« August 2009 | Main | October 2009 »

September 2009

スイカ果実エキス配合ドリンク『ノアージュ』、中味・パッケージをリニューアルし新登場

Yamadainoage02ヤマダイ食品(株)「ノアージュ」500mlペットボトルキャップです。

ノアージュ」は、中味・パッケージをリニューアルし、3社(ヤマダイ食品FELICE TOWAKOニナファーム)のコラボ商品として7月1日より新登場しました。

1週間ほど前にコレクター様から情報を頂きまして、やっとIt's Demoで無事入手出来ました。もちろん、スリーフィフスラボでも売っています。
このキャップは、従来のキャップの「Flex」が「Fresh」に変わっています。まったく気がつきませんでした。たぶん、新登場に合わせて変更になったのだと思います。

キャップの文字は、「Re Set Turn Fresh」ではなくて、「Reset Return Refresh 」を表し、体の中からのリセット、リターン、リフレッシュすることの大切さをイメージしています。

キャップの文字までしっかり確認する習慣がないとこの違いを見落とします。
皆さん、本当に良く見ていらっしゃいますね。凄いと思います。

貴重な情報をありがとうございました。^^

| | Comments (5) | TrackBack (0)

秋田県醗酵工業の応援歌

Zzzakitakenhakkoukogyo01秋田県醗酵工業(株)「応援歌 25%」2,700ml焼酎のペットボトルキャップです。

「AKITAKEN HAKKO KOGYO CO.,LTD」と書いてあるのはわかりますが、ぱっと見は何かの模様にしか見えませんね。もう少しすっきり出来そうなものですが、逆にこのごちゃごちゃ感が面白いです。

20%は青フタです。まだ、買ってません。ふぅ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『AQUARIUS(R)』 ビタミンガード粗ギザキャップ出現!

Cocacolaaquarius333コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『AQUARIUS ビタミンガード』2000mlペットボトルオリンピックVer.(R)大粗ギザキャップです。

ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんからの頂き物です。いつも、お世話になります。

「私たちは、もうすっかり忘れてしまっているが、2008年はオリンピック年であった。」の書き出しで始まるOJさんの「『AQUARIUS(R)』 <公式スポーツ飲料> キャップのミッシングリンクを求めて」の記事に詳細が記載されていますので、是非ご覧ください。

確かに、すっかり忘れているどころか、もう過去の物として新種を探し出す意欲さえとうの昔に消え失せていたものを、OJさんは1年半にも亘り高いモチベーションを保ちつつ新種発見に至ったことを鑑みて実に偉大な人であると今更ながら、感服せざるを得ません。
このモチベーションの高さに刺激されつつ、(R)小発見の吉報に期待が膨らむばかりです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

株式会社一和のコーラ

Zkoreakobebussan01『コーラ』1.5Lペットボトルキャップ。
輸入者:(株)神戸物産
原産国:韓国
製造者:(株)一和(ILHWA CO.,ITD)

業務店用スーパーで1本85円で購入しました。アンビリーバボーなお値段ですね。例によって、保存料(安息香酸Na)が入っています。

製造者はラベルには書いてありませんが、キャップにはしっかりと「ILHWA」と印刷されています。

Wikipediaによれば、

一和(いちわ、일화、イルファ)は、統一教会(世界基督教統一神霊協会)系の韓国の企業。高麗人参製品、食品(飲料)、薬等の製造および、輸出等を事業としている。
となっています。

これからも、一和のニューキャップにお目にかかれるのでしょうか。楽しみであると言えば楽しみではありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『サッポロ アロマルージュ/ブラン酸化防止剤無添加』発見!

Sapporoaroma01Sapporoaroma02サッポロビール(株)「サッポロ アロマルージュ/ブラン酸化防止剤無添加」1.5Lペットボトルキャップです。製造者は、サッポロワイン(株)。

3月11日(水)よりすでに新発売になっていましたが、やっと発見しました。
昨今の国産ワイン市場は、「酸化防止剤無添加」カテゴリーと「大容量」カテゴリーが伸張しているそうで、そこそこ売れているようですが、その割にはこのボトルを見かけることはありませんでした。

メーカーの予想が外れたか、はたまた静かに静かに浸透しつつあるのか定かではありませんが、日本全国どこでも見かけるほど売れるようになると良いですね。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『明治プロビオヨーグルト LG21』のニューキャップ

Zmeijilg2104明治プロビオヨーグルト LG21』112mlのニューキャップが出ました。

このキャップは、『ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんが「経営統合後の飲料用キャップのあり方」の記事でその登場を予言していたことが、早くも現実となったものです。
私もその登場を心待ちにしておりましたが、「明治乳業 『明治プロビオ(R) ヨーグルトLG21』 のキャップに統一ブランドマーク登場」の記事で発見に至るまでの奮闘ぶりを見ることが出来ます。

そのまま、白フタ化してしまってもおかしくはなかったと思いますが、見事統一ブランドで新登場とは、まことに目出度いことであります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『中日ドラゴンズ公式ファンクラブ継続キャンペーン2009』のシールキャップ

Seakrikenmineral01えびの高原 大自然の水」500mlペットボトルのシールキャップです。
製造元は(株)理健ミネラル研究所(宮崎県えびの市)で、販売者は常らく(株)(名古屋市中村区)。

常らくに注文すると、最低24本からオリジナルラベルを作ってくれます。キャップのシールも作ってくれるようです。
数が少ない場合はインクジェットで印刷するそうです。
ラベルはプリンターで印刷出来ますが、キャップは直接印刷出来ませんね。何か良い方法は無いものでしょうか。シールではなくて直接キャップに印刷できるサービスを提供してくれたら、すぐにでも発注するんですがね。
オリジナルキャップ、一度でいいから作ってみたいですよねー。^^

このオリジナルラベルが付いたボトルは、スリーフィフスラボ(名古屋市中区栄3丁目6番地1号 ラシックB1階)にて参考商品を見ることが出来ます。
私は、毎月欠かさずチェックに行ってますが、確かにいつも何種類かのボトルを見かけます。その様子を皆さんにご紹介したいのですが、このラシックというところは撮影が禁止になっているのですよ。
以前、それを知らずに撮影していたら、監視員がすっ飛んできました。広報を通して下さいだって。めんどくせー。
ってなことで、詳細が気になる方は、常らくのhpをご覧くださいね。(スリーフィフスラボさんのhpは只今全面改装中です。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イタリアのキャップ

Italysanbenedetto08イタリアのペットボトルキャップ22個更新しました。

イタリアのキャップは好きです。キャップ自体やデザインの色使いにケバケバしさが無くて落ち着きのあるおしゃれなキャップが多いです。

SAN BENEDETTO」に「SANPELLEGRINO」に「ULIVETO」とどれもお馴染みのキャップ達ですが、見応えがあります。
今回は、特に白のキャップにブルーを基調としたデザインが多いので清潔感もあってさらに良いです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ポルトガルのキャップ

Portugalfantalaranja06ポルトガルのペットボトルキャップ43個更新しました。

ポルトガルのキャップは、凝ったデザインのものが少ないですが、つまらないということはありません。整理もしやすいですし、扱いやすいのが助かります。

写真のキャップは、かっちょ良かったので、掲載してみました。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヨーロッパ最高峰の山は?

Russiaelbrus11ロシアのペットボトルキャップ33個更新しました。

写真のキャップは、「ELBRUS」というブランドのミネラルウォーターです。

エルブルス山(標高5642m)は、コーカサス山脈の最高峰でありヨーロッパ最高峰の山ともされています。
ヨーロッパ最高峰の山と言えばモンブラン(標高4810m)を想像される方もおられると思います。エルブルス山をヨーロッパ最高峰としたことに対する批判もあるようです。
以下、Wikipediaの『七大陸最高峰』の「エルブルス山はヨーロッパを代表する山か」に興味深い記事が載っているので一部引用します。

かつてヨーロッパの最高峰はモンブラン(4,810m)とされていた。しかし、東西冷戦の終結の後、旧ソビエトへの登山が増えた。現在は登山家の間ではヨーロッパ最高峰は、エルブルス山とするのが一般的である。
しかし、エルブルス山をヨーロッパ最高峰としたことに対する批判がある。エルブルス山のあるコーカサス地方は商業、人的交流、文化などの面でヨーロッパよりもむしろアジアに近い。そこで、エルブルス山の代わりにモンブランを入れるべきとする意見がある。
なるほどねー。キャップ1個からでも世界のいろんなことがわかるもんです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの普通のキャップ

Russiafirma01ロシアの普通のペットボトルキャップ66個更新しました。

今回は特にこれといって心惹かれるキャップはありませんが、写真のキャップはツルなんでしょうか、癒されます。

ロシアのキャップはすでに1,000個を超え、1,082個に達しています。2位はドイツの556個、3位はウクライナの505個ですから、2位以下に大きく水をあけています。
日本のキャップがすぐには追い抜かれることはありませんが、このまま推移すれば数年後には追い抜かれる可能性もあります。ドイツにもペットボトルキャップコレクターの友人がいますが、集めるのにかなり苦労しているようです。潜在的にはあまり多くないようですね。
中国がどこまで伸びて来るかですが、キャップコレクターがほとんどいないので潜在的にはたくさんあったとしても、実際に手にすることが出来る数は限定的と思われます。

日本のキャップはどのキャップも十分吟味され厳選されたキャップが多いと思うので、数ではロシアに追い抜かれることはあっても質では絶対に負けないようにこれからも良質でホットなキャップを世に送り出し続けて欲しいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

世界一大きなペットボトルキャップ!?

Zzrussiashishkinlyes01ロシアのどでかいペットボトルキャップ9個更新しました。

このキャップは、私が持っているキャップの中では一番大きいと思います。写真はほぼ実寸で48mm径です。
Shishkin Les」という会社のウォーターサーバー用ガロンボトルのキャップです。どおりで大きいはずですが、こんなものにもデザインを入れているんですね。驚きです。

日本でも探せば大きなキャップは見つかるかもしれませんが、好んで探したくはありませんね。どでかいキャップは好きではないので。
ま、暫定世界一大きなペットボトルキャップということで、紹介しました。

ちなみに、キャップのメーカーは「Bericap」です。大きな会社みたいですが、日本には生産拠点も販売拠点もありません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアの絵柄キャップ

Imageロシアの絵柄キャップ7個更新しました。

今回はヘンテコなキャップが多いですね。写真のキャップの絵柄はなんでしょうね。例によって向きがわかりません。ひょっとして逆立ちしているのが正解かもしれません。尻尾の感じが日本のお稲荷さんを連想させます。

どうみてもナットにしか見えない絵柄もあります。お国が違えば日本のキャップの絵柄も理解不能なものもたくさんあるかと思いますが、理解不能という点においてはロシアのキャップは日本のキャップをはるかに凌駕していると思います。
今日もまたまた悩ましい日々が続きます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

F!ってなんだろう?

Israelcocacolafi02外国のペットボトルキャップ40個更新しました。

写真のキャップは、イスラエルのキャップです。コカ社に間違いはありませんが、ブランドがわかりません。
最初はキャップの向きがわからなくて苦労しました。ボトルの上下が反対ですが、これで正解だと思います。なので、「F!」なんだと思いますが、これが何なのかさっぱりわかりません。

イスラエルで製造されているのだとは思いますが、コカ社の公式hpは存在しません。情報不足です。
ファンタのキャップですかねぇ。悩ましい日々が続きます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

jupiの珍キャップ

Czechjupi01Czechjupi02jupiはSloveniaのDroga Kolinska Groupのジュースのブランドだと思いますが、送って頂いた方からの情報では、Czech Rep.のキャップだということです。

このキャップは、初めて見るタイプのものです。
Czechjupi03Czechjupi04キャップ圣は28mmですが、ネジ山が違うのでペットボトルには嵌りません。また、固さが少し柔らかいので瓶のキャップかもしれません。

天面にはなんらかのコーティングがしてあるようで、少しベタついて盛り上がっています。印刷方法は直接キャップに印刷してあるのかシールのようなものが貼り付けてあるのかルーペで見ても判別出来ません。

今のところ、在庫は無いので皆さんにお分け出来ませんが、いつか入手できる機会があったら確保しておきたいと思っています。とても珍しく綺麗なキャップです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »