« May 2016 | Main | July 2016 »

June 2016

黄桜のフタフタフタ

Kyotokizakura03Kyotokizakura02Kyotokizakura01黄桜(株)のフタフタフタです。
今回更新したのは、左端の酒蓋ですが、同じデザインで王冠とペットボトルのキャップがあります。同じデザインで3種類のフタが揃っているのは、黄桜だけかもしれません。大変珍しいと思います。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第100回 日本陸上競技選手権大会」に行って来ました。

Cfp7g9ivaaihnnz_2

パロマ瑞穂スポーツパークで、「第100回 日本陸上競技選手権大会」の第2日が開催されたので行って来ました。
第2日目のプログラムは、男女の100m決勝が行われるなど注目の競技が行われました。

Conv0002_2

男子100m決勝では、日本人初の9秒台が出るかと期待されましたが、前日からの雨にたたられ平凡な記録に終わり、9秒台の記録はリオまでお預けとなりました。

結果は、1位はケンブリッジ選手、2位は山縣選手、桐生選手は3位でしたが、リオ五輪はケンブリッジ選手と山形選手が選ばれました。

シャッターを少し早く切り過ぎたので、ゴールのかなり手前で写ってしまいましたが、白いユニフォームがケンブリッジ選手で手前3番手を走っているのが桐生選手です。山縣選手はこの時点では1位だったと思いますが、最後はケンブリッジ選手に抜かれてしまいました。桐生選手に勝ってもわずか0.01秒差でリオ五輪の内定を逃したというのは、凄く悔しいでしょうね。でも、出場は有力のようですから、がんばって欲しいです。

会場は、そこそこの入場者で、午後6時30分の時点で2万4,000人ってアナウンスがありました。遅めに出かけたので、良い席がなく、雨にも柱にも祟られましたが、それなり楽しい貴重な時間が過ごせました。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディー・エヌ・エーのロゴキャップ

Dena01(株)ディー・エヌ・エー『ナチュラルミネラルウォーター』280mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
momokoさんが中身入りで送って下さいました。いつも、ありがとうございます。

DeNAのことを知らない人は、このキャップを見ても"落書きがしてある"としか思えないでしょうね。
Denabottle_2でも、ちゃんとした正式なロゴで実は非売品であることを知っている人は多くはないのかもしれません。

名称は「ナチュラルミネラルウォーター」としか記載されていないので、とりあえず「DeNA Water」とでも呼んでおきましょうか。採水地は、群馬県利根郡みなかみ町となっています。

このキャップの情報を頂いたのは今から3年ほど前のことで、それ以来ひたすら入手できる日を楽しみに捜索を続けていました。願えば叶うというのは本当だといつも思うことであります。

ディー・エヌ・エーの2015年の株主総会出席者へのお土産として、「横浜DeNAベイスターズ フェイスタオル、クリスピーサンドワッフルショコラ、会社案内、DeNAクリアファイル、ミネラルウォーター」が出たそうで、毎年そんな感じのお土産が出ていたのだと思います。

ところが、今年はそのお土産は廃止するとのお知らせがあって、当然、ミネラルウォーターも出ないので、株主総会に出席してももらえないであろうと推測されました。

momokoさんもこの時点でペットボトルのゲットを諦めたそうですが、たまたま総会会場近くに用事があって、会場に足を運んでみたら、出席者の喉を潤すためのペットボトルが置いてあったそうです。サーバーじゃなくて良かったぁ。

かくして、こんな偶然に恵まれてラッキーなことは起こるわけです。パッケージデザインもとてもナイスですね。
非売品は、一般では入手できないので、実に厄介です。せめて、販売箇所限定であっても購入できるようにして頂けるとコレクターとしてはありがたい限りなのですが。

IT関連企業などでプライベートなお水のペットボトルを用意されている会社はDeNA、サイバーエージェント社の他にもあるにはありますが、残念ながら白フタです。非売品のプライベートボトル自体がレアなのに、デザインを印刷している企業は数社しかないので、本当に貴重なボトルです。

探し続けたキャップが見つかって本当に良かったです。momokoさん、貴重なボトルをありがとうございました。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『ペプシストロング5.0GV』のニューキャップ

Suntorypepsistrong5gv02_2Suntorypepsistrong5gv01サントリーフーズ(株)『ペプシストロング5.0GV』のノーマルギザニューキャップです。
2016年6月21日(火)発売のところを、KUMAZCAPS御用達の先行販売店でゲットしました。

Suntorypepsistrong5vgbottle左側のキャップはCSI社製で1.5Lボトル、右側のキャップはNCC社製で490mlです。NCC社の方がロゴの色が薄いですね。

期待通りのロゴキャップで文句なしです!

今回は、[最高ガスボリューム5.0GV耐圧専用ボトル×ペプシ史上最強炭酸×強力カフェイン]ということで、挑戦的です。これも良いですね。

お味は懐かしい感じがします。やっぱり、コーラはこれでなくっちゃ。
『ペプシストロング5.0GVゼロ』の方は、本日は見かけませんでしたが、めっさ期待感が膨らみました。果たして「zero」のロゴは入っているのでしょうか!?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

セコマ『緑茶』商号変更キャップ

Seicomart11Seicomart02(株)セコマ『緑茶』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
やまちゃんから頂きました。いつも、ありがとうございます。
セイコーマートは、2016年4月1日から商号変更し、セコマになりました。

画像右側のキャップがセイコーマート時代のもので、左側がセコマのニューキャップです。

セコマの本社は北海道ですが、他の店舗は埼玉県と茨城県にあるのみなので、名古屋では馴染のない会社です。社名変更に当たっては、北海道内ではけっこう話題になったようですね。

名古屋人の私には、セイコーマートってけっこうスマートな社名で覚えやすいので良いと思っていました。セコマの方がなんとなくイメージしにくいですが、地元の方にとっては馴染の愛着のある社名なのかもしれませんね。

ところで、ロゴの真ん中の"O"の部分ですが、鳥が描かれています。ずっと、だと思っていましたが、調べてみるとフェニックスなのだそうですね。これも、地元の方にとっては当たり前のことかもしれませんが、知りませんでした。いろんなことがわかって面白いです。

北海道発のレア情報、今後ともよろしくお願いします。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マツキヨ『緑茶』のPB商品キャップ

Matsukiyo01リブ・ラボラトリーズ(株)(東京都文京区)『緑茶』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。

マツキヨのニューキャップが出た!という情報を頂きました。通勤の帰り道にマツキヨはありません。妻がたまたま買い物に出かけたので、買って来てもらいました。

地味な感じのキャップですね。情報を探してもちっともヒットしません。
PB商品だし、店頭に置いておけば宣伝しなくても黙って売れるということでしょうか。
もっと、ガンガンに売る気になってキャップにも力を注いで欲しいものです。なんちゃって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中里商店/深谷市水道事業『ふっか水』のコラボキャップ

427pxfukkasui

Fukayashi01(有)中里商店(埼玉県深谷市)『ふっか水』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
チャプコさんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

画像には「新発売」の文字が見えますが、発売日は平成26年6月28日だったようです。今から2年前のことですが、発売当初からこのデザインが印刷されていたかどうかは不明です。

一見するとシールのようにも見えますし、誰かが落書きしたようにも見えます。こういうキャップなら自作できそうですが、キャップに印刷するってかなり難しいのですよ。当たり前の話ですが。でも、自作のキャップ、作ってみたいですね。

それはさておき、このボトルの採水地(深井戸水)は埼玉県深谷市高島で、中里商店と深谷市環境水道部営業課のコラボ企画商品です。 販売場所は、深谷市役所本庁舎内ホール、道の駅おかべや市内のふっかちゃん自動販売機などで販売しているそうですが、中里商店に直接注文しても購入できるようです。

さて、「○ふ」の次は、「○っ」、「○か」と落書きシリーズが続くと面白いですね。新情報をお待ちしております。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『贅沢ヨーグリーナ&南アルプス天然水』のバリアントキャップ

Suntoryfrozen04Suntoryfrozen03サントリーフーズ(株)『贅沢ヨーグリーナ&南アルプス天然水』540mlペットボトルの粗ギザバリアントキャップです。

kinakoさんから送って頂きました。いつも、ありがとうございます。

今回kinakoさんから送って頂いたのは、左側の画像のキャップで右側のキャップに比べると、線がかなり細いです。
左側のキャップは日本山村硝子社製で製造所固有記号は「TA」です。右側のキャップはNCC社製で製造所固有記号は「S」です。

名古屋では、今のところ「S」のキャップしか見かけませんし、ほとんどの地域では「S」だと思いますが、中には「TA」のキャップが混じっているようです。なんとかこの「TA」のキャップを見つけよう奔走していますが、なかなか見つかりません。

全国同じような状況のように思われますが、いずれどこでも見かけることができるようになるかも知れません。その時が来るのを楽しみに待つのも乙なものですね。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »