« 韓国産『スッキリはじける ホンチョ(紅酢)ソーダ』のニューキャップ | Main | 台湾のペットボトルキャップ »

外国のペットボトルキャップ

Germanycocacola1989luneburg01外国のペットボトルキャップ15個更新しました。

写真のキャップはドイツのお馴染み?のコカ・コーラのキャップです。「1989」が製造した年だとするとこのキャップは1989年製となります。私が持っているドイツのキャップの中で最も古い年号は「1987」で、「1994」まで続いています。

ドイツのこのあたりのキャップは今から10年近く前に入手したと記憶しているのでこれらの数字は製造年で間違いないと思います。

日本で最初のペットボトルのキャップが登場したのは1996年前後と考えられていますが、ドイツのキャップはこれより9年前後も早く登場していたことになります。

日本で最古のペットボトルキャップが何であるのか気になるところですが、世界最古のペットボトルキャップも大変気になりますね。^^

|

« 韓国産『スッキリはじける ホンチョ(紅酢)ソーダ』のニューキャップ | Main | 台湾のペットボトルキャップ »

更新情報(ペットボトルキャップ)」カテゴリの記事

Comments

KUMAさま こんばんは

今回の記事、大変興味深く拝読させていただきました。

この 「1989」 キャップは、角に丸みを帯びていることから、典型的な 「オブリストキャップ」 の系譜に連なるものではないかと思います。これは欧州起源のキャップに見られる特徴の一つで、日本でも、大和ノーベンバル社の 「カド丸」 キャップにその名残を見ることが出来ます。

世界最古の樹脂製キャップですが、スイスのAlbert Obrist氏が開発した 「AOキャップ」 であることが既に定説となっています。発明者の人名を冠して呼ばれていることからも、その信憑性が伺えます。1971年、ミネラルウォーターに使用されたのが最初だと記録されています。ただし、PETボトルの特許が成立するのが、1973年ですから、この最古の樹脂製飲料キャップはガラス瓶に嵌められていたことになります。厳密な意味でのペットボトルキャップでないのが残念です。

さて、日本最古の樹脂製ペットボトルキャップですが、私の調査した範囲では、1996年に発売された 『キリンレモンセレクト』 のキャップではないかと思われます。なお、新聞記事では、前年の1995年頃に試験的に 『キリンメッツ』 においても導入された言う記述も散見されますが、残念ながら確認には至っておりません。

キャップの図柄は、中央横真一文字に 「キリンレモン」 の商標ロゴ、その上に小さく 「KIRIN」 のコーポレートロゴが添えられています。また、キャップ周囲には上方に 「販売者キリンビバレッジ㈱」、下方に 「東京都千代田区神田和泉町1番地」 の住所表記が囲んでいます。これは王冠における記載事項をそのままプラスチックキャップに移したものです。未だ、シュリンクラベルに情報を盛り込むという発想がなかった時代の話ですね。

ただ、この情報はモノクロ写真のみで、現物を見たことはありません。

実際に、ペットボトルキャップが今日のように樹脂 (プラスチック) 製になったのは、500mL以下の小型ペットボトル容器の使用が、1995年に解禁された後のことと言われています。

私は、スチール製やアルミ製の金属キャップが、今日のようなプラスチック製キャップに移行した頃のことを全く記憶していません。不思議です。恐らく、日常的にじわじわと普及して行ったものと考えられます。あの頃に戻れれば、もう見逃すことはないのにと、いつも臍 (ホゾ) を噛む思いです。トホホ。

案外とキャップに関する事実関係を掘り起こすのは大変なことで、当時の資料はほとんど存在しません。時折、むかしの映画の中に写り込んでいるペットボトル飲料に釘付けになりますが、キャップの詳細までは分かりません。でも、そうした瞬間に、過去の記憶の断片が蘇ることがあります。ちょっと興奮します。

言葉や画像で日常を記録していくことの大切さを実感します。KUMAさんのブログは私にとって、史上最大にして、最良なアーカイブスです。これからも、記憶のよすがとして活用させていただきたいと存じます。

OJ拝^^

Posted by: OJ | 2012.07.04 at 23:23

OJさん、こんばんは。

いつも、とても素晴らしいコメントをありがとうございます。このコメントだけでもすでにそのまま【ペットボトルキャップの歴史】の序章になりそうですね。この調子で是非、第一章を書き連ねて下さいね。期待しています。^^

日本の最古のペットボトルキャップの現物をこの目で見たいものです。我々の年齢のことを考えると現役のコレクターでいる間は不可能なようにも思えますが、Dozenさんのあの蒐集意欲と熱意に接するにつけ、まだまだ我々が歩んで来た年月と同じだけの年月を現役のコレクターとして過ごせるのではないかとさえ思えて来ます。

諦めずに、辛抱強く日本最古のペットボトルキャップを探し求めたいですね。それには、まずは健康第一です。お互いいつまでも元気でいましょうね。^^

Posted by: KUMA | 2012.07.05 at 21:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/55113946

Listed below are links to weblogs that reference 外国のペットボトルキャップ:

« 韓国産『スッキリはじける ホンチョ(紅酢)ソーダ』のニューキャップ | Main | 台湾のペットボトルキャップ »