« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

大塚製薬『ボディメンテ ドリンク』のニューキャップ

Ootsukabodymainte01大塚製薬(株)『ボディメンテ ドリンク』500mlペットボトルの粗ギザキャップです。
Wさんから頂きました。いつもありがとうございます。

この商品は、2018年1月22日(月)から、静岡県、福井県、石川県、富山県の4県でテスト販売されました。
Wさんは、静岡県のウエルシアでゲットされたそうです。
4987035267614なんでもウエルシア限定の先行販売ということのようです。なので静岡県以外の3県でもウエルシアで取り扱っているのだと思います。

発見が発売日から1ヶ月以上経過していますが、それでもこんなにも早く見つかるなんて、改めてキャップコレクターの底力を感じる今日この頃です。

大塚のキャップの匂いがプンプンする魅惑的なキャップですね。健康維持・増進への貢献を目指したコンディショニング飲料だそうです。お味までは確認できませんが、Wさん、行けそうでしょうか?
全国で発売されることを切に願っています。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サントリー『スターバックス ブランドの透明スパークリングドリンク』スタバキャップ新登場!

Suntorystarbuks01スターバックス・コーポレーション(米国)と、サントリー食品インターナショナル株式会社は、スターバックスブランドの透明スパークリングドリンク「スターバックス スパークリング リフレッシング テイスト(ノンカロリー)」、「同 スパークリング ピーチ スプラッシュ(ローカロリー)」を、2018年2月27日(火)から全国の「セブン-イレブン」で先行発売した。

L_sbf06283待望のボトルが発売されたわけだけど、グリーンシェルで「STARBUKS」のロゴ入りだからニューキャップで文句がないわけだけど、なんで「セイレーン」でないのかわけがわからない。スターバックスと言えば、そりゃ「セイレーン」でしょ。

STARBUCKS」も「suntory」も「S」で始まるから小文字ではあっても「suntory」に見えてしまうのよ。そこが狙いだなんてそんなケチ臭いことを考えているとも思えないし、インク代を節約したとも思いたくもない。
発売日は、スターバックスに配慮してきっちりと守ったというわけか。サントリーって、本当に不思議な会社だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー『伊右衛門 特茶』のフックタイプキャップ

Suntory1542_2サントリー食品インターナショナル(株)『伊右衛門 特茶』1000mlペットボトルのフックタイプキャップです。
2018年2月27日(火)に全国でリニューアル発売予定ですが、早くもフックタイプキャップも発売予定日前にゲットです。
500mlより若干ロゴの色が明るいですが、キャップのデザインがつまらないので、特に感動もないです。

L_sbf06163スターバックス ブランドの透明スパークリングドリンク「スターバックス スパークリング リフレッシング テイスト(ノンカロリー)」「同 スパークリング ピーチ スプラッシュ(ローカロリー)」が2018年2月27日(火)に新発売予定ですが、これは期待が物凄く大きいので、1日でも早く現物が確認したいですよね。

オープン発売日なら、1日も早くセブンイレブンの店頭に並べて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー『朝摘みオレンジ&サントリー天然水』の冷凍キャップ

Suntoryfrozen33サントリーフーズ(株)『朝摘みオレンジ&サントリー天然水』の540mlペットボトルの冷凍キャップです。

2018年3月6日(火)から全国でリニューアル発売予定ですが、早くも巷では出回り始めています。ちょっと早すぎませんか?

フライングというと他社と申し合わせたのにちょっと早く出荷し
L_sbf06341てしまったという意味合いに取れますが、自社の発売予定日の変更なので、フライングということもないのでしょう。

先行販売という意味合いでは問題ないように思えますが、あまりにも早すぎるので、もはや先行販売という言葉も適切ではないように思えます。新概念を考え出した方が良さそうですが、定価販売とオープン価格のようなものです。

サントリーが発表する発売日は無視して、発見した日がオープン発売日と考えた方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー『伊右衛門 特茶』のリニューアルニューキャップ

Suntory1541サントリー食品インターナショナル(株)『伊右衛門 特茶』500mlペットボトルの粗ギザ特茶リニューアルキャップです。

2018年2月27日(火)に全国でリニューアル発売予定ですが、巷では早くもちらほらと出回っているようで、名古屋でも発売日の4日前になんとかゲットすることができました。

L_sbf06164パッケージの特徴として、金色のトクホマークを中央に配置し、ラベル側面にも商品名と“体脂肪を減らすのを助ける”という文言を配したとのことで、天面に「特茶」と記載したオリジナルキャップを採用し、ひと目で「トクホ飲料であること」「特茶であること」が分かるパッケージに仕上げられているそうです。

トクホマーク」はお茶だけでなく、清涼飲料水にも使われるようになり、差別化が必要になったのでしょう。
キャップ天面に「特茶」と表記するのは悪くはないと思いますが、味気ないっすね。つまらないデザイン。パッケージにも大きく「特茶」と表記されているので、分かりやすくはなっているけど、つまらなさが倍増しているかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若潮酒造『さつま黒若潮』のリニューアル酒蓋

Kagoshimawakashioshuzo02_2若潮酒造(株)『さつま黒若潮』のリニューアル酒蓋です。
今までは中央の薩摩焼酎を証明する「認証マーク」と「SATSUMA SHOUCHU」だけでしたが、こんどはその周りに「JAPAN GEOGRAPHICAL INDICATION (地理的表示)」の文字が入りました。

薩摩焼酎】マークは、WTO加盟国間の国際的な知的所有権の保護規定であるTRIPS(トリプス)協定に基づき、地理的表示として「薩摩」が厳格な条件の下に認められたものだそうで、いくつかの約束事があって、それをクリアできた焼酎にのみ記載することができるものだそうです。

なんだか、スゴそうな焼酎ですね。「ザ・薩摩焼酎」ということなのでしょう。
たぶんずいぶん前からこのデザインに変更になっていたと思いますが、気が付かなかったのでしょうね。見つけられて良かった。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『ワンダ 乳酸菌コーヒー』のニューキャップ

Asahiwonda01アサヒ飲料(株)『ワンダ 乳酸菌コーヒー <希釈用>』490mlペットボトルの「4倍濃縮」ノーマルギザキャップです。2018年2月20日(火)新発売のところを、本日KUMAZCAPS御用達先行販売店にてゲットしました。

どのメーカーも「4倍濃縮」の4文字は変わらないですが、アサヒには「あける→」が付きました。
Image予想通りのニューキャップで嬉しいです。今度はどのメーカーがこの「4倍濃縮」戦争に参戦するのでしょうか。

さあ、これから続々とニューキャップが登場しますね。近年はニューキャップラッシュの時期が従来より少し遅くなって、その分長く散発的になっています。プチニューキャップラッシュが断続的にやってくるみたいな感じです。

さて、今年のニューキャップラッシュはどうなりましょうか。楽しみです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麒麟麦酒『一番搾り<黒生>』の王冠

Kirinbeerichibanshiborikuronama02麒麟麦酒(株)『一番搾り<黒生>』334ml瓶の王冠です。
一番搾りブランドから、黒ビール「一番搾り スタウト」の後継商品となる「キリン一番搾り〈黒生〉」が2017年10月10日(火)から全国で新発売しました。

近所の酒屋さんから2ヶ月くらい前から「スタウト」が消えてしまって残念に思っていたところ、今日行ったら、「スタウト」が置いてあった場所に「黒生」が置いてありました。

麒麟の王冠で無地のものはないと思うので、新商品が出れば新デザインというのも嬉しいです。この良き伝統はずっと引き継がれて欲しいものです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中京サインボトリング『郡上八幡の天然水』の王冠

Chukyosignbottling06中京サインボトリング協業組合『郡上八幡の天然水』360ml瓶の王冠です。
デザインは変わっていませんが、住所が2006年に師勝町が北名古屋市に合併したことに伴い、表記が「愛知県師勝町」から「愛知県北名古屋市」に変わっています。
前の王冠は12年前にゲットしたということですね。なんか、ちょっと感慨深いものがあったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアのドロップキャップ

Italydrop07イタリアの王冠コレクターの方との交換でらったペットボトルキャップ13個です。
王冠コレクターの方は「drop cap」と呼んでいました。正式な名称ではないと思いますが、たぶんミネラルウォーターのキャップで水のしずくをイメージしたものでしょう。
イタリアらしいユーモアのある楽しいキャップ達です。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルボン『ウィングラム』のニューキャップ

Bourbonwingram01(株)ブルボン『ウィングラム』500mlペットボトルのノーマルギザキャップです。
チャプコさんから頂きました。いつもありがとうございます。

この商品は、2017年8月8日(火)に通信販売で新発売されました。発売からまだ半年あまりですからたぶん最初からこのブランドロゴが印刷されていたものと思われます。

Bourbonwingrambottle2017年11月21日(火)からは、スポーツ店店頭での販売が始まり、アマゾン等のWEBストアでも購入できるようになりました。

チャプコさんがどのような経緯でゲットされたかは定かではありませんが、スポーツ店店頭だとすると発見が遅れるのも無理はありません。

この商品を取り扱っていないスポーツ店もあると思うので、まずはいろいろ当たってみて、見つからなければWEBストア頼みということですかね。でも、お値段はめっちゃお高いですから、なんとしてもスポーツ店で見つけなければね。

それにしても、デザインはどっしりと貫禄があって、でもちょっとカッコ良かったりします。これからのブルボンに期待できそうな予感がします。これ一発で終わらないように次のニューキャップを楽しみにしておりますよん。^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レトロな王冠達がやってきた。

Minseidodrink01Mainichikosenjyo01ジャンボフェニックスさんからいただいた王冠16個です。使用済み王冠が2個と未使用王冠が14個です。

ジャンボフェニックスさんは、ソフトドリンクの王冠を集めておられますが、殊に各地の廃業した会社も含めソフトドリンクメーカーを自分の足で訪ね歩き、未使用王冠の発掘と蒐集を喜びとしておられる夢追い人です。

私も未使用王冠にはとても魅力を感じるので、かつては地ビールメーカーを訪ね歩いたこともありますが、各地に点在するので、面白いように集められるものではく、かなりの苦労を伴います。

どの王冠もジャンボフェニックスさんが苦労して集められた大変貴重なものばかりですが、その中から掲載用にふたつの王冠を選んでみました。

右側の王冠は山口県の(株)民正堂飲料水工場の「あめゆ」で、左側の王冠は岡山県の(有)毎日鉱泉所の「ホームコーラ」です。どちらもレトロ感が半端ないですが、ライナーはコルクなので、そうとう古いものですね。
でも、王冠の表面とコルクのどちらもとても状態が良いので、大切に保管されてじっと出番を待っていたのでしょう。

私的には、オリオンビールの「オリオンドラフトビール」の未使用王冠も何気に嬉しかったりしますが、まあ、それにしてもほとんどが会社名を見たこともないレアな王冠達ですね。

貴重な王冠をありがとうございました。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『ウィルキンソン ジンジャエール』のリニューアル王冠

Asahiwilkinsongingerale02アサヒ飲料(株)『ウィルキンソン ジンジャエール』190ml瓶のリニューアル王冠です。

大きく変わった点は、製造所固有記号が「SKT」だったのが、「製造所 兵庫県明石市二見町南二見1-33」になり、原材料名が詳細に記載されています。

明石工場は「T 、L」のはずですが、そもそも「SKT」ってどこなんでしょうね。製造所が変わったとも思えないので、単なる固有記号の表記方法の変更なのだとは思いますが。

ドライジンジャエール」と「トニック」は特に変わっていなかったと思います。順番にこの表示形式に変更になるのかもしれないので、しばらくは要観察です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »