと柔らかくてゴムのような感じがします。キャップには、「PLASTIKA VETERNIK」と表示されているので、プラスチックには違いないと思いますが、飲料用のキャップではないかもしれない。洗剤のキャップだったりしたら、ちょっとショックです。

今回のキャップはセルビアでビールのラベルを蒐集している方とのトレードで入手したものです。キャップコレクター以外のコレクターとのトレードはコカ・コーラの瓶・缶コレクターとのトレード以来2度目です。交換条件のつり合いを取るのが難しいですが、まあ適当でオッケーです。

コソボのキャップが入手できないかリクエストしてみましたが、やはり難しいようです。なんとか、年内に入手したいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

木村飲料の飛騨湧水

Waterkimura01木村飲料(株)(静岡県島田市)「奥飛騨の銘水 飛騨湧水」500mlペットボトルキャップ。
謎に包まれたIさんからの頂き物第2弾です。

2008年にモンドセレクション最高金賞を受賞。キャップには、「MONDE SELECTION GRAND GOLD MEDAL」と印刷されています。でも、商品名や会社名は記載されていないので、ボトルから切り離した時点でモンドセレクション汎用キャップになり下がってしまいます。正に、飲んでしまった後はただのゴミ?
ときどきこんなキャップを見かけます。デザインは良いので残念ですね。

ところで、「飛騨湧水」と言えば、2004年頃まではスギー産業(株)という会社が「天霊水」とともに製造販売していたはずなんですが、2005年あたりから木村飲料のブランドになったようです。木村家の出自は愛知県の春日井市なのだそうだから、名古屋に会社があるスギー産業とは業務提携とか権利譲渡とかなにがしの繋がりがあったのかもしれません。

ちょっと、謎に包まれたボトルですね。謎だらけってのもまた楽しいものです。
Iさんどうもありがとうございました。またのニューキャップ情報お待ちしております。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ぎふ清流国体/ぎふ清流大会2012のキャップ

Waterkoukasinsui23今日は本当は違う記事を更新する予定でしたが、謎に包まれたIさんからこのキャップが突然送られてきたので、急遽記事を差し替えて掲載することにしました。

このキャップの製造者は、言わずと知れた高賀の森水として知られるあの奥長良川名水(株)です。
2012年に岐阜県で開催されることが内定した第67回国民体育大会(ぎふ清流国体)第12回全国障害者スポーツ大会ぎふ清流大会)に協賛して発売されたと思われます。

デザインには、マスコットキャラクターの「ミナモ」が採用されています。
まだ3年先のことですが、随分と前から力を入れているんですね。

実は、岐阜市と関市で2010年に『第30回全国豊かな海づくり大会』が開催されることになっていて、ニューキャップが登場するのは確実とは思っていましたが、その前にこんなキャップが登場するなんて思いもしませんでした。

岐阜県もなかなかやりますね。
それに引き替えわが愛知は今はなんもねぇ。しょぼ~ん。
今はいろんなところから力を頂くときですね。頑張れ岐阜!頑張れ愛知!

Iさんの県も頑張ってますね。^^
貴重なキャップをありがとうございました。
Iさんには、もう1個レアキャップを頂きましたので、明日紹介させて頂きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OJさんからの頂き物

Asahi05Kirin03Itoen13OJさんからの頂き物。OJさんにはいつも最新の情報とキャップを提供して頂いており、感謝感謝です。左から、
アサヒ飲料(株)あったか梅」275ml。
商品Ver.のノーマルタイプオレンジキャップ。アサヒのオレンジキャップは意外と入手が難しい。粗ギザタイプは十六茶だったが、ノーマルタイプはバヤリースなのが興味深い。

キリンビバレッジ(株)生茶香ばし深煎り」280ml。
通称SKナール。デザインは同じだが95%縮小されている。(OJ氏情報)
ところで、SKって何の略?

(株)伊藤園天然水で割った300%のビタミン」500ml。
通称メリヤスキャップ(5-3間歇キャップ)「→あける」Ver.。
主に自動販売機で販売されているので、なかなか気が付きにくい。

国内飲料キャップにおける変則形状グリップキャップについていは、OJさんの『ペットボトルキャップ時評』のこちらの記事が参考になると思います。
しっかり、お勉強しましょう。^^

| | Comments (5) | TrackBack (0)

レアキャップ3種

Cocacola05Watertaisei02Takachiho01日本のペットボトルキャップ、レア物3種。某コレクター様からのいただきものです。
左から、

コカ・コーラ カスタマーマーケッティング(株)甲斐駒ケ岳 白洲の天然水(森の水だより)」500ml。
採水地は山梨県白洲(はくしゅう)だが、どういうわけか今のところ北海道でしか発見されていない。全国的に入手出来るようになると良いですね。

タイセイ(株)自然回帰水」500ml。
採水地は熊本県阿蘇郡南蘇郡村の白川水源。
以前から「回帰水」のキャップは確認されているが、今回はモンドセレクション最高金賞受賞を機にデザインを更新。限定品と思われる。

宮崎県立高千穂高等学校安信茶」500ml。
宮尾野農場の茶園で、生産流通科の生徒が丹精込めて栽培した高千穂茶葉を使用。
「ペットボトルのお茶の本」で紹介されていたので、興味はあったがデザインキャップだったとは知らなかった。

どれもレアですね~。貴重なキャップをありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ミロクの人心(ひとごころ)

Watermiroku02(株)ミロク(静岡県三島市)「人心(ひとごころ)」2Lペットボトルキャップです。

ミロクと言えば、富士山の綺麗なデザインの“富士・箱根・伊豆プレミア天然水”のキャップがありますが、それにも増してインパクトのあるナイスなキャップです。

現在でも、販売していますが在庫販売とのことです。今後の販売については未定とか。注文フォームはないので、メールでしか注文出来ないと思います。次はどんなデザインのキャップが登場するかすごく楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アサヒのオレンジキャップ

Asahi02Asahi04恒例となりましたオレンジキャップの間違い探しです。

問題です。左側と右側のキャップはどこが違っているでしょうか?

見た瞬間にわかった人は、ペットボトルキャップの神様です。
5秒でわかった人は超人です。
10秒でわかった人はすごい人です。

さて、いかがだったでしょうか?

正解は、左側は「製品」で右側は「商品」となっています。
右側の商品Ver.が新種で、「ホットでおいしい十六茶」275ml。

ちなみに私は10秒ではわからなかったですね。きっとただの人なんですね、私。(笑)
違っているとわかっていてもその違いになかなか気が付かないのに、何の情報も無しに違いがわかってしまう人がいるもんです。きっと、ペットボトルキャップの神様に違いありません。

OJさん、恒例の間違い探しキャップのご提供、ありがとうございました。^^

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ウクライナのキャップ

Ukraine135ウクライナのペットボトルキャップ30個更新しました。

ちょうどウクライナのキャップを整理し始めたところへまたまたウクライナのキャップが飛び込んで来た。ちょっとパニック。頭が混乱してます。気がず~んと重くなって来た。
でもね、送ってくれたウクライナの人とっても良い人なんだよね。それに、こんな綺麗なキャップもあることだし、また気を取り直して頑張りま~す。^^

| | Comments (6) | TrackBack (0)

外国のキャップ

Laostigerhead01外国のペットボトルキャップ32個更新しました。

ラオスのキャップをず~っと欲しいと思っていましたが、やっと手に入りました。
このキャップはLao Brewery Company Limited (beer-Lao)社の「Tigerhead」というミネラルウォーターのキャップです。結構クオリティーが良いですよ。^^

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ハンガリーのキャップ

Hungarycocacolalight11ハンガリーのペットボトルキャップ30個更新しました。

久しぶりにハンガリーのキャップを見たような気がします。
写真のキャップは、コカ・コーラ ライトのキャップですが、お気に入りです。
指している手が右側にあるのもと左側にあるものとあるようです。理屈抜きでナイスですね~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「山坊主の雑記帳」さんご紹介

山坊主の雑記帳」を運営する山坊主さんのご紹介です。

山坊主さんは、ペットボトルからジュース等を飲むとき、手に障害をお持ちの方や、車を運転中の方の開け閉めの問題を解決したキャップが販売されていることを朝のラジオで知り、ネットで検索していたところ、偶然に私のHPを発見して下さいました。

山坊主さんは、10年以上前からペットボトルのキャップを蒐集しておられて、今まで見たこともない珍しいキャップや懐かしいキャップまで驚きのキャップをたくさん所有しておられます。
ご自身でもキャップ蒐集の“先駆け”と言われているように、今でこそコレクターはたくさん存在しますが、当時は本当にごく一部の方しか蒐集していなかったと思うので、先駆者といっても過言ではありません。
その貴重なお宝が今こうしてネットを通して見ることが出来るのは、同じコレクターとして嬉しい限りです。今後もどんな貴重なキャップが登場するのか楽しみです。^^

なお、冒頭にご紹介した新発売のキャップですが、ラジオではネットで検索できるとのことだったようですが、見つからないそうです。私もちょっと探してみましたが、どうも見つかりません。
キャップが開けにくいということはしばしば話題になるので、いつかどこかで情報が得られるような気がしますが、もし何かご存知の方がおられましたら、情報を提供して頂けると助かります。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

トルコのキャップ

Turkeyzzz11トルコのペットボトルキャップ36個更新しました。

トルコのキャップはライトブルー一色のイメージが非常に強いのですが、今日のキャップはカラフルですね。
これだけバリエーションがあるとトルコのキャップもなかなか奥が深そうです。

ペンギンさんのキャップ、かわいいでしょ。^^

| | Comments (1) | TrackBack (0)

外国のキャップあれこれ

Cubaciegomontero01外国のペットボトルキャップ16個更新しました。

写真のキャップはキューバのキャップですが、キューバは初めての国です。これで蒐集国は110カ国になりました。

ところで、世界の国がいくつあるかというと、外務省のホームページによれば2008年3月現在国連加盟国は192カ国で、日本が承認している国は192カ国(日本も含めると193カ国)です。国連加盟国より日本が承認している国の数の方が多いのは、国連未加盟国で日本が承認している国が2カ国(バチカン市国、コソボ共和国)で、国連加盟国で日本が承認していない国が1カ国(北朝鮮)と、国連加盟国より日本が承認している国の方が1カ国多いためです。

一方、世界の地域はどれだけあるかというとどうも正確な統計数字は見当たりません。それだけ定義が難しいということなのだと思いますが、およそ200カ国と言われています。

私の蒐集国数は、国連未加盟国や地域も含んでいます。台湾は国連未加入で国交もありませんし、香港、マカオは中国に分類されますが、それぞれの国としてカウントしています。なので、まあ適当にカウントしているわけですが、何か?(笑)

当面の目標は、120くらいの国と地域のキャップを集めることが出来たらと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドイツのキャップ

Germanylipton200801ドイツのペットボトルキャップ29個更新しました。

ドイツでは、「Lipton Nature Tour 2008」という企画があったようです。Liptonでこんな企画ものを見るのは初めてですが、詳細については不明です。

ドイツはスペインを抜いて現在2位です。ロシアも抜いて1位になって欲しいと思っていますが、ロシアには敵いそうもありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドイツのポケモンキャップ

Germanypokemon051dugtrioドイツポケモンキャップ36個更新しました。

ドイツのポケモンキャップは、今回の36個を加えて121個になりました。
大変たくさんのキャップのように思えますが、ポケモンは第1世代だけでも151種類あります。さらに第2世代は100種類、第3世代は135種類、第4世代でも106種類もあります。

ドイツのポケモンキャップは第1世代しかありませんが、スペインのポケモンキャップは第2世代のものもあります。第3、第4世代はさすがに見かけません。
ちなみに、スペインのポケモンキャップは75種類、チェコは46種類、ロシアは23種類持っています。

2001年に発売されてから8年経ちますが、いまだに入手できるとはまだまだお宝はどこかにたくさん眠っているのかもしれませんね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのキャップ

Russiaaysberg01ロシアのペットボトルキャップ14個更新しました。

今回は、トナカイのキャップが何個かありましたねぇ。写真のこっちを向いているヤツが凄く可愛い顔してたんで取り上げてみました。

ロシアのキャップは、今日現在弊ブログ「人気記事ランキング」の4位と9位にランクインしています。どんなところに興味を持って頂けたのかちょこっと気になります。中国のキャップより人気があるのかなぁ。
ちなみに、“日本のペットボトルキャップ”は堂々の一位。そりゃ、日本のキャップがいちばん良いわいな。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MK CUSTOMERの静茶

Dydomkcustomer01ダイドードリンコ(株)「茶園限定 静岡茶 静茶(しずちゃ)」500mlペットボトルキャップです。

amiさんからの頂きものです。この静茶はダイドードリンコとマツモトキヨシとの共同開発商品で、「MK CUSTOMER」はマツモトキヨシのオリジナル商品に用いられるロゴです。
従来からこの静茶は製造されていましたが、今回はキャップとラベルにもロゴマークが印刷されています。

ロゴの色は5種類あって、オレンジは「食品」を表しています。ちなみにレッドは「安心と品質」、ブルーは「医薬品」、グリーンは「雑貨」、オーカーは「化粧品」です。
まだオレンジしか確認されていませんが、今後出現する可能性としてはレッドあたりでしょうが、ブルーなんかも出現してくれると面白いですね。

最近、なかなか新種が出なくてモチベーションも下がる一方ですっかり冬眠を決め込んでいたKUMAですが、一転早くも春の到来が間近であることを予感させるような嬉しい発見となりました。

今年は幸先の良いスタートが切れたかな♪
amiさんの情報に感謝です。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

酒蓋更新

Endoshuzojo01酒蓋29個更新しました。

写真の酒蓋は、(株)遠藤酒造場(長野県)の「どむろく」です。
この蓋は特徴があります。
以下、その特徴について同社のhpより引用します。

どぶろく 「渓流 どむろく」は昔の酒造りの資料に忠実に基づいて仕込んだ どぶろくです。発酵中の酒を粗く網で越しただけで一切の手を加えずビン詰めにしました。 弊蔵のどぶろく には活性中の酵母、丸米、こうじ菌など、アルコール発酵に必要な要素が全てそのまま入っており、ビンの中でも醗酵を繰り返しております。
そのため、キャップは特殊構造になっております。(特許取得のキャップを使用しております。)
このキャップにより、発酵過程で生ずる二酸化炭素をビンの外へ出すことができ、ビンを横にしても酒がこぼれないようになっています。(長時間横にするとガス抜きができませんから どぶろくがにじみ出ますのでご注意ください!)

外観は天面の中央に4ミリほどの穴が空いていて、蓋が二重構造になっています。
お味は、米がどんどん発酵するのでかなりどろどろでヘビーです。私は飲み切るのがきつかったですが、人気はかなりあるお酒のようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

謹賀新年

Newyear2009010101明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ここ何年も元日は良い天気に恵まれています。
近所の神社に初詣に出かけるようになって10年くらいになりますが、傘を差して出かけた記憶がありません。
昨年の後半以降、経済は大変厳しい状況が続いていますが、今年は今日の天気のように穏やかな年になって欲しいと願うばかりです。

さて、今年の目標です。

1.ペットボトルキャップを10,000個集めたい。

順調に行けば8月頃達成出来そう。
昨年の5月から写真を撮り直して分類も整理中。年内には整理を終わりたい。

2.モンゴルかロシアへ旅行したい。

本当は東南アジアが面白いのだけれど、今年は新型インフルエンザの発生予測があり危険。海外は渡航禁止になる?

3.キャップ工場見学オフ会をやりたい。

まずは、いろいろなコネクションを構築することから始めよう。

4.本を出版したい。

10,000個蒐集出来たら、なんとかなるかも。

5.テレビ出演したい。

いろいろとお話はあるものの、未だ実現せず。
地元のローカルな番組で良いので、もちキャップ関係で出演してみたい。
ご縁がありますように。

6.そろそろhpの改装をしたい。

頭の中にイメージはあるが、構想までには至っていない。
今年は好むと好まざるとにかかわらず時間的余裕が出来てしまいそうな気配なので、ぼちぼちと取り組むことにしよう。

7.TOEICを受験する。
筆記はそこそこいけそうだが、問題はヒヤリングだ。
毎日、CNNを聞いているが、何となく聞いているだけでは足りないので、理解する努力をしなくては。

8.Photoshopを購入したい。
高価なので、なかなか手が出せない。株で儲けたら購入しようと思うも、大暴落。
損失分を回収するのが先か。(笑)
でも、なんとか購入せねば。

今年の主なウィッシュ・リストはこんなところです。
願えば叶う。頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »