« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

JR東日本ウォータービジネス『acureなイイコトキャンペーン』 “秋”キャンペーンシールキャップ

Jreastjapanwaterbusiness02(株)JR東日本ウォータービジネスは、エキナカ飲料自販機「acure(アキュア)」で買ったその場で参加できる「acureで毎日ハレの日キャンペーン」 “秋”キャンペーンを2012年10 月22日(月)~12 月21日(金)(タックシール付商品無くなり次第終了)まで実施しています。

このシールは、コカ社の「ジョージア まろやかミルクのホットなカフェラテ」に付いているものですが、ペットボトルとしては他にもアサヒ飲料の「こんがり焙煎十六茶」にも付いています。

OJさんから頂きました。名古屋では絶対に入手不能なので大変助かります。ありがとうございました。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェリオの「CHANGE WITH」バージョン銀文字キャップ

Cheerio033(株)チェリオジャパン『お茶』500mlペットボトル「CHANGE WITH」バージョンの銀文字ノーマルギザキャップです。

本日までの収穫はこれだけです。トホホ。ボディーガードもまだ旧商品のままだし、金文字の方はまだ「CHANGE IT FOR」バージョンのままです。もう少し時間がかかりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金沢市企業局『「金沢の水」クラフト手まり』のシールキャップ

Sn3v00910001_3
Kanazawashikigyokyoku01金沢市企業局は、2012年9月15日(土)から金沢の工芸品である「加賀手まり」をイメージした350ml球形ペットボトル『「金沢の水」クラフト手まり』の販売を開始しました。

ボトルのパッケージは、美しい刺繍や兼六園の徽軫灯籠(ことじとうろう)を表現しており、紅葉の秋の赤色と雪吊りの冬の青色の2色があります。 球形ではありますが、デザインに合わせた16面体となっており手触りも良く凝ったものとなっています。

Conv201210270001また、加賀藩前田家の家紋「剣梅鉢」が印刷されたシールがキャップ天面部に貼られ、ボトルの底部には家紋が成形されています。
水は、犀川の原水を緩速ろ過したボトルドウォーターですが、軟水でかつ化学薬品を使用していないため、まろやかな味わいです。なお、デザインは金沢美術工芸大学との産学連携による製作となっています。

何かと話題の多いボトルですが、ひろさんから情報提供とボトルを送って頂きました。ありがとうございました。
キャップのデザインがシールなのが残念ですね。でも、印刷にするかシールにするか費用面もあったかもしれませんが、十分吟味された上での決定のような気がするので諦めましょう。

商品は金沢市内でしか販売されていません。金沢市企業局経営企画課に問い合わせても当局は卸売りのため小売りは致しませんとのつれないご返事ですが、箔座オンラインショップで赤青2個セットのボトルがギフト包装(無料)にて宅配便対応をしてもらえます。(オンラインショップのラインナップには掲載されていないため、メール又は電話での注文となります。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェリオ『チェリオ・ボディーガード24』のリニューアルキャップ

Cheerio052(株)チェリオジャパン『チェリオ・ボディーガード24』350mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
福ちゃんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

一見すると、見慣れたチェリオのキャップと変わりないように見えますが、実は大変大きな変更点がありまして。

Cheeriobodyguard2490「CHANGE IT FOR チェリオ(R)」が「CHANGE WITH チェリオ」になっています。スローガンっていうんでしょうか、コーポレートポリシーっていうんでしょうか、が変わって(R)がなくなりました。

この点について、チェリオのホームページでは確認出来ません。商品についても、新商品という表示なっていますが、この商品は以前から販売されているので、リニューアル商品ということなのでしょう。

チェリオは関東ではあまり見かけない商品のようですが、福ちゃんは良く見つけましたね。さすがというか執念のようなものを感じます。凄いですね~。

当然他の商品の白色シェルの金文字、銀文字バージョン、さらに粗ギザも変わっているはずです。全部チェックしなければいけませんね。とりあえず、コンビニはチェックしましたが、何も発見出来ていません。

今回はさすがのOJさんも深夜の徘徊とは行かないようなので、今度の休みに私がしっかりと徘徊して探索して参ります。入手出来次第ご報告致しますのでお楽しみに。それっ。^^

| | Comments (3) | TrackBack (0)

サントリー『抹茶入り 伊右衛門』の行書体へそありキャップ

Suntory1505サントリーフーズ(株)『抹茶入り 伊右衛門』2000mlペットボトルの行書体へそありキャップです。OJさんから速達で届きました。いつもいつも、ありがとうございます。

当然のごとく登場して必然のごとくOJさんに発見されました。ナイスですねー。私の拙い画像でもへそがはっきり見ています。グッドですねー。

これからの季節、2000mlを消費するのは少々辛くなりますが、まだ大丈夫。早く自力ゲットして頑張って消費しよーっと。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ネスカフェ エクセラ ブラック』のオレンジキャップ登場!

Nestlenescafe02ネスレ日本(株)『ネスカフェ エクセラ ブラック』280mlペットボトルの粗ギザオレンジキャップです。発売元は大塚食品(株)。
福ちゃんからの頂きものです。いつも、ありがとうございます。

今年はオレンジキャップが絶好調ですが、妙に地域性があって入手しづらいのが難点です。まだ、自力でゲット出来ていない商品がいくつもあります。

Nescafeexcellaネスレ日本のオレンジキャップは初登場ではありませんが、「NESCAFE」のブランドロゴでは初お目見えです。なのに、自力でゲットできません。ネスレ日本のhpにも今のところ情報は見当たりません。これはかなりレアになりそうな予感がします。

ブランドロゴの周りには、[オレンジキャップは加温販売できる製品の目印です。]と印刷されています。
ラベルには、[HOT&COLD この製品はホットでもコールドでもおいしくお飲みいただけます。]と表示されています。なので、“加温販売も”となっています。ということは、コールド主体で販売しているということなのでしょうか。不思議な表現ですが、初めての表現でもあると思います。
気になりますねー。あ~~、早く現物を見てみたいーーーっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

台湾のペットボトルキャップ

Taiwancocacola22台湾のペットボトルキャップ9個をはしおさんから頂きました。
いつもありがとうございます。最新のキャップですね。
キャップの色はカラフルだけど上品な色で、印刷のクオリティーも大変高いです。
9個のうち4個がローハイトキャップです。この点においても台湾は進んでいると言えますが、日本は遅れすぎですね。キャップの世界でも日本は世界から取り残されないか心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイリスオーヤマ『とうもろこしのひげ茶』 のオレンジキャップ

Zkoreairisohyama02OJさんからの頂き物です。いつも、ありがとうございます。
商品名:とうもろこしのひげ茶
原産国:韓国
製造者:廣東製薬(株)
輸入者:(株)オーヤマ
販売者:アイリスオーヤマ(株)
キャップ:粗ギザオレンジキャップ

Zkoreairisohyama90アイリスオーヤマ(株)は、ホット飲料市場に初参入し、コンビニ業界への販路拡大を目指し、2012年9月10日(月)に『とうもろこしのひげ茶 ホット用』を新発売しました。

全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで発売されているようですが、名古屋では影すら見えません。OJさんは、ナチュラルローソンでゲットされたとのことですが、ナチュラルローソン自体名古屋ではほとんど見かけません。
自力でゲットできるチャンスはあるんでしょうか?アイリスオーヤマさん!?

ところで、このオレンジキャップは国産ではなく輸入物ですが、輸入物のホット用オレンジキャップは本邦初登場となります。
ところが、韓国国内では販売されておらず、完全に日本向けに製造・輸入された物のようですから、取り扱いに苦慮するところでありますが、韓国で製造されていることは間違いないので、輸入キャップとして取り扱うのが妥当でしょう。

ただし、今後このようなキャップが増えてくることも考えられるので、増えて来た時点で国内キャップとして取り扱って良いものかどうか考えたいものです。

今年は、オレンジキャップの当たり年ですねぇ。まずは、珍しいキャップの登場を素直に喜びたいです。

なお、ボトルの写真はアイリスプラザから拝借しましたが、キャップの天面にはシールのような物が見えます。ただのサンプルなのかシールキャップが存在するのか定かではありません。サンプル画像は実際の商品と異なることが多々あるので、こんなところも面白いですね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その後、分かったこと。

何人かの国内外の友人の協力を得て分かったことがある。その中で浮かび上がったひとりの不審人物。確証は何もないけれど集めた情報から推測する範囲において明らかに危険人物である。というより、変人・奇人といった方が良いかもしれない。

2番目に書留郵便を突如送りつけて来た人物とは未だにバトル中だが、1番目に書留郵便を送りつけて来た人物との間には3月間何も起きていないし、その後、2人以外の不審人物からは何もコンタクトはない。まずは、2番目の不信人物とのバトルにけりをつけて様子を見るしかないが、このことは早く忘れることにしたい。詰まらないことにいつまでも関っていても仕方ないので。

ただ、今後もしまたこのような迷惑行為を働くようなことがあれば、さらに調査を進め、法的措置も含め撃退方法を検討しなければならない。

それにしても、『Russian forum of crown caps』との関りは何だったのか不明のままだ。手がかりになりそうな情報は持っているが、もう止めておこう。

外国からの不審なコンタクトには十分お気を付け下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンガリアの緑地シェルの粗ギザキャップ発見

Sangariaanatanocoha01(株)日本サンガリアベバレッジカンパニー『あなたのお茶』500mlペットボトルの粗ギザキャップです。

サンガリアと言えば、最近カドギザキャップを採用した実績があるので、一瞬期待しましたが、やはり粗ギザでした。
カラーシェルのカドギザも印刷の感じがどんな風になるのか見てみたいものですね。
Sangariaanatanocoha91さて、どこのメーカーが最初にカラーシェルのカドギザを採用するのか興味のあるところです。^^

秋のプチニューキャップラッシュは掛け声だけのつもりだったのが、いよいよ本物になりつつあるようですね。あっ、うれしっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AGFブレンディーのオレンジキャップ

Agfblendy11味の素ゼネラルフーズ(株)『ブレンディー ふわり薫る挽きたてホットカフェオレ』280mlフレンドリーボトルの粗ギザオレンジキャップです。OJさんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

2012年10月1日(月)からリニューアル発売されましたが、ニュースリリースによれば、
Agfblendyorangecap01この発売をもって〈ブレンディ〉ボトルコーヒーの主力全商品(12種)への、PETボトルto PETボトルリサイクル方式を採用した環境配慮型の新ペットボトル「フレンドリーボトル」の導入を完了したとのことです。

名古屋では、ブレンディーのホット飲料はどこのコンビニを探してもリニューアル前のボトルさえ見当たりません。一斉にどこかへ消えてしまったかのようです。つい最近までサークルKでは売っていたのですがね。
いずれ、市場にどっと現れると思いますが、それまでじっと待つしかありません。

デザインは、「ホット」の文字が入ってとてもかわいらしくなりましたが、説明文がハートアローのボトルに近過ぎて窮屈な感じがします。惜しいです。せめて、ボトルの直下の文字を回避するとかの工夫をしてもらえると良かったのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

困ったこと、その後。

調査をする中で分かったことがある。

最初にペットボトルキャップを送りつけて来たスペインのコレクターは不審人物である可能性がある。不正に個人情報を収集し、不正に個人情報を使用していることが危惧される。
このコレクターについて、スペインの友人にどういった人物か照会したところ、たくさんのコレクターを知っているけれどこの人物については全く知らないということだ。怪しい。王冠コレクターではない?
では、何故に王冠の要求をするのか。ただの愉快犯か?

さきほど、2番目に王冠を送りつけて来たスペインのコレクターからメールがあった。
[『Russian forum of crown caps』に投稿された私の記事は削除されている。まだ、誰かからキャップが送られてくるか?]だってさ。いったいなんなのさ。

[『Russian forum of crown caps』を検索すると、私が自分のブログに投稿した英文の記事が上位に表示される。その記事を見て善意の誰かが消してくれたか、犯人がまずいと思って自分で削除したか。しかし、そもそも、そんな記事が存在していたのかどうかさえもわからない。事態は依然混沌としたままだが、1歩動いたことは確かである。

引き続きこの事態打開のため、調査を継続する。

2012年10月5日(金)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

困ったこと。

最近困ったことがありまして。

記事の最上段に掲載しておりますが、『Russian forum of crown caps』というロシアの王冠コレクターの会がありまして、どうやらそこの掲示板か何かに私の名前と住所を勝手に使用して、[書留郵便でペットボトルキャップを送れば、王冠を送り返す。]といったような書き込みをした人物がいるようなのです。
それを見た2人のスペインのコレクターから書留郵便が届き、キャップを受け取った以上は約束だから王冠を送り返せと強要されている次第です。

郵便局の話によると、書留は本人宛てであっても家族がいれば誰でも引き渡せることになっているそうで、私の確認がなくても家族のサインをもらって引き渡してしまうそうです。郵便は人から人へではなく家から家へということなのでしょう。そうなると、私が受け取りたくない書留郵便物でも受け取ってしまうことになるし、全てを受け取り拒否にすると必要な物まで届かなくなります。

それでは困るので郵便局へ交渉に行って来ました。最終的には、[代引と同じで本人が確認出来なければ、その旨を配達員に申し出れば不在通知を置いてゆくので、後で連絡を下さい。]ということになりました。なので、当面は外国からの書留はすべて私が確認してから受け取ることにしました。

さて、一体誰が何ゆえにそんなことをしたのか?

以前、ホームページにロシアからの荒らしがあったことがあるのとブログにもロシアからスパムが大量に送りつけられたことがあることからロシアの誰かと考えていますが、確信はありません。
ロシアからは度々トレードメールが来ますが、必要ないので全てシカトしています。その恨みか何かかもしれませんが、まったくどういうことなのかわかりません。怖っ。
只今、外国の友人を通じて、『Russian forum of crown caps』というフォーラムを調査中です。分かり次第、状況によっては強く抗議します。

もうひとつ考えられるのは、書留郵便を送りつけてきたのはスペインのコレクターだけなので、そういうグループがあって迷惑行為を働いているのかもしれないということです。ただ、キャップはちゃんと送って来ているわけだし、数も10個から15個と非常に少ないので、悪意にしてはスケールが小さ過ぎるので単なる善意の人達とも考えられます。

困ったものです。長いことやってるといろんなことが起るものです。がはは。

2012年10月4日(木)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

To all collectors who visit my internet collection site and blog from 『Russian forum of crown caps』

I will never trade with any collectors who are going to make a blind trade.
Don't send me any caps by registered mail without my consent.

I have never belonged and will not take part in any crown caps forum around the world.
I have never requested to send me your caps in it.I'm afraid someone has forged my name in order to harass me in collection.

Kenji from Japan

Wednesday 3 October, 2012

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カルピス『ザ・プレミアム カルピス』のニューキャップ

Clpsthepremiumcalpis01カルピス(株)『ザ・プレミアム カルピス』350mlペットボトルのノーマルギザキャップです。

いつからこのパッケージとキャップに切り替わったのか定かではありませんが、名古屋でも本日サークルKで見つかりましたので、2012年10月1日(月)頃かと思われます。

Thepremiumcalpis90真紅のキャップになってオシャレになりましたね。私がコンビニで手に取った後、それを待っていたかのようにOL風の女性の方が持って行かれましたので、とりわけ女性に人気があるのかもしれません。な~んて、ふと思った今日この頃でした。

「大人のための格別な味わい」。いいですねー、かなーり濃厚で。それにしてもこのボトル大変目立ちますね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外国のペットボトルキャップ

Ghanacocacola02外国のペットボトルキャップ21個更新しました。

今回は更新するのが大変でした。これだけたくさんの国があって、それぞれの国の数も1個~3個と少ないです。こういう場合、手間が掛かるばかりでどうしようもありません。同じ国で数が多いのは問題ありません。ただ、時間が掛かるだけですから。

写真のキャップは、ガーナで合っていると思いますが、もし、間違っていたらゴメンナサイという他ありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »