« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

朝日麦酒『迎春』の王冠

Asahibeergeishun198001朝日麦酒(株)『迎春1980』の王冠です。今から38年前の王冠ですね。ライナーはもちろんコルクです。
私はたまたま『迎春1983』の王冠を持っています。この「迎春」シリーズがいつから始まったものかわかりませんが、少なくとも1981年と1982年の王冠はあるはずです。
迫力と華やかさと貫禄がありますね。

王冠は歴史が長いだけにペットボトルキャップよりはるかに深みがありますね。
コレクションも30年、40年と続けてなんとなくその歴史について語れるのかもしれません。ペットボトルキャップの20年後はどうなっているのでしょうか。無事に生き残っていてくれて、未来のキャップコレクターがキャップの歴史について語ってくれることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGF『ブレンディータグゴー ホワイトミルクコーヒー』のニューキャップ

Agfblendy43味の素AGF(株)『「ブレンディ®タグゴー」ボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー』500mlペットボトルの粗ギザキャップです。

2018年10月30日(火)に全国のコンビニエンスストアにおいて期間限定新発売しました。デザインは同じですが、白色シェルLキャップでゴールド文字になりました。

Agfblendytaggo01_2今回はオンタイムでゲットできましたが、なんだかヒヤヒヤの日々が続きます。

さて、デザインの向きですが、私はこの向きが正解だと思って掲載しています。理由は何もありませんが、ただ分かりやすく自然だと思えるからです。

向きにこだわりたくはありませんが、こだわる方もおられるようなので味の素のお客様相談室に問い合わせ中です。たぶん、近日中に回答は頂けると思いますが、この向きが間違っているのであれば即正解の向きに訂正します。
ただ、向きにこだわるのであれば、伊藤園のタリーズコーヒーのようなデタラメな向きであって欲しくはないと思っています。

なんだか、わけのわからんつまらんキャップ業界になってきたな。ぷっ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コカ・コーラ『ジョージア ジャパンクラフトマン ブラック』のニューキャップ

Cocacolageorgia1104コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『ジョージア ジャパンクラフトマン ブラック』500mlペットボトルのグレイシェル粗ギザニューキャップです。

上方の「←あける」が、「開栓前によく振ってください」に変わりました。「カフェラテ」の白色シェルキャップは、すでにこの表示に切り替わっており入手済みですが、「ブラック」の方4902102127271c_c0がなかなか見つからず本日やっと入手できました。

名古屋は最近田舎化が激しいので、発見が遅くなることが多々あります。フックの方もどちらも未だに見つかっておりません。発見は時間の問題ではあると思いますが、もう少し遅れそうな気配です。

私にとっては、いかに早くゲットするかという時間が問題なのですが、見つからないものは見つからないので、見つかるまでのんびりと待つしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー『CALEB's KOLA(キャレブズコーラ)』の王冠

Suntorycalebskola01サントリーフーズ(株)『CALEB's KOLA(キャレブズコーラ)』200ml瓶の王冠です。『王冠研究所』を運営するyouth-kさんから頂きました。いつもありがとうございます。

『CALEB's KOLA(キャレブズコーラ)』は、2014年10月にニューヨーク州のブルックリンで発売されたこだわりのクラフトコーラです。ブランド名は、ペプシの創始者であるCaleb Bradham氏の名前を冠しています。
17_0_fba7456adff2018年3月に日本に初上陸し、サントリープロダクツ(株)が製造し、サントリーフーズ(株)が販売を開始しました。王冠もNCC社製なので国産の王冠となります。

王冠のデザインがなんともクールですね。
お味はペプシコーラとどんな風に違うのか飲んでみないとわかりませんね。販売店若しくは飲めるお店の情報が見当たりませんが、大変珍しいグラスボトルなので、いつかどこかでボトルを手に取って味わってみたいものです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西村物産『清涼飲料水』の未使用王冠

Nishimurabussan01西村物産(株)(広島県尾道市)『清涼飲料水』の未使用王冠です。ジャンボフェニックスさんから頂きました。

西村物産は、私の王冠コレクションの中では初めてのメーカーになりますが、すでに廃業されているとのことです。
王冠はコルクのライナーの付いた大変古いものです。状態も大変良いので、よく残っていたものです。

飲料の成分は、「砂糖・酸味料・香料」となっているので、清涼飲料水の基本ですが、何の飲料だかわかりません。どんなラインナップがあったんでしょうね。瓶の形やデザインも気になったりします。

大変貴重な王冠を頂きました。ジャンボフェニックスさんに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットボトルキャップ セカンドトレードリスト

Conv0001

ペットボトルキャップ セカンドトレードリスト」です。
こちらのリストのキャップについては、ペットボトルキャップ以外のものでも交換しますので、お気軽にご相談ください。
なお、このリストについては適宜入れ替えますので、ご了承ください。

交換基準はこんな感じです。

リストのキャップ1個について、
1.酒蓋:3個
2.王冠:2個
3.道の駅の記念きっぷ:3枚
4.ペットボトルキャップ:1個
5.マンホールカード:1枚 ※すでに持っているカードは2枚

1枚について、
1.交通系ICカード:ペットボトルキャップ2個
2.道の駅のスタンプラリーブック:ペットボトルキャップ3個

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きララ『VIVO』の粗ギザキャップ

Waterbeltek02(株)きララ『VIVO』500mlペットボトルの粗ギザキャップです。
Wさんから頂きました。いつもありがとうございます。

このボトルは名古屋でも売っていますが、たまにしか見かけることはありません。
ノーマルギザのボトルを購入したお店に行ってみましたが、もう取り扱っていませんでした。

Vivo500ml採水地は、静岡県伊豆の国市。当初は輸入していたようですが、2009年に同地に工場を建設して国内製造に切り替えたようです。

デザインはまったく同じでもノーマルギザと粗ギザではかなり印象が違って見えます。
綺麗なデザインなので、粗ギザも是非持っていたいものですね。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤園『タリーズ コーヒー スムース ラテ』のニューキャップ

Itoenzhotandcold05株)伊藤園『タリーズ コーヒー スムース ラテ』500mlペットボトルの粗ギザニューキャップです。
2018年10月15日(月)からリニューアルして、順次販売を開始しました。「HOT&COLD」キャップです。

グリーンシェルでオレンジ色と来ればもう少し目立っても良いように思いますが、何気に地味ですね。
181015tullys20smooth20latte500jpgちょっと工夫が足りなかったかも。惜しいですね。

275mlは2018年10月29日(月)から発売しますが、自動販売機向けです。こちらの方も気になるので要チェックですね。^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コカ・コーラ『ジョージア 贅沢カフェラテ』のリニューアルキャップ

Cocacolageorgia41コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『ジョージア 贅沢カフェラテ』280mlペットボトルの「温冷兼用」リニューアルキャップです。
開栓前によく振ってください」の文字が追加されました。
momokoさんから頂きました。いつもありがとうございます。

この商品は名古屋の自販機でも販売していますが、
ImageGEORGIA」のままです。製造所固有記号は「C(セントラル/東海)」。

momokoさんから頂いたキャップの製造所固有記号は「W(イースト/岩槻)」なので、名古屋では見られないかもしれません。でも「紅茶花伝」は追加の文字のない「温冷兼用」キャップなので、いずれは自力でゲットできる期待感が高いので楽しみです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シージェイジャパン『美酢(ミチョ)』のリニューアルキャップ

Zkoreacjjapan03商品名:美酢(ミチョ)
原産国:韓国
輸入者:シージェイジャパン(株)
内容量:900ml
キャップ:粗ギザ
購入場所:イオン八事店

Image1美酢(ミチョ)のリニューアルキャップです。コストコまで出掛ければ売っていますが、最近では家の近所のイオンでも見かけるようになりました。

「マスカット」、「パイナップル」、「ピーチ」の3種類を売ってましたが、ザクロはなかったな。

ザクロは美味しかったのでザクロがあれば良かったけど、パイナップル味ってどうなのかな。
消費するのにけっこう時間がかかるから、どうか口に合って美味しく飲み乾せますように。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカ・コーラ『ヨーグルスタンド B1乳酸菌』のノーマルギザキャップ

Cocacola0902コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『ヨーグルスタンド B1乳酸菌』190mlペットボトルのノーマルギザキャップです。2018年10月1日(月)に全国で新発売しました。

発売日から6日遅れでゲット。ノーマークでしたね。ニューデザインを期待しておりましたが、いつもの汎用ロゴだったので、油断しました。

Cocacolayogurstandbottle今までは、「FROM Coca-Cola」バージョンの粗ギザはありましたが、ノーマルギザはなかったのです。

ひょっとしたら、ずっと取り逃がしたままになっていたかもしれません。事なきを得て良かったですよぅ。^^

せっかくのインパクトのあるパッケージデザインなので、キャップもキャップ史の1ページにしっかりと刻まれる新デザインであって欲しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『バヤリースオレンジ』粗ギザの(R)違いキャップ

Asahibireleys24アサヒ飲料(株)『バヤリースオレンジ』1.5L粗ギザの(R)が大きいCSI社製キャップです。従来の(R)が小さいキャップは、NCC社製です。

バヤリースの粗ギザは、比較的少ないのではないでしょうか。
私の近所では1店舗でしか見かけていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛田『青天の霹靂こめ茶』のリニューアルキャップ

Morita02盛田(株)『青天の霹靂こめ茶』350mlペットボトルのノーマルギザリニューアルキャップです。momokoさんから頂きました。
いつもありがとうございます。

2018年02月23日(金)に新発売されましたが、開発したのは食品卸の丸大堀内(青森市)と酒類・飲料製造の盛田(名古屋市)です。

Lalasite_494003104379824_1発売当初は青森県内を中心とした東北地域の量販店や道の駅などで発売が開始されましたが、首都圏では2018年4月頃発売が開始されたようです。

キャップのデザインは発売当初からこのデザインが印刷されていた模様です。
同じデザインのキャップは、2017年8 月 29 日(火)に発売された 『ハイピース 和栗の紅茶』でも使用されていますが、今回は「Hot」の部分の色が濃い橙色から薄い橙色に変わりました。

本来はこの薄い橙色を想定したようですが、『ハイピース 和栗の紅茶』では想定外の色になってしまったようで、この色にリニューアルされた模様です。家の塗装でもそうですが、当初意図した色と違ったものになってしまうことがキャップの世界でも時々あるようです。

不思議なのは、実際のキャップの刷り色が想定外だったとすると、製造者は同じ盛田だから『和栗の紅茶』のときにわかっていても良さそうだけど、『青天の霹靂こめ茶』の色が変更になったのは2018年9月頃だと推測される(実際、9月頃には薄い色と濃い色が混在して売られていた)ので、発売から半年以上経過してから変更されたようだということです。

『ハイピース 和栗の紅茶』jは、もし『青天の霹靂こめ茶』と色が違っているとするとキャップの充填間違いとう管理上の問題が発生する可能性があるので、たぶん同じになっていると思いますが、未確認です。
販売者が違うので、違う色でそれぞれ製造されていたとしてもおかしくはないので、そうだとするとこれはこれで面白いですがね。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000年前後のレアキャップ達

Cocacolabritishstyle00Agf00上段2個のキャップは、NCC社ヘソありユニロックキャップです。
ユニロックは見たこともあるし、持ってもいるけど、このふたつのキャップは2000年前後のものと思われるので、もちろん持っていませんでした。

Asahiteao04Image画像左側のコカ社の「紅茶花伝」は1992年に340g缶が発売されましたが、ペットボトルは1996年に発売しているので、このキャップはひょっとしたら初期のものだったりするのかもしれません。

画像右側の「AGFカプチーノ」のペットボトルは、2000年2月21日発売です。
下段左側のアサヒ飲料「Teao(ティオ)」は、キャップ側面に「980525」の賞味期限が印刷されているので、賞味期限が1年だとすると1997年5月頃製造されたのではないかと推測されます。このTeaoも販売者バージョン製造者バージョンがあります。このキャップは販売者バージョンです。
製造所固有記号は「JF」になっており、他の製造所のものもあってやはり製造者バージョンと販売者バージョンがあるようです。

右側のサントリーのキャップは、同じデザインのものを持ってはいましたが、文字がかすれて消えかかっていました。とても状態の良いキャップに変わって嬉しいです。

今回もトレードで、コカ社の赤色シェルの長野コカ・コーラボトリング(株)K、仙台コカ・コーラボトリング(株)Z、利根コカ・コーラボトリング(株)Uと白色シェル赤色ベタの三笠コカ・コーラボトリング(株)Tも頂きました。このキャップ達は、1990年代後半のものだと思われます。

これらのキャップ達は画像では見たことはあるので、私の持っていないキャップリストの中にはありました。でもこんなレアなキャップ達が現実に手元にやって来る日が訪れるとは、夢にも思っておりませんでしたので、とても嬉しいですが残りの人生の全ての幸運をここで使い果たしてしまわなければ良いなと思っています。

まだまだ、探しているキャップ達はたくさんあるので、よろしくお願いします。
スペシャルトレードリストは、何回か更新したので、良ければまた見て下さいな。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカ・コーラ『ジョージア ジャパンクラフトマン カフェラテ』のニューキャップ

Cocacolageorgia11コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『ジョージア ジャパンクラフトマン カフェラテ』500mlペットボトルの粗ギザニューキャップです。

上方の「←あける」が、「開栓前によく振ってください」に変わりました。コカ・コーラもちょっとは学習しましたかね。ふふっ。

Cocacolageorgiajapancraftmanbottle「ジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテ」コールドの方のニュースリリースは特に見当たりませんが、加温PETの方は2018年10月1日(月)から全国で新発売であることから、同日にコールドの方のキャップもリニューアルしたのではないかと推測されます。

新発売ではないので、一斉に切り替わることはないようで、順次切り替わり、新旧が混在状態のようです。

「よく振る」理由があるのかな?輸送中に散々振られてるじゃん!なんちゃって。コカ社から嫌われない内に今日はこの辺で早々にきりあげよっと。

コカ・コーラさん、これからも頑張って下さいよ。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »