« August 2015 | Main | October 2015 »

September 2015

サントリー『贅沢ヨーグリーナ&南アルプスの天然水』のノーマルギザキャップ

Suntory56サントリーフーズ(株)『贅沢ヨーグリーナ&南アルプスの天然水』280mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
ペットボトルキャップ時評』を運営するOJさんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

ボトルの写真のキャップは粗ギザになってますが、このキャップは日本山村硝子社製のノーマルギザです。

ImageOJさんは自販機で偶然発見されたようですが、名古屋ではまだ550mlも280mlも粗ギザのままです。アセロラのバリアントもまだだし、やっぱり名古屋はサントリーとは縁が薄いようです。

ペプシゴースト』が、2015年10月6日(火)から季節限定で発売されますが、こちらの方はきっちりとニューキャップをゲットしたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青葉『心清水』のニューキャップ現る!

Wateraoba01(株)青葉(大阪府大阪市)『心清水(こころきよみず)』500mlペットボトルの粗ギザキャップです。

Crowncap research institute ~王冠研究所~』を運営する王冠コレクターのyouth-kさんが王冠といっしょに中身入りで送って下さいました。ありがとうございました。

Aobakokoroshimizubottle採水地は三重県松阪市。お水の硬度は180~340mg/L。採水地も大変珍しいですが、硬度が高いのも大変珍しいです。

2013年6月あたりから販売が開始されているようですが、いつからキャップにデザインが印刷されていたかは不明です。最初から印刷キャップだったのかもしれません。
お値段はお高めですが、ネットショップでも購入可能のようです。

地域限定販売ボトルのキャップは発見されることが難しいうえにコレクターまで情報が届くのは奇跡のようなものです。改めて、ネットワークの大切さ、人とのつながりの温かさを感じる今日この頃です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『南アルプスの天然水&はちみつレモン』のニューキャップ

Suntory57サントリーフーズ(株)『南アルプスの天然水&はちみつレモン』550mlペットボトルの粗ギザイエローシェル汎用ロゴキャップです。
2015年9月29日(火)から全国のセブン&アイグループ限定で新発売の予定ですが、どういうわけか珍しくも先行販売しておりました。3軒ほど確認しましたが、どのお店でも取り扱っていたので、全国的に取り扱いが始まっていると思われます。

Suntorytennensuibottleサントリーの天然水シリーズだから、汎用ロゴになるのは仕方ないですね。次は何色が登場するのか楽しみです。

それにしても、ここのところニューキャップが散見されるようになって、いよいよ前代未聞の秋のプチニューキャップラッシュが始まっているようです。今後も、ニューキャップ登場が予想されているので、メッチャ楽しみです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東日本ウォータービジネス『北陸麦茶めぐり』のニューキャップ

Jreastjapanaure01(株)JR東日本ウォータービジネス『北陸麦茶めぐり』280mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
2015年9月15日(火)より、JR東日本のエキナカ飲料自販機acure〈アキュア〉、JR東日本ウォータービジネス通信販売などで発売開始しました。
キムタケさんから、送って頂きました。ありがとうございました。名古屋では入手できないレア物ですね。

Jreastjapanacurebottle予定数量販売終了次第、第二弾(福井編:2015.11発売予定)・第三弾( 富山篇: 2016.1発売予定)へ切り替えとなりますが、たぶんキャップのデザインは維持されるでしょう。楽観的見方ですが。

本日現在、関東でも一部地域でしか確認されていないようですが、いずれJR沿線の駅では当たり前のように見かけられるようになるんでしょうね。やっぱり、東京はいいな。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コカ・コーラ『日本の烏龍茶 つむぎ』の半透明キャップ

Cocacolatsumugi02コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『日本の烏龍茶 つむぎ』2Lペットボトルの粗ギザキャップです。
「ペコらくボトル」を採用した2L PETボトルがあらたなラインナップとして、2015年9月21日(月)から全国で発売されました。

半透明シェルにつむぎ色ベタがとても映えてシックで何とも言えず素晴らしいです。
Cocacolatsumugi2lbottle烏龍茶は麦茶と違って季節を選ばないし、商品としてもかなり売れているようですから、ペコらくボトルの普及を図ったといったところでしょうか。

そろそろオレンジキャップの季節に入りつつあるこの時期のニューキャップはとでも嬉しいものです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊藤園『京都宇治抹茶入りお~いお茶』の粗ギザキャップ

Itoen9906(株)伊藤園『京都宇治抹茶入りお~いお茶』525mlペットボトルの粗ギザキャップです。2015年8月31日(月)の発売。
600mlはノーマルギザでしたが、525mlは粗ギザです。525mlでもノーマルギザはあるようですから、600mlでも粗ギザはあるかもしれません。

旧バージョンの「ゆっくりと振ってからお飲みください。」は、ノーマルギザしか持っていないけど、粗ギザがあったのかもしれません。そこんところは情報は未確認なので何とも言えません。
もし、あったとしたら取り逃がしということになります。どなたか情報をお持ちでしたら、よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウルグアイのペットボトルキャップ

Uruguaycocacola061ウルグアイのペットボトルキャップを30個更新しました。
写真のキャップは、波マークの入った懐かしい感じのキャップですね。古いキャップだったりするのかもしれません。
コカ・コーラやスプライトのキャップは特徴があっていいです。文字が超小さいのでしっかりと読み取れませんが、周りの国々から入って来るキャップも多いことでしょう。

国別にする意義があるのかと思ったりすることはよくありますが、その国で製造されたキャップではなく、その国で販売されているキャップとして分類することで、このHPは崖っぷちにあってもなんとか落っこちないで成り立っているのですよ。我ながら、上手い言い訳を考えたものだと今さらながら思うのであります。ぷっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アズナス20周年記念のシールキャップ

Sealershankyuhanshin01(株)エキ・リテール・サービス阪急阪神が運営する「アズナス」というコンビニが、今年20周年を迎えた記念シールです。
はしおさんの出張のお土産で頂きました。いつもありがとうございます。
関西ではお馴染みのお店かも知れませんが、私はまったく知りませんでした。なんせ、出張することもありませんし。あはは。

シールは、キリンの午後ティー各種や生茶に貼られていたそうです。
キャップの大きさにきっちりと合わせてある円いシールで偏ることもなくど真ん中に貼られています。出来も良く気持ちが良いシールキャップです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二軒茶屋餅角屋本店『伊勢角屋麦酒』の王冠

Nikenjayamochi02(有)二軒茶屋餅角屋本店『伊勢角屋麦酒 ペールエール』330ml瓶のリニューアル王冠です。
岐阜県の道の駅巡りの帰りに立ち寄った酒屋で見つけました。三重県の地ビールを岐阜県で見かけるのは珍しい気がして、店主に理由を聞いてみたい思いに駆られましたが、薄暗くし~んと静まり返った店内を見るにつけ、なぜか余計な詮索はしない方が良いように思えて、そそくさとお店を後にしました。

Isekadoyabeerpalealebottle「伊勢角屋麦酒」の以前の王冠は、黒地に「伊勢角屋麦酒」と横書き2段で印刷されていて落ち着いてどっしりとした感じのものでしたが、今回は薄緑地で「」が上下対象に大きく描かれており、かなり人目を引く感じのものになっています。

もう、何年も見かけなかったので、この間にデザインが何回か変わったのかもしれません。ラベルも一新され、いろんな工夫や努力をされているのだなと感じ入りました。
伊勢のお店に伺った時に親切にして頂いたことが思い出されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊藤園『京都宇治抹茶入りお~いお茶』のニューキャップ

Itoen9905(株)伊藤園『京都宇治抹茶入りお~いお茶』600mlペットボトルのノーマルギザキャップです。※写真のボトルは525mlのものです。2015年8月31日(月)発売の物を4日遅れでなんとかゲット。

ゆっくりと振ってからお飲みください。」から「よく振ってからお飲みください。」へ。

Itoenoiochaujibottle「ゆっくり」が「よく」へ変わっただけだけど、伊藤園の中でその間にどんな事情があってどんな議論がなされたかを考えるだけでも楽しいですね。

「ゆっくり」振るだけでは味が十分に引き出せないので、「よく」振ることで抹茶の醍醐味を十分に引き出そうということなのでしょうか。

そういうことなら、いっそキャップかボトルのどちらかもしくは両方にお茶を泡立たせるような構造物が成形されていて、よく振ると物凄く泡立って来るなんてのも楽しくありませんか。

文字を少しばかり変えたところで、味が劇的にかわるものでもなく、飲むときの心象的な味わいが変わるだけのような気がしますが。
ちょっと工夫すれば特許が取れるかもね。なんちゃって。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »