« 中日新聞社の取材を受けました。 | Main | ペットボトルのふた収集が、中日新聞の『文化』欄に掲載されました。 »

日科技連主催『第2回 マネジメントシステム監査員検定 EMS2級』不合格

2011年8月28日(日)13:00~14:30に実施された日科技連主催による『第2回 マネジメントシステム監査員検定 EMS2級』の「試験結果通知書」が本日届いた。会社を休んで自費で14,000円の受験料を払い込んでの挑戦であったが、結果は標題のごとく失敗に終わった。合格点は70点だが、得点は69点。わずか1点足りなかった。

しかしながら、私は100%の合格を確信していた。次回の1級の試験のことをすでに視野に入れていたところの不意の不合格通知。信じられない。私の努力が足りず出来も悪かったという外無いのだろう。

選択問題が45問と論文テーマが1問で合計100点満点。前回の第1回の選択問題は50問であった。何の予告もなく、今回50問から45問に変更となった。不審に思い受験中に試験官に確認したが間違いはなかった。しかも選択問題と論文テーマの配点すら不明。前回の3級の試験など得点すら知らされず、ただ「合格」のみの通知であった。

推測でしかないが、選択問題の出来栄えから論文テーマが50%程度の出来であれば合格は間違いと確信していた。
論文テーマは当然当日しかわからないわけだが、幸運にも私の得意とする「『法的及びその他の要求事項』の特定、維持、順守評価について、一般的な又は自身の事例を含め、200字から600字の間で述べよ」というものであった。

この問題を私がはずすはずがない。80%の出来栄えを確信しているが、この論文テーマの模範解答は公開されておらず、結果的に何点足りなかったかさえもわかっていない。自分で勝手に推測して反省せよということか。

最初から最後まで、閉鎖的で不親切で権威主義が見て取れる。日科技連の主宰する『マネジメントシステム監査員検定』とはこんなものか。おまけにたった1時間30分の試験で14,000円はバカ高い。どこにそんなに費用が必要となるのか。

合格を確信した試験だっただけにもう受験する気力も無ければこれ以上の能力も私にはない。ただ、こんな試験など受からなくても、立派に内部監査員も環境管理責任者も務まるのだ。権威主義に迎合することはない。ただ、ひたすら目の前の現実と格闘するのみである。

|

« 中日新聞社の取材を受けました。 | Main | ペットボトルのふた収集が、中日新聞の『文化』欄に掲載されました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/52855475

Listed below are links to weblogs that reference 日科技連主催『第2回 マネジメントシステム監査員検定 EMS2級』不合格:

« 中日新聞社の取材を受けました。 | Main | ペットボトルのふた収集が、中日新聞の『文化』欄に掲載されました。 »