« July 2012 | Main | September 2012 »

August 2012

UEFA Euro 2012 Eichbaum Crown Caps

Germanyeuropacupmen2012ukraineGermanyeuropacupmen2012poland2012年6月8日から7月1日にかけて、ウクライナとポーランドで開催された第14回目のUEFA欧州選手権(UEFA Euro 2012)に協賛して、ドイツのEichbaumというビール会社が発売した王冠です。

スペインが2大会連続3回目の優勝を飾り、大会史上初の連覇を果たしました。日本は参加できないのであまり馴染はないかもしれませんが、ペットボトルのキャップでは見かけることがあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010 FIFA World Cup Eichbaum Crown Caps

Germanyeichbaumworldcup2010southafrGermanyeichbaumworldcup2010spain2010年6月11日から7月11日にかけて、南アフリカで開催された第19回目のFIFAワールドカップ( 2010 FIFA World Cup)に協賛して、ドイツのEichbaumというビール会社が発売した王冠です。

史上初のアフリカ大陸開催となったこの大会で優勝したのはスペインで初優勝でした。日本は1回戦でパラグアイとPK戦の末敗退。ブブゼラ、予言ダコなど話題も多い大会でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011 FIFA Women's World Cup Eichbaum Crown Caps

Germanyeichbaumworldcupwomen2011gerGermanyeichbaumworldcupwomen2011jap2011年6月26日から7月17日にかけて、ドイツで開催された第6回目のFIFA女子ワールドカップ(2011 FIFA Women's World Cup)に協賛して、ドイツのEichbaumというビール会社が発売した王冠です。

参加国は16ヶ国。決勝で日本がアメリカ合衆国をPK戦の末に下し、FIFA女子ワールドカップにおける4ヶ国目の優勝国となった記念すべき大会です。ドイツ、日本とも6大会連続6回目の出場でした。

なでしこジャパンも見事でしたが、この王冠も見事ですね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沖縄バヤリースのニューキャップ

Okinawabireleys02(株)沖縄バヤリース『サンサントップ クリームソーダ』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。

2012年5月1日にニューパッケージ、ニューキャップで発売された模様です。ひろさんとBARUさんから同じ日に届きました。
ありがとうございました。

Sunsuntopcreamsoda01どうやら、イオンで売っているようですね。キャップのデザインは「Sun Son Top」の文字が小さめでクリアでないのが少し残念。名古屋のわしたショップではまだ販売していなかったので、今度はイオンに立ち寄ってみようと思っています。

沖縄バヤリースは1972年の設立で、今年は40周年なんだそうです。1982年にべストソーダ(株)が解散した後、原料とレシピを引き継ぎ、「サンサンクリームソーダ」として発売したそうですが、そのベストソーダのグレープとストロベリーの未使用王冠を幸運にも持っています。当然沖縄バヤリースの社名入りの王冠も存在するはずです。

パッケージには、60年代から80年代に使用されていたガラス瓶がデザインされていますが、なつかしい味なら、瓶の方がうんとレトロ感が出ますよねー。

沖縄県内限定のバヤリースオレンジの200ml瓶も販売されているようですし、復刻瓶、なんとか出ませんかねー。期待せずに待つことにしましょう。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドイツの未使用王冠達

Germanyunknown01Germanyunknown02ドイツの未使用王冠29個を更新しました。今回はたまたまご縁があってドイツの王冠コレクターと未使用王冠100個以上をトレードしました。

次回以降はシリーズ物を全4回にわたってご紹介します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのペットボトルキャップ

Brazilgewinncode01ブラジルのペットボトルキャップ25個更新しました。
このキャップの形状は、花弁のように見えますが、実際は大きめのナールの中にさらに細かいナールがあって、要は少しでも開けやすい工夫がされているのだと思います。ブラジル特有の形状ではなく、ヨーロッパの国々でもよく見かけられます。最近、世界中でいろいろな工夫がされたキャップが登場するようになりましたね。^^


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dozenさん、安らかに。

Dozenさんが亡くなってから2週間以上が経ちました。突然の悲報に言葉もなく、只々悲しみに暮れる毎日です。

Dozenさんが弊ブログに初めて投稿して下さったのは、2009年12月のことでした。爾来、メールでのやりとりが始まり、翌2010年5月の横浜中華街オフ会も参加され、ペットボトルキャップの意欲的な蒐集活動を続けて来られました。

Dozenさんの本格的なキャップ蒐集活動は、わずか3年足らずでした。しかし、その優しいお人柄と蒐集に懸ける真摯な姿勢と少年のような好奇心の発露はコレクター諸氏に多大な影響を与えるとともに、良き友としてまたキャップ界の切り込み隊長として、今後も多いに期待されまた慕われていた御方でありました。

2012年8月9日のことでありました。大変、惜しい方を亡くしました。
Dozenさん、これからも天国で私達を見護っていて下さいね。そして、いっしょにコレクションを楽しみましょう。明日から、またバリバリ更新しますよ。
短い間でしたが、たくさんの想い出をありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

黄桜『伏水』のニューキャップ

Waterkizakura03黄桜(株)『伏水(ふしみず)』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
福ちゃんから頂きました。いつもありがとうございます。

黄桜酒造黄桜に社名が変わっていましたね。2006年10月1日からだそうです。気が付きませんでした。キャップは商品名の「伏水」の文字が消え、社名の「kizakura」に。「黄桜麦酒」の王冠はすでに2007年にはこの「kizakura」が採用されているので、ペットボトルのキャップに採用されるまでにはかなり時間がかかったと言えます。

漢字の「伏水」は好き嫌いはあると思いますが、とても特徴のあるものでした。小さな河童のマスコットがバランス良く配されすっきりしたデザインとなった半面、アンバランスでも特徴のあるお馴染みの文字が消えるのは寂しくもあり残念でもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『XYZ』ノーマルギザキャップがプチリニューアル。

Waterglobescience04グローブサイエンス(株)『XYZsize』500mlペットボトルのノーマルギザキャップが『XYZsize』から「size」が消え、『XYZ』のみにプチリニューアルしました。
OJさんからの頂き物です。いつもありがとうございます。

名古屋でも探してみましたが、まだ切り替わっていませんでした。発見出来るのはもう少し先になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンガリアのカドギザキャップ!

Sangariakadogiza01(株)日本サンガリアベバレッジカンパニー『まろやかカフェ・オレ』500mlペットボトルのカドギザキャップです。ダイソーで発見。

ダイソーで白フタのカドギザを売っているらしいという情報を元にダイソーへ出かけましたが、発見したのはロゴ入りキャップでした。

先日、新登場したサッポロ飲料のカドギザの製造所固有記号は「20130306/SG」で、今回のサンガリアの製造所固有記号は「130314/SNG」です。キャップはどちらも大和ノーベンバル社製。
キャップの印刷の載りや外観は悪くなく、しかも開けやすいということになればこれからの主流になるかもしれません。カドギザキャップに注目!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

外国のペットボトルキャップ

Polandpolska11外国のペットボトルキャップ17個更新しました。
今回は、フランス、イタリア、モンテネグロ、ポーランド、セルビア、タイ、トルコ、ウクライナです。新しい国はありませんし、特徴のあるキャップも見当たりません。涼しげなキャップをチョイスしてみました。
とりあえず、生存報告ということで。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『土佐しまんと茶』のリニューアルキャップ

Hiroicha02Hiroicha03合同会社広井茶生産組合の500mlペットボトルのノーマルギザリニューアルキャップです。
ペットボトルキャップ時評』を主宰するOJさんから頂きました。いつもありがとうございます。

左側のキャップは「土佐しまんと緑茶」で、右側のキャップは「土佐しまんと焙茶」です。文字の濃さとか線の太さとか微妙な違いですが、並べてみるとその違いがおわかり頂けると思います。
カウントするしないは自由です。同じ商品での違いならスルーしていたかもしれませんが、商品が違うので私は違うキャップとしてカウントすることにします。

OJさんは、喉が渇いて水分補給に立ち寄ったパン屋さんで発見したそうですが、もし1種類しか販売されていなかったら見つからなかったかもしれませんし、たとえ2種類が並んでいたとしてもOJさんでなければ気が付かなかったかもしれません。偶然と言ってしまえばそれまでですが、やはりちゃんと見つかるべくして見つかったのだと思いますね。OJさん、絶好調!

ところで、「しまんと紅茶RED」はどうなっているのでしょうね。秀逸なデザインなのでリニューアルする必要もないとは思いますが、その一方で紅茶色のリニューアルデザインキャップを見てみたい気もします。コレクターの妄想は果てしなく続くのであります。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »