« ルーマニアのキャップ | Main | アメリカのキャップ »

伊藤園のブルーキャップの謎

Itoen82Itoen83
(株)伊藤園の「冷凍ボトル お~いお茶」485mlペットボトルキャップです。

写真のどちらのキャップも「冷凍ボトル お~いお茶」のキャップですが、右側のキャップの方が色が少し薄いです。
左側のキャップは昨年まで「冷凍ボトル 氷冷緑茶」として販売されていたときのものと同じです。
商品名が変わったことに伴い、キャップの色が少し変わったのかなとも思いますが、濃い色のキャップと薄い色のキャップが併用されているところを見るとそうでもないようです。

さらに、不思議なことには今年発売の「冷凍ボトル お~いお茶」はラベルも2種類あって、薄いキャップの方のラベルには『ご家庭で凍らせる時の「注意点」』が3項目にわたって追記されています。
このことから、冷凍用キャップになんらかの改良が加えられているとも考えられます。

さらにさらに不思議なことには、改良キャップと思われるボトルの賞味期限は「2009.12.29」となっているのに対し従来型と思われるボトルの方の賞味期限は「2010.03.28」となっています。なんか変?

さて、この謎をどう解くか、なんちゃって。KUMAの戯言ですから、どうかお気になさらずに読み飛ばして下さいな。考え出すと夜も眠れなくなりますよ。^^

|

« ルーマニアのキャップ | Main | アメリカのキャップ »

更新情報(ペットボトルキャップ)」カテゴリの記事

Comments

KUMAさま こんばんは

いよいよ、ブルーキャップの季節になりましたね。
今年も楽しみです。

伊藤園のキャップ、確かに色合いが違いますね。多分、インキ調合比の違いだと思います。

都内のコンビニでは、『冷凍ボトル お~いお茶』 (485mL、賞味期限 「2009.12.29」、製造所固有記号 「A5 / 11:30」) は、凍らせないで、そのままの非凍結状態で販売されていました。

『冷凍ボトル 氷冷緑茶』 の方は、確か凍結状態で販売されていた気がします。何か関係があるのでしょうか。

ここ数年来、伊藤園は日本クラウンコルク社のキャップしか使用していないので、キャップ製造メーカー間での違いの線ではないはずです。おっと、これ以上追求すると、夜眠れなくなるので、真相解明はパスします。

寄る年波のせいか、夜はグッスリなのですが、朝異常に早く目が覚めてしまい。ちょっぴり、寝不足ぎみです。

OJ拝^^

Posted by: OJ | 2009.04.25 at 23:14

OJさん、おはようございます。

私も、朝早くから起きていますが、何か?(笑)

キャップの色違いがインキ調合比の違いだとすると亜種としてカウントするかどうか微妙ですね。
確かにどのキャップも裏側の記号はHで始まっているのでNCC社製なんですね。(ちょっと、学習!)

真相は闇の中へ...。ふぅ。
今夜もぐっすり眠れますように。^^

Posted by: KUMA | 2009.04.26 at 08:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/44792244

Listed below are links to weblogs that reference 伊藤園のブルーキャップの謎:

« ルーマニアのキャップ | Main | アメリカのキャップ »