« ドール『スウィーティオパインアップル100』のニューキャップ | Main | スコールのトランスフォーマーキャップ登場! »

セブンプレミアム『凍頂烏龍茶』の新型粗ギザキャップ

Sevenandiholdings03商品名:セブンプレミアム 凍頂烏龍茶
販売者:(株)セブン&アイ・ホールディングス
製造者:アサヒ飲料(株)
内容量:600ml
キャップ形状:新型粗ギザ(NCC社製ワンピースキャップ)
製造工場:アサヒ飲料(株) F/富士山工場

Asahipremiumoolongteabottle2014年06月23日(月)からセブンプレミアムPB商品として発売されているが、取り扱いがない店舗もあるため、何店舗かはしごをしなければならないこともある。

キャップデザインは汎用の「←あける」であるが、形状はアサヒ飲料「おいしい水六甲」と同じで、中央にほんの小さなへそがある。形状改良によりキャップ高が従来のものより低いものとなっている。とりあえず、新型粗ギザキャップとでも呼ぶが、通称などは知見されていない。

セブン&アイ・ホールディングスは、2007年からPB「セブンプレミアム」を展開し、順調に成長しているようだが、最近になって地味な汎用ニューキャップが登場するようになり、限定販売商品の登場と併せて、俄かにキャップコレクターの注目を集めている。

セブン&アイ・ホールディングスのコーポレートロゴキャップの登場が待たれるところだ。

|

« ドール『スウィーティオパインアップル100』のニューキャップ | Main | スコールのトランスフォーマーキャップ登場! »

更新情報(ペットボトルキャップ)」カテゴリの記事

Comments

KUMAさま こんばんは

私も、本日無事入手致しました。情報ありがとうございました。

この2013年にアサヒ飲料のペットボトル飲料において登場した新型形状の粗ギザキャップは、NCC社では 「28フックアセプEA」 と呼称されているようです。「28」 は口径28mm、「フック」 はTEバンドの内側の 「爪状」 構造、「アセプ」 は無菌充填、「EA」 の 「E」 は環境 (Ecology) 負荷軽減、「EA」 の 「A」 はフックタイプにおける最初の設計であることを、各々表しています。近い将来、改良型が出現した際には、「28フックアセプEB」、「28フックアセプEC」などと順次改称されていくものと思われます。

ところで、こうした堅苦しい呼び方は無粋な感じがすることと、いちいち表記するのが面倒なので、「粗ギザ(フック)」 もしくは 「フック」 という呼び方を提案したいと思います。いかがでしょうか? 恐らく、フックタイプのキャップはその用途から考えて、「粗ギザ」 に限定される筈ですので、「フック」 のみでも通用するかも知れません。

それと、この 「粗ギザ(フック)」 に似た外観のキャップで、日本山村硝子プラスチックカンパニー社製の 「粗ギザ」 (キャップの裏が 「クモの巣パターン」 のもの) で、天面部中央に目立たない程度の孔があるタイプのものが存在します。これも他のキャップと区別する必要がある場合には、「孔あり」 という呼び方を提案致します。この 「孔」 は 「射出注入孔」 の 「孔」 です。これには、コレクターの先達が考案した 「へそあり」 に対するリスペクトの意味も込めています。

以上、コレクター諸氏のご検討を賜りたいと存じます。

OJ拝

Posted by: OJ | 2014.07.25 at 01:43

OJさん、こんにちは。

「フック」という呼び方は、キャップの内側に着目したOJさんらしい発想ですね。

第一世代のキャップの通称として、ノーマル、粗ギザ、角丸、へそありなどがありますが、第二世代のウエーブナール、SKナール、カドギザなどの通称はOJさんの発案によるものであり、コレクターの間では広く親しまれて呼称されています。

今回出現したこの新型粗ギザキャップも通称を必要とする形状だと思うので、適切な通称があれば、キャップコレクター界に寄与するものと拝察します。

さて、この新型粗ギザキャップの外観上の特徴は、
1.高さが通常の粗ギザよりも少し低いローハイトになっている。
2.スカート部がなく(スカートレス)、ストレートになっている。
3.TEバンドが段付き(インデント)状態になっている。
4.中心部に小さな穴がある。
などで、その他製造上の加工方法の特徴などがあるかもしれません。

「フック」という呼び方は、簡単で呼びやすいかもしれませんが、直感的に右脳でキャップの画像と一致させるのは少し難しいように思えます。(左脳的には正解なのかもしれませんが)
これは、私の個人的感想ですが、通称の他の候補として、上記4項目を念頭に入れて考案して頂けると大変助かります。

Posted by: KUMA | 2014.07.26 at 15:03

KUMAさま こんにちは

名称の提案についてのご意見、ありがとうございます。やはり、直観的 (直感的) でないと駄目ですよね。もう少し、ましな名前を考えてみます。むかしのように、ギザギザの見た目で判別できた時代がなつかしいです。キャップがここまで多様化するとは思いもよりませんでした。これからのキャップについては、若い世代に大いに期待したいものです。

OJ拝^^

Posted by: OJ | 2014.07.28 at 13:13

OJさん、こんばんは。

ネーミングってとても難しいですよね。神がかり的なヒラメキがなければ、コレクターに受け入れられるようなものは浮かんできません。
私などひとつも実績がありませんし…。

さすがのOJさんでも難しいとなると、このキャップをどう呼べばよいのか?あー、もう絶望的。
やけくそで、イライラキャップとでも呼んでやるぜぃ。ぷっ。

そうですね。ここは第三世代の若い世代の方達への夏休み中の宿題とでもしておきましょうか。課題提出は、そうですね、8月31日ということでお願いします。ひぃ。

Posted by: KUMA | 2014.07.28 at 20:41

KUMA様 

こんばんは。

御陰様で無事確保しました。個人的にお気に入りキャップですが、いい名前はないですかね。

Posted by: ぬこ | 2014.07.29 at 16:01

ほんと、いい名前ないですかね。

Posted by: KUMA | 2014.07.29 at 18:57

何気に思いつきました。

LH型粗ギザキャップ(LHはLower Height)
Sl型粗ギザキャップ(SlはSkirtless)
CDH付粗ギザキャップ(CDHはCenter Dot Hole)

やっぱり、ダメか…

Posted by: KUMA | 2014.07.30 at 19:00

KUMA様

こんにちは

ど素人ながら

LS(ロー・ストレート)フック
LSヘソフック

これじゃ・・・ボツですね。(=´ω`=)


Posted by: ぬこ | 2014.08.03 at 15:27

ぬこさん、こんにちは。

なかなか良い発想ですね。
全部の要素が入っていてしかも呼びやすいです。
若干の説明が必要な場合があるかもしれませんが。

さて、コレクター諸氏はなんと呼ぶようになるのでしょうかね。

Posted by: KUMA | 2014.08.03 at 16:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4294/60009806

Listed below are links to weblogs that reference セブンプレミアム『凍頂烏龍茶』の新型粗ギザキャップ:

« ドール『スウィーティオパインアップル100』のニューキャップ | Main | スコールのトランスフォーマーキャップ登場! »