« ロシアのファンタ、スプライト、ペプシのキャップ | Main | ロシアのペットボトルキャップ »

ダイドードリンコ3種

Dydoyuzulemon11Dydoyuzulemon12Dydomiu21ダイドードリンコ(株)のペットボトルキャップ3種です。

ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんからの頂きものです。いつも、ありがとうございます。

ゆずレモン」はどちらも350mlで、「ミウ」は480mlです。
「ゆずレモン」はスーパー、コンビニ、ドラッグストアーなどで販売されていますが、名古屋ではノーマルタイプしか確認出来ていません。「ミウ」は自販機が主体みたいですが、昨日現在では見つかっていません。それもそのはずで、発売は3月16日(木)なのだそうです。(詳細は、OJさんのブログをご覧下さい。)

東京では1ケ月前の先行発売。名古屋では1ケ月遅れの発売っていうことも十分あり得るからその差は2ケ月出るかも。同じ日本とは思えないこの時差。日本にはペットボトル販売地図にしか載っていないキャップ日付変更線が何か所もあるに違いない。

とは、いうものの情報はインターネットケーブルを通してすぐにやってくる。現物も東京からは投函した次の日には名古屋へ届く。大変ありがたいことです。これも、一重に情報や現物を提供して頂けるOJさんのお陰です。
今後とも、よろしくお願いします。^^

|

« ロシアのファンタ、スプライト、ペプシのキャップ | Main | ロシアのペットボトルキャップ »

更新情報(ペットボトルキャップ)」カテゴリの記事

Comments

KUMAさま こんばんは

こちらこそ、いつも珍しいキャップをお送り頂き感謝しております。

ダイドードリンコ社のキャップは、販売チャネルが限定されているため、本当に入手に苦労します。関西方面では簡単に入手出来るのでしょうが、東京では、「NEWDAYS」というJR東日本系のエキナカ(駅中)のコンビニか、私鉄沿線のプラットフォーム上に設置された自販機か、100円ショップのような量販店にほぼ限定されています。

この辺の事情は、コンビニが酒屋や米穀販売店を中心に1970年代以降、発展してきた歴史に起因するように思えます。現在、コンビニの棚に陳列される飲料の大部分が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのビール会社系か日本コカ・コーラ社で占められている現実を見れば明らかです。

ダイドードリンコ社は、東京では当初、銭湯の前に設置された自販機が主要な販売チャネルだった時代があります。その後、多彩な製品開発とキャップの多様さにより、ここまでシェアを拡大してきた努力には、正直頭が下がります。ダイドードリンコ社には今後も頑張ってもらいたいと思います。

OJ拝^^

Posted by: OJ | 2009.02.22 at 19:06

私は、どっちかと言うと右端系が好きです。

Posted by: 山坊主 | 2009.02.22 at 21:33

>OJさん

いつもありがとうございます。
ダイドードリンコ社はいろんなアイデアを凝らして頑張ってますね。株価からもその実力が窺えます。

>山坊主さん

いつも、コメントありがとうございます。
関西のキャップ日付変更線は、ひょっとして関東よりも早いですかね?

Posted by: KUMA | 2009.02.22 at 21:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/44137307

Listed below are links to weblogs that reference ダイドードリンコ3種:

« ロシアのファンタ、スプライト、ペプシのキャップ | Main | ロシアのペットボトルキャップ »