« トルコのキャップ | Main | 第30回全国豊かな海づくり大会2010ぎふ長良川大会 »

スコールウォーター沖縄パイン

Minaminihonskal02南日本酪農協同(株)「スコールウォーター 沖縄パイン」500mlペットボトルキャップです。

これは、とても美味しいですね。果汁1%とは思えない濃厚なお味でパインが活きてます。でも、もう少し甘さが控えめでもよかったかもしれません。私には、2本目がちょっとキツイです。

「あける→」も、問題なくスッキリとしたデザインになっています。
「瀬戸内レモン」は、デザイン上の汚点を残した思います。次回ロット生産時には是非、表示方法の再考を望みます。たくさんの人達を魅了する美しいデザインのキャップになることを願って。

|

« トルコのキャップ | Main | 第30回全国豊かな海づくり大会2010ぎふ長良川大会 »

更新情報(ペットボトルキャップ)」カテゴリの記事

Comments

KUMAさま

『スコールウォーター 沖縄レモン』、都内では未だ旧キャップ(賞味期限/製造所固有記号=「100417/MD」) のままでしたが、その内置き換わると思います。楽しみに待ちます。確かに、飲み味スッキリで美味しいですね。

矢印バスターを自称・自認している手前、余り大きな声では言えませんが、このキャップに関しては、「あける→」 がデザイン上の重要なアクセントとして活かされているように思えます。

なお、私がこれまで主張していることは、決して 「矢印」 をいれるなということではありません。従来からある伝統的なキャップデザインに、おざなりに「あける→」 等の要素を、「他のメーカーでも入れているから自社でも」という右へ倣えで無批判に導入してしまう 「事なかれ主義的な姿勢」 をこそ批判しているのです。そのにはキャップへの愛情の片鱗も感じ取れません。それにいつまでも 「あける」+「→」 の組み合わせだけで事足れりとする発想の貧困さ加減にもうんざりしています。

飲料メーカーのみなさんには、今後もやっつけ仕事でない、プロとしての矜持を期待しております。

OJ拝

Posted by: OJ | 2009.08.08 at 18:00

OJさん、こんばんは。

『スコールウォーター 沖縄レモン』、今日一緒に送っておけばよかったですね。気がつきませんでした。
とりあえず、例のブツはすでに投函しましたので。

そもそも、「あける」+「→」 の採否の基準は何なんでしょうね。
この表示が必要になった発端は、キャップが固い→開かない→どっちへ開けたらイイの?→苦情→改善→「あける」+「→」 ということだと認識しています。

この「苦情」をどの程度に評価するかということに掛かっているような気がしないでもありません。
デザイン上は、「あける」+「→」 は無い方が良いに決まっていますから。

Posted by: KUMA | 2009.08.08 at 19:01

KUMAさま こんばんは

『スコールウォーター 沖縄レモン』 矢印キャップ、ご送付の件お気遣いありがとうごあいます。ただし、今回に関しては自力で探してみます。

私には、キャップの切り換え時期判定と言う、キャップの神様から与えられた崇高なミッションが課せられております。従いまして、今回は新旧両バージョンを同時に見付ける必要があります。

時々、スーパーなどで、新旧キャップが同梱されたものを見掛けることがあります。まさに歴史的瞬間に遭遇した思いがします。かなり大袈裟ですが。おまけに、何を言っているのと? という感じですが...。

それ程、趣味って、奥を知れば知るほど、迷宮の闇に入り込んでしまうものなのですね(だれか助けて・・・)。

OJ拝^^

Posted by: OJ | 2009.08.08 at 22:33

>時々、スーパーなどで、新旧キャップが同梱されたものを見掛けることがあります。まさに歴史的瞬間に遭遇した思いがします。

その気持ち大変よくわかりますよ。
こだわりを持った人にしか感じることができない気持ち。
これは、仕事でも何でも同じだと思いますので、キャップの神様から与えられたOJさんにしか達成できないミッションをぜひ遂行して下さい。^^

Posted by: KUMA | 2009.08.08 at 23:17

こんばんは

この「あける→」の使い方好きです!
「→」の使い方が一番うまいのが、大塚ベバレジ。次にAsahiだと思っているんです。
この2社は特に笑っているように見えるので、SMILEコレクションしている私にとっては、実は好きなパーツなんです^^。
バランス悪いものは、SMILEに入れてませんのでほんの少しの選ばれたものだけですが(*^m^*)

Posted by: まる子 | 2009.08.09 at 02:44

「あける→」の代わりに「Smile→」っていうのも面白そうです。みんな笑顔でキャップを開けてくれるかもしれません。元気の出るキャップ!なんちゃって。

日本にもいつかそんな粋で遊び心のあるキャップが出現することを願っています。^^

Posted by: KUMA | 2009.08.09 at 08:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/45866151

Listed below are links to weblogs that reference スコールウォーター沖縄パイン:

« トルコのキャップ | Main | 第30回全国豊かな海づくり大会2010ぎふ長良川大会 »