« レアキャップ3種 | Main | ぎふ清流国体/ぎふ清流大会2012のキャップ »

OJさんからの頂き物

Asahi05Kirin03Itoen13OJさんからの頂き物。OJさんにはいつも最新の情報とキャップを提供して頂いており、感謝感謝です。左から、
アサヒ飲料(株)あったか梅」275ml。
商品Ver.のノーマルタイプオレンジキャップ。アサヒのオレンジキャップは意外と入手が難しい。粗ギザタイプは十六茶だったが、ノーマルタイプはバヤリースなのが興味深い。

キリンビバレッジ(株)生茶香ばし深煎り」280ml。
通称SKナール。デザインは同じだが95%縮小されている。(OJ氏情報)
ところで、SKって何の略?

(株)伊藤園天然水で割った300%のビタミン」500ml。
通称メリヤスキャップ(5-3間歇キャップ)「→あける」Ver.。
主に自動販売機で販売されているので、なかなか気が付きにくい。

国内飲料キャップにおける変則形状グリップキャップについていは、OJさんの『ペットボトルキャップ時評』のこちらの記事が参考になると思います。
しっかり、お勉強しましょう。^^

|

« レアキャップ3種 | Main | ぎふ清流国体/ぎふ清流大会2012のキャップ »

更新情報(ペットボトルキャップ)」カテゴリの記事

Comments

OJさんってすごいですねー!
KUMAさんのブログでは、毎日々おどろかされます。
ちょうど今回の「KIRIN」のキャップが手元にありましたので、このキャップのギザギザを見てみますと、1本だけ短いのが有るのに気が付いたのですが、これは不良品でしょうか?

Posted by: 山坊主 | 2009.01.27 at 08:34

追加。
その短いギザギザの部分をよくよく見ると、表面に小さな穴(点)が有ります。
位置決め用か何かの印みたいに思います。

Posted by: 山坊主 | 2009.01.27 at 08:46

キャップ側面の洗浄スリット(ベントホール)については詳細は分かっていますが、この1本だけ短い線と天面の角にある小さな穴の正体は定かではありません。
http://oshiete.nikkeibp.co.jp/qa2676385.html
OJさんなら、きっと知っていると思います。

Posted by: KUMA | 2009.01.27 at 21:55

KUMAさま こんにちは いつも画像をアップして頂き恐縮です。

山坊主さま はじめまして!

『ペットボトルキャップ時評』のOJと申します。KUMAさんからのご指名があったようですので、誠に僭越とは存じますが、疑問点につき、わかる範囲でお答え致します。

実に山坊主さまのご指摘の通りです。

>その短いギザギザの部分をよくよく見ると、表面に小さな穴(点)が有ります。
>位置決め用か何かの印みたいに思います。

若干補足するとすれば、以下の通りです。
これは「巻締角度確認マーク」あるいは「インジケータマーク」などと呼ばれているもののようです。メーカーにより呼び方は異なりますが、目的は、キャップとボトルのネジの締め付け具合を目視するための目印です。従って、ボトル側にも同様のマークが存在します。サポートリングと呼ばれる部分(キャップのTEバンドの口栓部の出っ張り部分)に、丸い穴か三角の切り込みが存在するのが分かると思います。キャップ側とボトル側のこれらのマークの相対的位置関係により、適正な巻き締め角度を一定に保つように、製造時にコンピュータ制御で常時監視されています。検査方法は大きく分けて2つあります。①マーク間の角度を計る方法と、②短いギザギザ部分の上部位置とサポートリング基準位置との差異を計る方法です。①の場合に、表面(天面部、天板部)の小さな穴(点)が用いられ、②の場合に側面の短いギザギザが使用されます。因みに、①のドットホールは、日本クラウンコルク社の特許なので、他のメーカーのものには存在しません。また、ギザギザ部分の条線のバリエーションは、線の上だったり、下だったりします。

ALCOA社の粗ギザキャップを除き、マークの位置は、キャップもしくはボトルフィニッシュ(口栓部)の各々のネジ山の切り始め位置と一致します。

因みに、炭酸飲料用のライナー付き2ピースキャップには「巻締角度確認マーク」は存在しません。炭酸ガスが漏れないようにするため、パッキンの役割を持つライナー材と口栓部のトップが圧着するまで締め付ける必要があるからだと思います。

なお、以上は全て想像ですが...

今後とも宜しくお願い致します。

OJ拝^^

Posted by: OJ | 2009.01.30 at 01:55

OJさん

お手数をお掛けしました。
ありがとうございます!

このコメントは、「ペットボトルキャップの短い線と小さな穴」に関する考察について、ブログで公開されている情報としては、最も詳細な記述がされていると思います。

これで、OJバイブルにまた新たな1ページが書き加えらたのではないでしょうか。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: KUMA | 2009.01.30 at 21:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/43854312

Listed below are links to weblogs that reference OJさんからの頂き物:

« レアキャップ3種 | Main | ぎふ清流国体/ぎふ清流大会2012のキャップ »