« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

東京FM『Please テルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』オンエアーなる。

Conv0001

東京FM『Please テルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』の「マニアの扉」のコーナーで、ペットボトルキャップマニアとしてゲストで招かれて、その時の様子が2018年6月2日(土)と6月9日(土)の2週に分けて放送されました。
放送エリアは、ネット局13局(FM秋田. ふくしまFM. FM GUNMA. FM栃木. FM福井. FM富山.FM GIFU. FM三重. FM山口. FM大分. FM鹿児島、FM沖縄 *FM高知 5.19(土)28時~29時 *FM香川 ファイル配信 1日遅れ)です。

名古屋では放送されていないので、2週目の放送が終了した後ディレクターの方が2週分のデータをまとめて送って下さいました。
聞きたいような聞きたくないような、でもドキドキしながら聞いてみました。
1回の放送時間がほぼ1時間と長いので、私の話も2週分で30分~40分あったかもしれません。1時間ちょっとお話したので、半分くらいは使われたみたいですが、きちんと編集はされていたので、安心しました。ヘタコイタところも多々あったかと思うので。

私のしゃべりはいつもの悪い癖が出ていたので、こんなものだと思いますが、MCの吉田照美さんもアシスタントの秀島史香さんもプロなので当たり前と言ってしまえばそれまでですが、フォローがとてもお上手で、さすがでした。これでちゃんとオンエアになって楽しく聞けるのですね。

ディレクターの方にも放送作家の方にもお世話になりました。テレビは用意周到に準備がされますが、ラジオはあっけないくらいに終了します。それだけ、MCやアシスタントの方の切り回しの良さだったり、知識の豊富さ、ウィットなどのスキルが高いのでしょうね。良い体験ができました。

Image1

写真は全部ディレクターの方が撮って下さいました。私はなんだかかしこまって表情がかなり硬いですね。これでも、笑っているつもりですけど。はは。
キャップはたくさんは持っていけなかったので、お気に入りのキャップ、お水のキャップ、スペインのサッカーリーグとポケモンのキャップと空のペットボトルを10本程度持って行きました。

そうそう、吉田さんと秀島さんのサインを頂きました。スタジオへ行く前に東急ハンズでサイン帳とサインペンを購入して用意していました。もっと早く用意していれば、もっとたくさんの著名な方達のサインが頂けたかもしれません。

出演料なるものも頂きましたが、往復の新幹線代に少し足りなかったですね。どこの局もお足代とは言わないで出演料って言うんですね。出演料っていう響きは良いですが、交通費と言ってもらった方が気は楽ではあります。

いろいろと反省点ばかりで、いつも今度こそはと思っているのですが、また同じ失敗ばかりです。この次は無いかもしれませんが、もし何かの機会に恵まれれば、また楽しんで出させて頂きたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊藤園『香り豊かなお茶 緑茶』のモスグリーンキャップ

Itoen990302Itoen990301(株)伊藤園『香り豊かなお茶 緑茶』320mlペットボトルのモスグリーンキャップ(画像左側)です。

王冠研究所」を運営するyouth-kさんから頂きました。いつもお世話になります。

H411048_3l1このボトルはyouth-kさんが出席された会議で出されたものだそうですが、なにかがいつもと違うとお気付きになって、わざわざ保管して下さって、一度確認してみて欲しいということでお送りくださいました。

さっそく手持ちのキャップと比べてみると、「お~いお茶 ぞっこん」(画像右側)の方はグリーンで「香り豊かなお茶緑茶」の方はモスグリーンでした。

どちらもNCC社製なので、バリアントというよりも意図的にキャップの色合いを少しだけ変えている可能性があります。

この商品は、伊藤園のHPのラインナップにもなく一般的には見かけないので、飲食店向けの商品なのかもしれません。
私も何かのお土産で頂いた記憶があります。(そのときは、この違いには全く気付きませんでした。)

youth-kさんは王冠コレクターでいらっしゃいますが、キャップとは通じるところがあるので、こんな違いにも気付かれるのだと思います。それにしても凄いですね。また、ひとつ貴重なコレクションが増えました。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGF『ブレンディ®タグゴー』のニューキャップ

Agfblendytaggo01味の素AGF(株)『ブレンディ®タグゴー』500mlペットボトルの粗ギザグリーンシェルキャップです。

2018年6月12日(火)に全国で新発売のところを、昨日3日遅れで無事ゲットしました。

ニュースリリースには、全国のコンビニエンスストア限定と記載P862_2されていますが、今のところどうもセブンイレブン以外でゲットしたという情報を聞いたことがありません。まあ、別にどこで売っていてもゲットさえできればそれで良いのですが。

キャップには「COFFEEand」と印刷されています。「and What?」。キャップのデザインとしては悪くないとは思いますが、なにか意味不明のような。これでちゃんとメッセージは意図通りに伝わっているのでしょうか。
それと、私はSNSはやらないので、不案内ではありますが、「タグゴー」ってねー。

ラベルのデザインは、「ブラック」と「カフェオレ」各4種類の計8種類あります。キャップもその日の気分に合わせて8種類用意してもらえないものなんでしょうか。ラベルとキャップの組み合わせで64種類のバリエーションが楽しめるって素敵じゃないですか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『ワンダ TEA COFFEE ブラック×煎茶』のニューキャップ

Asahiwandateacoffee02アサヒ飲料(株)『ワンダ TEA COFFEE ブラック×煎茶』525mlペットボトルのグリーンシェル粗ギザコーポレートロゴ汎用キャップです。

2018年6月12日(火)より全国で発売予定のところを、本日KUMAZCAPS御用達先行販売店にてゲットしました。

0305_2_1_b『カフェラテ×ほうじ茶』が2018年を4月17日(火)より発売されてから2ヶ月弱が経過しての発売です。

グリーンシェルであったので、ニューキャップであることは確実と思われていましたが、実際にニューキャップでなによりでした。
S社のように大きな期待がされていたにもかかわらず、いざ発売してみるとただの無地のグリーンシェルだったという悲惨な事態も最近あったばかりなので、若干の不安はあったものの、見事コーポレートロゴ入りでやれやれです。

アサヒはキャップコレクター諸氏の期待を裏切りませんでした。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『カラダにピース』に「あける→」が付くの巻

Clps0702Clps0701アサヒ飲料『カラダにピース』に「あける→」が付きました。

いつから付くようになったのかはわかりませんが、コレクター様の発見情報や、「カラダカルピス」 TVCM第2弾が、2018年6月8日(金)より全国で放送開始になったことなどから、6月8日(金)あたりではないかと推測されます。

左側のキャップは『カルピスウォーター』500mlペットボトルのフックで、右側のキャップは『カラダカルピス カロリーゼロ』500mlペットボトルの粗ギザです。
画像上では、この違いはほとんどわかりませんね。
今日のところでは、ノーマルは発見できませんでしたが、どこかに潜んでいることでしょう。

これから、青色シェルにも「あける→」が登場すると思われるので、注意深く観察しなくちゃならんですね。ウシっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』のニューキャップ

Suntory6205サントリーフーズ(株)『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』500mlペットボトルのゴールドシェルノーマルギザキャップです。

2018年6月5日(火)に全国のコンビニエンスストア・交通売店限定で新発売しました。

L_sbf06881コーポレートロゴだけじゃなくて、きっちりと「開栓時ふき出し注意」の文字が印刷されているところが良いですね。

このシリーズはどこまで展開して行くのでしょうね。こういう期待感があるからコンビニ巡りは止められません。^^

それにしても、「無糖・0kcal ジンジャー」はいいけど、ほとんどジンジャーの味がしないな。あ~、ワシも歳を取ったということだな。そうそう、なんだか香りはしたなとか一応書いておこう。ぷっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『夏みかん&「カルピス」』のフックキャップ

Clpsfrozentype03アサヒ飲料(株)『夏みかん&「カルピス」』490mlペットボトルのフックキャップです。ダイソーでゲットです。

2018年5月22日(火)新発売しました。この時からフックが採用されたかもしれませんが、この商品のすべてがこのフックというわけではありません。

0514_1_2_bニュースリリースを見てみると、「商品キャップイメージ」が掲載されています。

イメージだから、きっとデザインデータを採用しているのでしょうね。ギザの状態もわかりませんし。可能なら、実物大のキャップの大きさにして欲しいところですが、キャップイメージまで掲載してくれていることは、本当にありがたく嬉しい限りです。

アサヒ飲料さんには、これからもボトルイメージとキャップイメージがセットで掲載するのが当たり前になるそういう時代が来るまで、頑張って欲しいですぅ。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ