« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

ジョージアのグレーキャップ

Cocacolageorgia08コカ・コーラカスタマーマーケティング(株)「ジョージア エメラルドマウンテンブレンドブラック」280mlペットボトルキャップです。

この商品は、どこでも売っていそうで実はごく限られたところでしか売っていない。
私は、あいにく 「そのPETボトルはどこそこに行けば買えるはずだよメモ」 を持っていないので、いつでも行き当たりばったりで、感に頼っていろいろなところを徘徊することになるわけだが、それでもなんとか見つけられるので、非効率極まりないものの、私の勘も捨てたものではない。(笑)

それはさておき、無糖はやっぱり苦いなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハローズの亜種

Halows02Halows01コカ・コーラのフォントのサイズ違いに端を発した一連のフォントサイズ事件は、一旦は終息を見たかに思えたが、休む間もなく関連事件が発生した。

事件の概要はこうだ。

写真左側のキャップは今回関西支部所属の特命捜査官からもたらされた証拠品であるが、前回発見された証拠品(右側のキャップ)に比べて右側上部赤色ベタの部分が内側に向かって1ミリほど小さくなっている。これは亜種として判断して良いものと推量されるが、今回の事件で特徴的なのは、証拠品の高さ(厚み)が1.5ミリ程違うことである。

右側の証拠品は広域キャップメーカー「アルコア社」の背の低い一員であることは、キャップの裏側に「ALCOA」と刻印されていることからも明らかであるが、左側の背の高い組織員については外観上はどこの広域キャップメーカーに所属しているものか判断できないので、鑑識の結果を待ちたい。
よって、この広域キャップメーカー「アルコア社」には高さ(厚み)の違うふたつの組織が存在するものとみて、組織の解明が急がれるところである。

なお、どちらが本来のでどちらが亜種であるかということは、どちらが先に潜伏を開始したかによって推測できるが、推測の域を出ない。
本件の解決にあたっては、各位の協力を望むところではあるが、事件の特殊性を鑑みこれを以って終息としたい。

注)1
亜種とは、大辞林 第二版 (三省堂)によれば、

『生物分類上の一階級。種の下の階級。種として独立させるほど大きくはないが、変種とするには相違点の多い一群の生物に用いる。例えば、北海道のキタキツネはキツネの亜種である。ただし、種と亜種とを分ける明確な基準はない。』とのことであるが、いろいろなシチュエーションにおいて用いられているようだ。

注)2
このキャップは、(株)ハローズ(広島県福山市)が販売する「サイダー」(左側)と「お茶」(右側)のもので、一部地域でしか販売されていません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

またまたロシアのキャップ

Russiabagiatti02ロシアのペットボトルキャップ26個更新しました。

写真のキャップは、なんかカッコ良いですよね。威風堂々って感じで。日本のキャップでは絶対に出てきそうもないパターンです。
ロシアのキャップはひとまず終了ですが、日本のニューキャップラッシュはまだまだ続きます。^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ファンタはファンタでも

Cocacolafanta08Cocacolafanta07でっかいですね、このファンタ。

どちらのキャップもコカ・コーラカスタマーマーケティング(株)『ファンタ』1500mlのペットボトルキャップですが、左側が今回紹介する「グレープ」です。右側はすでに紹介済みの「オレンジ」。

いくら、版下が違うとはいえ、ちょっとフォントの大きさが違いすぎやしませんかね。これだけ違うとまるで別物ですね。規格の統一性が保持されていないのか、逆に自由度を持たせているのか、はたまたどうでも良いのか興味のあるところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰って来たQoo!

Cocacolaqoo511コカ・コーラカスタマーマーケティング(株)「とっても オレンジ」「とっても アップル」500mlペットボトルキャップ各4種を更新しました。

Qooが帰って来ましたね!本当に帰ってくるとは思わなかった。懐かしいあの顔この顔に新顔も。
もう、何も言うことはありません。ただただ、感激で見つめるだけです。

でも、でも、で~~~もです。感涙にむせんでばかりはいられません。
果たして名古屋で見つかったQooと東京で見つかったQooは同じか否か。もし、違っていたら大変!
明日も、キャップ探しの旅は続くのさ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのペットボトルキャップ

Russiaakbaklyuch02ロシアのペットボトルキャップ53個更新しました。

ロシアのキャップも悪くはないけれど、なんと言っても日本のキャップは良いですね。自分の生れ育った国のキャップなので当たり前なのですが。
最近のキャップ史上稀に見るニューキャップラッシュの語り部として、つくづく日本に生れて良かったと思う今日この頃です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和光堂のわこちゃんキャップ

Wakodo11Wakodo12和光堂(株)「アクアライト りんご」500mlノーマルギザペットボトルキャップです。

関西の友人から昨日の夕方電話があって、“わこちゃんキャップ出てますよ~。”ってんで、急遽いつものドラッグストアーへと繰り出したら、ありましたねー。
Wakodo13Wakodo14前日にはなかったはずなんで、私の目が節穴だったかもしれませんが、東京の友人も同じく前日にはなかったと言っておりましたので、ふたり揃って目が節穴だったのかもしれません。(笑)

でも、やっぱりそんなことないよなーって、一応自分に言い訳してみる。(爆)

ところが、私の偉いところはちゃんと4種類見つけてしまうところですね。(更爆)
皆さん、お気を付け下さい。うっかりしていると、左上のわこちゃんを見逃してしまいますよ。旧品と混在しているところでは特にこのトラップに陥りやすいです。

この4種類っていうのには、ちゃんと意味があります。私の苦手とする分野なので詳細は説明出来ませんが、コカ社からQooのニューキャップが4種類出たことでもあるので、きっとOJ先生が優しく解説してくれることでしょう。
良い子は、楽しみにして待つのです。

関西の友人よりひと足先に紹介させて頂きました。情報って、本当にありがたいですね。どもども、でしたっ。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

青春18きっぷの旅(熱海編)

Seishun18kippu01青春18きっぷで熱海まで行って来ました。

JRは「青春18きっぷ」を11,500円(5回分)で販売しています。
1回分は2,300円で乗り放題なので、名古屋から熱海まで日帰りでたったの2,300円で行ってこられるというわけです。
改札は自動改札を通ることが出来ないので、いちいち駅員さんの確認を受けなければいけませんが、駅員さんも忙しく手がふさがっていることが多いので、ほとんどフリーパス状態でした。

今回の行程はこんな感じでした。
金山~掛川(105分) 2210円、掛川~静岡(45分 )820円、静岡~熱海(73分)1280円、熱海~三島(14分) 320円、三島~静岡(65分)950円、静岡~浜松(74分)1280円、浜松~金山(79分)1890円
乗車合計時間453分(7時間33分)
乗車合計運賃8,750円

Atamibeer01折り返しの熱海の海岸のあるお店で購入した「熱海ビール(酪農王国オラッチェ)」。天気予報は晴れだったので、少し薄着をしていったら生憎の空模様で少し寒かったです。せっかくのビールもちょっぴりほろ苦く感じられました。でも、王冠は無事ゲットです。お店のお姉さんにお願いして使用済み王冠を少し頂いて来ました。唯一の収穫です。ペットボトルキャップはどこへ行っても新種は見つからず。

もう少し足を延ばして小田原あたりまで行けそうだったけれど、名古屋から日帰りでは熱海あたりが程よい距離なのかな。
この「青春18きっぷ」は3月1日から4月10日までに使い切らなければいけません。
次回は、関西方面(目標は、舞鶴あたりまで)を予定していますが、どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのキャップ

Russia11302ロシアのペットボトルキャップ23個更新しました。

日本のペットボトルキャップの新種はもう少し出そうな気配ですが、ここらでちょっとひと休みして次のラッシュに備えましょう。
写真のキャップを取り上げた意味は特にありません。強いて言えば癒し系っていうことで。
では、また。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイドードリンコとサントリーフーズのキャップ

Dydomiu22ダイドードリンコ(株)「ミウレモン」480mlペットボトルのキャップです。このキャップがなかなか出て来ないんですよねー。ギャンブルで連敗中です。もうしばらく、がまんがまん。
「Lemon」の文字が入ったのは嬉しいけれど、それが仇になって下の「あける」の文字にさらに違和感が加わった。「あける」が無ければナイスなんだけどなぁ。
OJさんからの頂き物です。いつも、ありがとうございます。^^

Suntorylifepartner03サントリーフーズ(株)「プロテインウォーター」490mlペットボトルの粗ギザキャップです。
このプロテインウォーターもミウレモンのボトルもそうだし、東京タワーのボトル(290ml)もそうだけど、内容量が中途半端ですね。どのボトルもユニークなシェイプなので、500mlとかのちょうどの形にするのが最新のコンピューター技術を駆使しても難しいのかもしれないし、たとえ可能であったとしても本来のデザインを損なうことになるかもしれない、そんな理由で半端な内容量になっているのでしょうかね。まったくの素人考えですが...。ちょっと、気になる今日この頃です。

それにしても、この粗ギザキャップは10年かかってやっとノーマルキャップから切り替わりました。この報告は、『ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんが提供されていますが、OJさんは10年間ず~っと注視してきたということなんでしょうね。でなければ、なかなか気がつかないと思いますよ。OJ氏恐るべしの巻き~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ダイドードリンコのチチヤス

Dydochichiyasu11Dydochichiyasu12ダイドードリンコ(株)「チチヤス ホワイトソーダ」500mlペットボトルキャップです。

ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんからの特急便で届きました。まいどまいどお世話になります。^^

チチヤスは発売当初見かけましたが、すぐにその姿を見なくなりました。もう少し在庫を仕入れておかなければと考えていた矢先に、早くも色違いになってしまうとは。

東京は凄いところですね、そしてOJさんも凄い人ですね。
付いて行くのがやっとです。あー、急がしっ。
まだまだ、続くみたいよニューキャップラッシュ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイドードリンコがぁ。

Dydofujisan01_3ダイドードリンコがまたやってくれました。コレクターの期待を裏切りませんね。「富士山 天然水」500mlペットボトルキャップです。

ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんからの頂き物です。いつもありがとうございます。
ダイドードリンコは我々の期待を裏切りませんが、OJさんもまた我々の期待を裏切りません。
自販機で見つけたそうですが、自販機にあったかなぁ、こんな水。きっと、かる~くスルーしてるんでしょうね、わたし。い、いかん、ま、まだ修行が足りんぞ。

このブルーのキャップを見ると冷凍用のブルーキャップを思い出す。春のニューキャップラッシュもまだ終わらぬうちに早くも夏を予感させるブルーキャップの登場は間近か!?
ダイドードリンコさんは、はのちゃん亡きあとも地道に我々を楽しませてくれています。期待してますよ、ブルーキャップの「あける」バージョン。気持は複雑だけど...。

それにつけても、伊藤園の加温器用キャップの「あける」バージョンはこのまま春の訪れとともに不発のまま終わってしまうのでしょうか。なんとなく不完全燃焼で終わってしまいそうな雰囲気が漂って来ましたよー。

なんとか、このもやもやを払しょくして下され、OJさま~。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファンタの(R)違い

Cocacolafanta05Cocacolafanta06ファンタの(R)大小です。
左側はすでに紹介済みのオレンジ(R)小ですが、右側が今回紹介するグレープ(R)大です。

お買い物日記』を運営するまる子さんのブログの記事を見ていたら、ファンタのバリアント(亜種:OJさん用語)があるらしいことがわかった。写真で見る限りでは微妙だったので、さっそく確認のためスーパーへ出かけてみたら、確かにありました。
でも、なんとなく違うんですよねー。そうなんです。(R)の大きさが違うんですよぅ。偶然の発見です。

まる子さんが発見したキャップは色の濃淡が違うらしいのですが、それは発見できませんでした。また、1500mlボトルの方はオレンジ、グレープとも(R)大でした。

いやー、いろいろあるもんですね。最近のまる子さんは絶好調ですね!この調子でどんどん新種発見しちゃって下さい。楽しみにしてまーす。^^

| | Comments (6) | TrackBack (0)

まだあるよ ニューキャップ

Cocacolafanta07Kirin04Housewellness01まだまだありますね、ニューキャップ!

左から、コカ・コーラカスタマーマーケッティング(株)「ファンタ オレンジ」1500ml、キリンビバレッジ(株)「潤る茶」500ml、ハウスウエルネスフーズ(株)「健康茶」500mlペットボトルキャップです。
最近、カタカナで文字数の多い会社名が多くなって、だんだんと面倒くさくなって来た。ボソッ。

ファンタのキャップは断然周りに文字があった方がいいよね、シンプルなのもいいのだけれど。文字入りは限定品と思うとちょっと残念。
キリンのキャップは、SKナールの標準ロゴバージョンです。SKナールもすっかり定着したみたいですね。
ハウスのキャップは、某コレクター様からの頂き物です。ちなみに粗ギザです。シブイですね~。感謝!

明日も続くよ、ニューキャップラッシュ!^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

もうちょこっと ニューキャップ

Cocacolafanta05Kirinnamacha04Meijithecoffeemilk01もうちょこっと、ニューキャップです。

左から、コカ・コーラカスタマーマーケッティング(株)「Fanta ORANGE」500ml、キリンビバレッジ(株)「生茶」500ml、明治乳業(株)「THE COFFEE MILK」220mlのペットボトルキャップです。

ファンタはちょっとレトロな感じでなんとなく初期のころのデザインを感じさせます。外国のキャップには“Fanta”の文字とともに“ORANGE”“GRAPE”“LEMON”などが一緒に印刷されていることがあります。
日本では効率が優先され、ファンタの種類は印刷されることはありません。非常に残念なことです。もし、一緒に印刷されていたらもっともっと素敵なキャップになることは間違いありません。

キリンの「生茶」は味気ないデザインになってしまいました。今思うと前のデザインは中途半端なデザインだったために、唇に見えてしまったのかもしれません。そんな風に見てしまうのは私だけでしょうか?(笑)いっそ、もっとみずみずしい精緻な茶葉を描いてくれた方が良かったのですが。

明治乳業の「THE COFFEE MILK」は、本当にコーヒーミルク色になりましたね。
OJさんからの頂き物です。この場を借りて御礼申し上げます。

明治乳業は、2003年10月14日にペットボトルのキャップにストローを挿入できる業界初の容器を採用し、コーヒー飲料「CAFFE FRESSO(カフェフレッソ)ラテスタイル」を発売しました。爾来、3種類のキャップが確認されていますが、どれもマイナーチェンジであまり変わり映えはしませんでしたが、今回のものははっきりと違いがわかるので、リニューアルと言っても良いかもしれません。ちなみに当時は240ml入りで140円と私の過去の記事にそう書いてあります。

はい、ニューキャップに間違いありません。ポン!^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コカ・コーラのフォント違い

Cocacola34Cocacola37左と右のキャップでは、フォント違いというかフォントの種類は同じですが、大きさが違います。
左側がフォント大バージョンで、右側がフォント小バージョンです。写真ではイマイチ大きさの違いがわかりづらいかもしれませんが、現物はその違いがはっきりとわかります。

コカ・コーラとコカ・コーラゼロは双方とも500mlボトルと300mlボトルがあり、どちらのボトルにもフォントの大きさの違うものが混在するようです。

この情報は、『お買い物日記』を運営するまる子さんから頂きました。また、コカ・コーラゼロのフォント小バージョンの方は名古屋では見つからず、苦戦していたところ、グッドタイミングでまる子さんから送って頂きました。まる子さんよりひと足先に掲載させて頂きまして失礼致します。まる子さんは寛容で友達思いの優しい方ですね~。って、ひとりごと。^^
みなさんには私の心を見透かしたかのようにご協力頂けるので本当にありがたいです。きっと、大変なお気遣いをして頂いているのだと思いますが。

まだまだ、続くよニューキャップラッシュ!

| | Comments (27) | TrackBack (0)

六条麦茶のマイナーチェンジ

Kagomerokujo23Kagomerokujo231カゴメ(株)「六条麦茶」500mlペットボトルキャップです。

左側のキャップは今回謎に包まれたIさんから送って頂いた物です。
右側のキャップは従来品で、どちらも粗ギザですが、左側のマイナーチェンジキャップは“六条麦茶”の文字が多少小さくなっているのと、帯の結び目が描かれています。(従来品の粗ギザキャップには帯の結び目がありません)。

過去に発売された粗ギザキャップやへそありキャップにも同様の違いが見られるので、まだ他にも帯の結び目のありなしキャップが存在したかもしれません。ややこしくなって来たぞ。またもや、嬉しい悲鳴です。
Iさんの情報に感謝です。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京タワーのニューキャップ

Waterorganictokyotower01みなさん、一大事です。東京タワーのペットボトルのキャップがシールから印刷に変わりました。
本日、謎に包まれたIさんから送られて来た特別便の中に入っていました。

以前、紹介した『東京タワーのペットボトル』ではシールだったのが、早くも印刷に切り替わりました。
というか、もともと印刷するつもりが見切り発車で間に合わず急遽シールであったものが正規の印刷になったのかもしれません。
ウォッチャーとしてのキャップコレクターからすれば、署名活動をしようとあのとき気勢を上げた甲斐があったと思いたいところですが、世の中そんなに甘くありませんよね。(^^;)

それにしても、びっくりしました。本当に印刷になってしまったんですねー。
Iさんの情報に感謝です!

他にも情報が届いているので、後日紹介しますよ~っと。
まだまだ、続くニューキャップラッシュ!^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どこまで続く ニューキャップラッシュ!

Cocacola35Cocacolacanadadry04Botsukajava04コカ・コーラカスタマーマーケッティング(株)「コカ・コーラ」500mlは自力でゲット出来ました。
コカ・コーラカスタマーマーケッティング(株)「カナダドライ ジンジャーエール」500mlと大塚ベバレジ(株)「ジャワティ」500mlは、関西の友人からの頂き物です。速達で届いたので即日更新させて頂きました。

「カナダドライ ジンジャーエール」は、(R)が大です。また、デザインの大きさや色の濃さが関東や東海で知見されるものと違っています。製造所が違うことは明らかですが、こんなにも違いが出るものなのですねー。
「JAVA TEA」もイメージチェンジしてきましたね。名古屋では未見です。

皆様のお陰で最近発売された非売品を除くニューキャップはだいたい入手できていると思っていますが、まだ何かあったかな~。

皆様の情報に感謝するとともに、私も情報が提供出来るようこれからも頑張ります。^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »