« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

クロムハーツ突撃情報

Chromehearts01クロムハーツ名古屋店(名古屋市中区栄3-6-1 ラシック1F)へ密使を送り込んだところ、見事重責を果たし、ミネラルウォーター200mlボトルを持ち帰って来ました。

このミネラルウォーターはJANコードがないので非売品ではあるのですが、お店に行けば1本150円で売ってくれます。インターネット上の情報を頼りに密使を送り込んだわけですが、その情報は正しかったですね。

ただ、このお店女性の方は抵抗なく入れるかもしれませんが、男性には非常に入りにくい雰囲気のお店に思えます。
入口の正面にはVIP用と思われる高級そうなソファーがど~んと置いてあって、威圧されます。なおかつ、全ての商品には値札が付いていないのだそうです。値段を気にせずにお買い求め下さいってこと?
無理無理、ワシにはとっても無理です。

私の放った密使はミネラルウォーターだけを注文した後、店員様に促されるままにそのソファーにでんと座って待っていたそうです。そんなある種の開き直りと図太さがないとこの任務の完遂はちょっと難しかったかもしれません。なんちゃって。
なんとも、妻は頼りになるものです。^^

なお、クロムハーツ名古屋店では、無事有償にて分けて頂くことが出来ましたが、その他のお店の事情まではわかりませんので、それぞれのお店にお問い合わせ下さい。
また、(株)ユナイテッドアローズが運営するのは、クロムハーツだけではありません。クロムハーツ以外のお店では販売していない可能性が高いのでお気お付け下さい。

最後に、上記の感想は私の個人的感想であることをお断りしておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チリのキャップ

Chileygana02_4チリのペットボトルキャップ53個更新しました。

写真のキャップには、スペイン語で「LLAMA AL 123 63 700 155」「Y GANA 5 PLAYSTATION TODOS LOS DIAS」と印刷されています。
“123 63 700 155へ電話しよう プレイステーションが毎日5つ当たるよ”てなことが書いてあります。
でも、キャップの裏には肝心のコードナンバーが書いてありません。電話してどーするのでしょうか?ラベルにコードナンバーが書いてあるわけないしなー。
コカ・コーラの製品なんでしょうけどブランドもわかりません。
電話してみればわかるかな。ぷっ。

今日、このキャップを取り上げたのは、話題性つまり記事にしやすいってことです。
ま、どうでもいいですか。ちゃん、ちゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チリの『コカ・コーラ、ファンタ、スプライト』のキャップ

Chilefantalight01チリの「コカ・コーラファンタスプライト」のキャップ達45個更新しました。

これだけ一度に揃うとちょっと壮観。ここのところ、ニューキャップの動きが鈍いのでモヤモヤしていたところですが、少しはスッキリしました。チリのペットボトルキャップコレクターからの頂き物です。

ときどき、たくさん更新するキャップの中からどういう基準で掲載するキャップを決めているのかと聞かれることがありますが、特に基準のようなものはありません。
今回でいえば、前回まで少し色の重いキャップが続いたので、明るいキャップで少し軽くしたかったというのと、デザインも美しいと思ったからです。

私の場合、美しいと思うのは、白地にブルー、オレンジ、レッド、イエローなどの色を使ったスッキリとしたデザインのキャップということになりましょうか。その点では、やはり日本のミネラルウォーターのキャップがとても好きなんですよね。

お気に入りのキャップは人それぞれ違うと思いますが、皆さんはどんなキャップがお気に入りなんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

マルスウイスキーの酒蓋

Homboshuzo13Homboshuzo12本坊酒造(株)信州ファクトリー「マルスウイスキー」の酒蓋です。
PICHICHAPUKOさんから送って頂きました。いつも、ありがとうございます。

ウイスキーの蓋で日本酒の酒蓋と同じ物を使っているのは大変珍しいです。初めて見た!!と思ったのですが、調べてみるとすでに同じマルスウイスキーの酒蓋を持っていました。
左側の蓋が今回PICHICHAPUKOさんから頂いたもので、右側の蓋が以前から持っていたものです。あまりレア過ぎて記憶からスッ飛んでいました。(^^;)
PICHICHAPUKOさんは、よくこんな蓋を見つけましたねー。非常にスルドイです!

本坊酒造は鹿児島県の会社ですが、長野県にウイスキーの醸造所があります。何年か前に工場見学に行ったことがありますが、良いところですよ。

今年のボジョレ・ヌーボーのペットボトルのキャップはプラスチックのものが登場しました。酒蓋も良いですが、プラスチックキャップも良いですよ。是非、ご一考を!^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

霧島の天然水

Waterfukuchisangyo01福地産業(株)飲料事業部「霧島の天然水」500mlペットボトルキャップ。採水地は、鹿児島県霧島市牧園町です。
大阪の友人から送って頂きました。いつも、お世話になります。

霧島市牧園町といえば、鹿児島県霧島市が製造する「関平の鉱泉」の採水地と同じですが、栄養成分はまったく異なっています。
ファミマでも、(株)ファミリーマート、伊藤忠商事(株)等が設立した「(株)クリーン・アクア・ビバレッジ社」が製造する「霧島の天然水」という商品を販売していますが、採水地は宮崎県小林市となっており、栄養成分もまったく違っています。

同じ霧島山系(鹿児島・宮崎両県にまたがっている)の水でも、三者三様の水ということですが、ファミマの水だけ白キャップです。キャップも三者三様になって欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

クロムハーツのノーマルキャップ

Watercromeheartsjapan02クロムハーツジャパン有限会社(東京都港区)「ナチュラルミネラルウォーター」200mlノーマルキャップ。採水地は、静岡県伊豆の国市
大阪の友人から中身入りで頂きました。いつも、ありがとうございます。ナイスです!

すでに発見済みのキャップは粗ギザでしかも内容量は320ml。さらに採水地は新潟県南魚沼市でした。
キャップとラベルのデザインは同じように見えますが、ボトルと中味がごっそりと変わっています。ボトルは妙に硬くてガラスに見間違えそうです。ボトルの底には「T.S」の刻印があるので、東洋製罐社製なんでしょうか?

日本におけるクロムハーツ商標権を有する国内独占輸入販売元であるクロムハーツジャパン(有)(リチャード・スタークと伊藤忠商事株式会社による合弁会社)の正規販売代理店となっている(株)ユナイテッドアローズ(東京都渋谷区)が青山、原宿、名古屋、大阪、福岡にクロムハーツ店を展開しています。

このボトルにはJANコードがないので非売品であることは明らかです。お店で商品を購入するともらえるそうですが、私には縁のないお店です。150円で購入できるという情報もあるようですが、さすがの私も突撃するには敷居が高すぎます。でも、いつか突撃してみたいですね。
あっ、どなたか突撃された方がおられましたら、突撃レポートお待ちしております。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

yoooさんからの頂き物

Sealwaterkiyosatonomizu01Zitalymaniva01ミネラルウォーター大全」を主宰するyoooさんから頂きました。
yoooさんは日本でも有数のミネラルウォーターテイスター(私が勝手にそう呼んでいる)で、水に懸ける情熱は非常に激しいものがあります。
ブログでは、キャップ画像も掲載してくれているので、いち早い新種情報を入手できることもあります。是非、ブログを訪れてみて下さい。

さて、左側のキャップは清里町焼酎醸造事業所(北海道斜里郡)の「清里の水」500mlシール付のペットボトルキャップです。

北海道では、『道産食品登録制度』というのがあって、キャップのシールには“北海道登録第1X0100015号”という登録番号が印刷されています。どの商品にも付けられる汎用のシールだとつまらないですが、この商品の登録番号なのでグッドです。

右側のキャップは、イタリアの「MANIVA」500mlですが、輸入業者は不明です。ときどきこういうボトルを見かけます。
キャップには「N」の文字が見えますが、イタリア語の「Naturale」(無発泡水)の頭文字です。イタリアでは「F」の文字のキャップもあり、Frizzante」(発泡水)のイニシャルです。
日本では圧倒的に「N」の無発泡水が人気なので、「F」の炭酸入りの発泡水の方は日本には入って来ていないかもしれません。

yoooさんには、水の専門家として常に大いなる期待と関心を寄せています。
今後も、あっと言うような超レアキャップ発見の一報を楽しみにしています。

どうも、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

C1000(R)付 ホットレモンティーキャップ

Housewellness01ハウスウエルネスフーズ(株)「ホットレモンティーC1000(R)付280mlペットボトルキャップです。

“もっともっとオレンジキャップを!”の熱い声援にOJさんが応えてくれました。
このC1000はセブンイレブンで売っていますが、名古屋ではまだ(R)無ししか流通していません。
東京は名古屋より流通するのが早いとしても、その情報をキャッチするアンテナがピンと立っていないとすぐに見つけられるものではありません。

OJさんは、この(R)付C1000が出ることを完全に予想していたそうですから、感度の良いアンテナに引っ掛からないわけがありません。私なんかアンテナはちゃんと立ってても変な方向向いちゃってますから、ちっとも役に立ちません。

オレンジキャップはOJさんの独壇場になって来た感があります。さすがですねー。
このままの調子で春のニューキャップラッシュまで突っ走って下さい。
“Bring us more and more Orange caps!”

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WELOVEとよた とよた元気プロジェクト 『とよた茶』

Toyotacha11あいち豊田農業協同組合(愛知県豊田市)「のもまい とよた茶」350ml。
JAあいち豊田謹製。豊田市農産物ブランド化推進協議会推薦。

情報とは、本当にありがたいものでこんな珍しいキャップを入手することが出来ました。「のもまい」は、三河弁で「のもうよ」といったような意味です。

この商品は以前から存在していましたが白フタでした。
今回、とよた元気プロジェクト実行委員会による“W E L O V E とよた『とよた元気プロジェクト』”が実施され、そのロゴマークが「とよた茶」にも採用されました。
ロゴマークのイメージですが、

市民マインドの高揚を表す赤を円に、その円からはみ出る「WE LOVE とよた」の文字は、自分のまちを愛する気持ちをエネルギーに枠を飛び出す元気さを表しています。また、文字の傾きは、右肩上がりの経済回復を表しています。

Aichitoyota01概要は、
1. プロジェクト名: 「とよた元気プロジェクト」
2 目的:景気の悪化に伴う沈滞ムードを市民意識の高揚を図ることで一掃し、地産地消の推進、消費喚起による地域経済の活力の向上を図ります。
3 実施期間:平成21年3月~9月末(予定)
となっています。

販売されている場所はごく限定されていて、愛知県豊田市内のJAあいち豊田Aコープ店と考えて良いと思いますが、その他にも東名高速道路「上郷SA」、名古屋空港(セントレアではありません)などでも販売されているという情報も頂いています。

このプロジェクトの実施予定期間はすでに終了していますが、キャップのデザインもボトルのお値段も文句なし!十分元気を頂きました。早く景気が回復して欲しいものです。

情報を公開して下さった方、その情報を元にさらに情報を収集して下さった方、皆様に大感謝です!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アサヒ飲料『烏龍茶』の王冠

Asahioolongteafbk01アサヒ飲料(株)「アサヒ 烏龍茶」200ml瓶の王冠です。

何気ない普通の王冠に見えますが、実は販売者Ver.です。王冠にも製造者Ver.と販売者Ver.があるのです。
製造者Ver.は製造所固有記号が“T”になっていますが、販売者Ver.の方は“FBK”になっています。

昨日のちょっとした新年会の席でゲットしました。もちろん、知っていてゲットしたわけではありません。こんな情報どこにもないと思うので。
なんでも根気よく持ち帰って調べてみるものです。こうして、少しずつお宝が増えて行くのですよ。うふ。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外国のキャップ

Norwaytabxtra01外国のキャップ19個更新しました。

写真のキャップは、コカ・コーラ社の「TAB X-Tra」で、2007年まではフィンランド、スウェーデンでも入手出来ましたが、現在ではノルウェーのみで入手可能です。

アイスランドのVifilfellというコカ・コーラの商品を製造する権利を持っている会社が1990年初めに「Tab Extra」という商品を発売しましたが、すぐに消え去ったそうです。

ダイエット・コーラですが、何か独特の味付けでもしてあるのでしょうか。
気になると言えば気になりますが、気にしてもノルウェーでしか売っていなければどうにもなりません。
デザインだけ楽しむことにしましょう。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JINROのマッコリキャップ

Zkoreajinrojapan01品名:マッコリ 1000ml
原産国名:大韓民国
輸入業者:眞露ジャパン(株)(東京都港区)

高知インターから少し走ったところのリカーショップでゲットしました。このキャップはすでに見つかっていますが、遠征先で運良く見つけられるとは思ってもいませんでした。

ラベルに「マッコリ」と印刷されているものは多いですが、キャップにまで「マッコリ」と印刷されているものは珍しいです。お味は日本の「にごり酒」に非常に似ていて、甘くて飲みやすいです。かなり日本酒を意識しているように思われます。

ということで、今回の高知遠征のニューキャップは韓国輸入キャップ2種でした。ちゃんちゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知へ行ったぜよ!

Zkoreawatervis103201品名:清涼飲料水(脱塩海洋深層水100%)
商品名:ウォータービズ 1032 500ml
原産国:韓国
採水地:韓国襄陽(ヤンヤン)国立公園
輸入者:シープロ(株)(東京都渋谷区)
入手場所:高知市の桂浜公園内の売店

Katsurahama01正月休みの混雑を避け、9日~11日までの3連休の高速割引を利用して高知、松山(道後温泉)まで行って来ました。
今、四国は坂本龍馬坂の上の雲でずいぶん熱いですね。

高速は往復2千円!と行きたかったところですが、料金所が何箇所かあったのと都市部は千円では走れないこともあって、結局9千円ほどかかってしまいました。もう少し下調べをしておけば良かったです。

高知は、お茶やお水のペットボトルが豊富に売られていましたが、ほとんど白蓋ですね。惜しいです!3日間を通して発見できたのは、この韓国産の水と同じく韓国産のマッコリのキャップだけです。

Harimayabashi01_2でも、日本のキャップで、広井茶生産組合の「しまんと紅茶」とトーホーフードサービスの「烏龍茶(EAST BEE)」を発見しました。どちらもレアの部類に入ると思います。

車なので荷物のことは気にしなくて済んだので、トランクいっぱいで帰って来ましたよ。「しまんと紅茶」と「しまんと緑茶」がどこへ行っても売っていたのには驚きましたし、なんだか普通に売られていたことがとっても嬉しかったです。

はりまやばしで♪土佐の高知の はりまや橋で 坊さんかんざし 買うを見た よさこい よさこい ♪と橋の上で鼻唄が出たのは言うまでもありません。^^

Matsuyama01松山ではキャップの収穫は何もありませんでしたが、道後温泉にのんびりと浸かることが出来たので目的は達成です。

高知も愛媛も市電がまだ走ってるんですね。名古屋も40年くらい前は市電が走っていてよく乗っていたものです。
最新式の電車ももちろん走っていますが、この電車はかなり古く車輪のゴーゴーいう音と振動が直に伝わって来る感触は、40年前の私が乗っていた電車とほとんど変わっていないような気がしました。変わらないことも懐かしさとともに妙に安心感があるものです。

広井茶生産組合のキャップもこのままずっと変わらなままであって欲しいとふと思ったりするのでありました。
おしまいっ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

この製品は加温機器で販売できます。

Jt11ジェイティ飲料(株)「味わいレモン」275mlオレンジキャップです。

OJさんからお年玉を頂きました。^^
今年も早々にありがとうございます!

この製品は加温機器販売できます。』は、「辻利」(275ml)のオレンジキャップも変更になっているそうです。
この製品は主にベンダーでしか見かけることがないとのことで、確かにこちらでもコンビニ等で目にする機会はなく、たまに高速の自販機で遭遇することがあるくらいでしょうか。

変更前は、『この製品は、加温器で販売できる製品です。』となっていました。その違いは明らかなので見ればすぐにわかりそうに思えますが、なかなかそこまで意識が行き届かないのが普通ですし、この『JT』のインパクトが強過ぎるので、変わり映えのしないキャップとして見過ごしてしまうかもしれません。

OJさんの頭の中には完全に「ドトールカフェ・オ・レ」の情報がインプットされていたと思います。その情報が引き出されたのは、推測とか直感とかではなくて、きっと必然であったことでしょう。凄いの一言です。

今年も幸先の良いスタートです。もっともっとオレンジキャップを!
本年もよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トップページのプチリニューアル

Kumazcapsworldindex2010
ペットボトルキャップコレクションの旅』のトップページをプチリニューアルしました。

背景画像を大きくしたので、多少賑やかになりましたが、あまり変わり映えはしません。ちょっと見辛くなったかも。他に改装したいページもあるので、ぼちぼちやります。

今後とも、よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謹賀新年

Conv201001010001
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

近所の神社に初詣に出かけるようになって10年以上経ちますが、初めて雪になりました。今年は何かが違うという予感をさせるような天候です。
燃え立つ炎はいつもどおりであって欲しかったですが、風が強くて薪も控えめとか。
え~い、今年はどんな年にしましょうや。

そこで、今年の目標です。

1.外国のペットボトルキャップを10,000個集めたい。

あと、500個位なので前半で達成できそう。それよりも日本のキャップを2,000個集める方が遥かに難しいです。
今年も、皆さんと良きご縁がありますようにと願うばかりです。

2.キャップ工場見学オフ会をやりたい。

昨年は、足掛かりさえつかめなかった。今年も状況は変わらないかもしれないけれど、諦めずにトライ!

3.本を出版したい。

いつでも、ゴーです。オファーを待つよりもまずは、出版社探しから。

4.テレビ出演したい。

いろいろとお話はあるものの、未だ実現せず。
地元のローカルな番組で良いので、もちキャップ関係で出演してみたい。

5.hpの改装をしたい。

頭の中にイメージがあり、構想まで至りました。コンセプトは同じなのでプチリニューアルですが、まずは一歩前進!

6.TOEICで700点超えを目指す。

昨年は、570点と不甲斐ない成績でした。汚名返上!

今年の主なウィッシュ・リストはちょっと控えめ。
願えば叶う。頑張ります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »