« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

アサヒ「『カルピスソーダ』芳醇青りんご」のフックキャップ

Clps10 アサヒ飲料(株)「『カルピスソーダ』芳醇青りんご」500mlペットボトルのフックタイプキャップです。

2019年5月28日(火)に新発売のところを、1日遅れでゲットしました。8月末までの期間限定発売だそうです。
このデザインのフックタイプキャップは、他の商品にも使われる可能性はありますが、フックタイプ自体地域によって入手できる0524_1_1_b
時期などがマチマチであったり、入手できないこともあります。

2018年5月29日(火)に期間限定で新発売された「『カルピスソーダ』スイートレモン」のように、その後同じキャップを見かけなくなってしまった例もあるので、この時期に必ず押さえておきたいものです。

| | コメント (0)

伊藤園『TULLY’S COFFEE Smooth BLACK & SUGAR』のグリーンシェルニューキャップ

Itoenzhotandcold08 (株)伊藤園『TULLY'S COFFEE Smooth BLACK & SUGAR(タリーズコーヒー スムース ブラック アンド シュガー) 』の500mlペットボトルのグリーンシェル粗ギザニューキャップです。

2019年5月27日(月)に新発売のところを、1日遅れでゲットしました。

190318tullys20coffee2002 2019年3月18日(月)に新発売された280mlボトルの方は、最近名古屋でもやっと見かけるようになりましたが、500mlはすんなりとゲットできて一安心です。
でも、なんだかなぁ、スターバックスのキャップの2番煎じみたいだしなぁ。

| | コメント (0)

日本の地ビールの王冠達

BARUさんから頂いた日本の地ビールMinakuchishuzo06 Minakuchishuzo05
の王冠達です。      
上段の王冠は愛媛県の水口酒造(株)で、中段左側の王冠は和歌山県のボイジャーブルーイング(株)、中段右側の王冠は島根県の(株)石見麦酒で、下段の王冠は兵庫県の(有)山本屋です。

各県の地ビールが集まりました。Iwamibakushu01 Voyager01      
モノトーンのシブイ王冠が一度に3個も集まるのも珍しいです。 

地ビールもなかなか王冠の絵柄の情報を得ることが難しいものなので、大変助かります。   

今回もブルワリーの名前などを調べるのYamamotoya01
ビアクルーズさんのHPを参照させて頂きました。本当にお役に立つ情報が満載でありがたいです。

王冠もマンホールカードも好物ですので、何かありましたらよろしくお願いします。^^ 

| | コメント (0)

オリーブスパの『PREMIUM WATER』のニューキャップ

Waterpremiumwater01 (株)オリーブスパが取り扱っている『PREMIUM WATER』500mlペットボトルの粗ギザニューキャップです。

BARUさんから頂きました。いつもありがとうございます。
BARUさんのブログで2019年5月25日(土)にアップされたばかりのキャップがもう手元にあるなんてびっくりです。

Ab0f78e888d94e096d46ed63c6b8aa15 さて、この商品ですが、販売者はプレミアムウォーター(株)となっています。採水地は島根県浜田市金城町となっていますが、製造者名が記載されていません。調べてみると、(株)ケイ・エフ・ジー(島根県浜田市金城町)のPB商品であることがわかりました。

一見すると、外国のキャップのようで、なかなかカッコいいですね。名古屋でも1店舗だけお店があるようなので、一度訪ねてみたいと思っています。きれいなお嬢様がお出迎えしてくれると嬉しいな。^^

そうそう、ケイ・エフ・ジー社では他にもたくさんのPB商品を製造しているので、丹念に一社ずつ潰して行けばオリーブスパ社のようなデザインキャップに巡り合えるかもしれませんね。(ケイ・エフ・ジー社がデザインキャップのある商品を教えてくれると手っ取り早いですが、以前に同様のPB商品を製造している会社に問い合わせたことがありますが、お客様の情報は提供できないという理由で教えてもらえなかったことがあります。)

| | コメント (1)

日本ヒュウマップ『有機ルイボスティー』のニューキャップ

Nihonhumap04 (株)日本ヒュウマップ『有機ルイボスティー』350mlペットボトルのノーマルギザニューキャップです。
Wさんから頂きました。この度もまたお世話になりました。

どうやって、見つけるのでしょうね。見つけ方はWさん独自のノウハウだったり、感性だったりするので見つけ方については非Dzp41dwuyaauqeb
公開にさせて頂こうと思います。ただただ、私ももっと頑張らねばと思うばかりです。

さて、この『有機ルイボスティー』は、パチンコ店などを運営する(株)ダイナムの女性活躍推進チーム「なでしこプロジェクト」がプロデュースして出来上がったものだそうで、ダイナム社のパチンコ店景品としてゲットすることができます。
ダイナム社らしいインパクトのあるデザインです。

過去には、 冠麗茶、天麗茶、馨凍頂烏龍茶、有機黒烏龍茶の4種類のペットボトルがリリースされています。日本ヒュウマップ社のHPにはまだラインナップとして掲載されておりませんので、発売日などの詳細について、ダイナム社に問い合わせておりますが、未だに回答はありません。また、シカトされたようです。仕方ありませんね。後日でも、情報が入ることがあれば、コメント欄にて報告できればと思います。

新種がどんどん出ますね。まだゲットできていないキャップがたくさんあります。取り逃がさないよう頑張らねば。この夏をしっかりと乗り切りましょう!^^

| | コメント (0)

サントリー『やさしい麦茶』のフックタイプニューキャップ

Suntorygreendakara13_2 サントリーフーズ(株)『やさしい麦茶』600mlペットボトルのゴールドシェルフックタイプニューキャップです。

Wさんから頂きました。いつもありがとうございます。
Wさんから自販機で販売しているとの情報を頂いて、すぐに近くの自販機を確認しましたが、旧来品でした。

Image_15 常にキャンブルがつきまとうので、早々に諦めてWさんにお願いしたところ、速達で送ってくださいました。

自販機で販売している商品は、発見するまでに時間がかかることが多く、ゲットした情報は少しでも早く流さないとなかなか発見できないことが多いです。Wさんは情報は新しいに限ることをよく理解して頂いているので、速達で送って下さったということです。

自販機限定商品は、誰かがギャンブルして発見して、しかもその情報を提供してくれないとコレクター諸氏の知るところとはなりません。

ただ、画像をアップしているだけでは、なんのことかさっぱりわかりません。意味不明で情報の価値としては極めて低いです。
そんなに情報の出し惜しみをしたいのでしょうか。
情報を発信している意味がわかりません。

店売りの650mlの方は、「この商品は冷凍もできます。」に切り替わったばかりなので、このタイプのデザインに切り替わることは当分ないように思われます。あとは、どのボトルでどのタイミングで粗ギザやノーマルギザが出るかということでしょうね。

今後とも、コレクター諸氏の自販機限定キャップ情報をお待ちしております。^^

 

| | コメント (0)

サントリー『C.C.レモン』のニューキャップ

Suntorycclemon11 サントリーフーズ(株)『C.C.レモン』1.5Lペットボトルの白色シェルノーマルギザニューキャップです。

『C.C.レモン』のニュースリリースがやっと今頃出ましたね。2019年5月28日(火)にリニューアル発売だそうです。5月初めにすでに市場に出回っているのに、5月28日にリニューアル発売のニュースリリースが流れるとは驚愕です。

1.5Lボトルもリニューアルのはずだけど、"その他の容器・容量につきましても同日発売となります。"とのアナウンスがあるだけで画像がありません。HPの方もリニューアル前の画像のままだし。5月28日になったら変わるのかな。

でも、デザインはレモンが模ってあって、シンプルだけど爽やかで、やっぱり白色シェルは良いですね。それにしても、サントリーは本当によくわからん会社です。

| | コメント (0)

サントリー『デカビタC フレーフレー ゼリー』のニューキャップ

Suntorydekavita11 サントリーフーズ(株)『デカビタC フレーフレー ゼリー』270mlペットボトルのニューキャップです。

2019年5月14日(火)から全国で新発売しましたが、自動機販売限定です。コレクター様からの情報を元に自宅近くの自販機をくまなく捜索しましたが、見つかりませんでした。

L_sbf08442 名古屋から1時間30分くらいあるところに用事があって行きましたが、近くにメガ・ドンキがあったので立ち寄ったところ、入り口のところにある自販機で販売していました。超ラッキーです。

ほとんどの自販機では取り扱っていないと思いますが、10台くらいチェックし回れば運良くゲットできるかもしれません。

情報をお寄せ下さったコレクター様は、キャップが赤色ではなく白色だったので、ギャンブルしたところビンゴだったそうです。発売日から、わずか8日あまりで、よくこんなに早く見つかったものです。

こういう情報がなければ、なかなかゲットできるものではありません。今のところレア品だと思います。いつでも、アンテナを張り巡らし、果敢にチャレンジするものですね。^^

| | コメント (0)

アサヒ『三ツ矢サイダー ダブル』の特保フックタイプキャップ

Asahimitsuyaciderw02 アサヒ飲料(株)『三ツ矢サイダー ダブル』485mlペットボトルの特保フックタイプキャップです。

リニューアルしたんだと思いますが、ニュースリリースがまったく見当たりません。
まぁ、特保キャップにもフックタイプキャップが出たということで、メデタシメデタシという他ありませんね。

Image_14 キャップは、アサヒの炭酸用フックキャップなので、NCC社製となります。

| | コメント (0)

サントリー『GREEN DA・KA・RA』の白色シェルギザ違いキャップ

Suntorygreendakara23 Suntorygreendakara22 サントリーフーズ(株)の白色シェルギザ違いキャップです。

画像左側が『GREEN DA・KA・RA』2Lペットボトルのノーマルギザで、画像右側が『やさしい麦茶』2Lペットボトルの粗ギザです。

フック
タイプキャップはすでに持っているので、3種類がそろいました。
カドギザ、SKナールが消えてしまったのは、本当に残念ですね。どっちのキャップも大好きだったのに…。

| | コメント (0)

サントリー『GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶 』のゴールドシェルフックタイプキャップ

Image1_6 サントリーフーズ(株)『GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶』650mlペットボトルのゴールドシェルフックタイプキャップです。

リニューアル情報は特に見当たりませんが、2019年4月16日から濃縮タイプ180g缶が新発売されたことから、タイミング的には同じ時期に冷凍兼用ボトルとしてリニューアルしたのではないかと推測されますが、詳細は不明です。
Image_13  「この商品は冷凍もできます。」シリーズはけっこう長く続いていますが、そろそろ「冷凍もおいしい!」バージョンに切り替えませんかね。面白いと思うんですがね。ぷっ。

ところで、このキャップはCSI社製です。フックタイプキャップは、NCC社の特許製品というわけではありませんので、CSI社でも競合製品を生産しています。アメリカでは「nibタイプ」と呼ばれています。

このキャップはCSI社製ですが、未だにALCOA社製と表記している向きがあります。

CSI社は、2008年にCSIグローバル事業全体がアルコアグループから現在のランクグループにオーナーシップが代わり、現在アルコア社はキャップの製造販売事業の譲渡を行い、キャップ製造に参画していません。

アルコアグループの際は、キャップ事業部全体をALCOA CSIと呼称しておりましたがその際の名称はアルコア・クロージャー・システムズでした、現在のランクグループに移動した際、ALCOAを外し、CSI (Closure Systems International)と変更しましたその際、名称をCSIジャパン,英語名 Closure Systems International Japan, Limitedに変更

現在世界でキャップの製造販売している事業会社は、全てCSIグループとなります。国内外に関わらずCSI社製で間違いありません。

2008年以降生産されているALCOA社と表記されているキャップは全てCSI社であるので、賢明なるコレクター諸氏はALCOA社なる表記をCSI社と読み替えて頂きたいと願う次第であります。

未だにALCOA社と表記することは、時代錯誤も甚だしく、まっことCSI社に対して無礼な話であります。

| | コメント (0)

コカ・コーラ『Qoo 塩分プラス麦茶』のフックタイプキャップ

Image1_4 コカ・コーラ カスタマーマーケティング『Qoo(クー) 塩分プラス麦茶』のフックタイプキャップです。

2019年5月20日(月)新発売のところをKUMAZCAPS御用達先行販売店で本日ゲットしました。

Qooの絵柄が何種類あるかわかりませんが、従来と同じであれ
Image_11 ば、20種類だと思います。本日は15種類まで確認できたので、とりあえずあと5種類をゲットして、コンプリートを目指します。シークレットがあったりすると嬉しいですね。なんちゃって。

お茶は大歓迎ですが、お子さまでもゴクゴクのめちゃうので、大人にはちょっとです。飲み干すのに苦労しそうです。
まだ、1本目を飲みかけたところなので、HPの方には飲んだ順番に更新して行きます。^^

| | コメント (0)

サントリー『塩のはちみつレモン』のニューキャップ

Suntoryfrozen3201 サントリーフーズ(株)『塩のはちみつレモン』490mlペットボトルのノーマルギザニューキャップです。

いくらリニューアル情報を探しても何も出てきません。2018年5月のリニューアル情報時とボトルは同じなので、キャップだけリニューアルした可能性もないことはないです。

5362067_3l1 常識的に考えれば5月21日(火)辺りのリニューアル発売の先行発売と考えられ、リニューアル情報は発売日前後に発信される可能性もあります。

サントリーの発売パターンが読めないので苦労します。
でも、次はどんなサプライズが飛び出してくるのか楽しみではあります。^^

| | コメント (0)

アサヒ『三ツ矢レモネード』のフックタイプキャップ

Asahimitsuyalemonade01 アサヒ飲料(株)『三ツ矢レモネード』450mlペットボトルのフックタイプキャップです。

2019年4月2日(火)から発売しましたが、これまた発売から1ヶ月以上しての発見となりました。やっぱり、何かが変。
ニュースリリースは発信されていてもボトル画像のキャップは白 色シェルだし、ノーマルギザに見えます。

0129_4_1_b ま、そんなことよりついに三ツ矢ブランドからもフックタイプキャップが登場したことは嬉しいことです。これからもフックタイプキャップが増えて行くことでしょう。^^

| | コメント (0)

アサヒ『ドデカミン』汎用ロゴフックタイプキャップ

Asahi044 アサヒ飲料(株)『ドデカミン』500mlペットボトルの汎用ロゴフックタイプキャップです。

2019年3月12日(火)リニューアル発売しました。
リニューアル発売から2ヶ月以上経過してからの発見です。どうしたんでしょうか、不思議です。

0306_1_1 それにしても、「”強強”炭酸」のキャップにもフックタイプを採用するとは凄いです。これからの主流のキャップになるかもしれませんね。

| | コメント (0)

ジョージアの輸入キャップ

Zgeorgiajschealthywater01

名称:ナチュラルミネラルウォーター(天然炭酸入り)
生産者:JSC HEALTHY WATER
原産国:ジョージア
採水地:NABEGHLAVI(ナベグラヴィ)
輸入者:(株)T&Cジョージア
販売者:(株)ジョージアプレミアムフーズ

まる子さんから頂きました。いつもありがとうございます。

成城石井で売っていたそうです。名古屋の成城石井は時々覗きますが、見かけません。ジョージアの輸入キャップは初めて見ました。

もしかしたら、他の輸入キャップもあるかもしれないとのことなので、近々確認に行ってこようと思います。

ジョージア本国でも同じデザインのキャップがありますが、輸入キャップの方が少し大きいですし、何の印かわかりませんが、印字がされています。日本向けのキャップなのか、ジョージア本国でも同じキャップが出ているのかは不明です。

珍しい特徴のあるデザインなので、持っていたい一品ではないでしょうか。^^

 

| | コメント (0)

横浜市水道局のシールキャップ

Sealyokohamawaterbureau01 横浜市水道局『はまっ子どうし The Water』500mlペットボトルのシールキャップです。
Wさんから頂きました。いつもありがとうございます。

中身は水道水ではなくて、源流水を使用しています。採水地は、山梨県南都留郡道志村。

このボトルは、「飛鳥Ⅱ」の客室内で配布される物のようです。飛鳥Ⅱを運航しているのは郵船クルーズ社(横浜市西区みなとみらい)なので、なんらかのタイアップをしているのでしょうね。

豪華船のようですから、客室に入るなんて一生ないと思います。大変貴重なシールキャップを頂きました。デザインは大変良いので、なんとか3色の印刷キャップにならないものかと期待しつつも、取り扱い数量が絶対的に少ないので無理でしょうね。ボソっ。

| | コメント (0)

和歌山の地ビールの王冠達

Heiwashuzo01 Nagisabeer02 ナギサビール(株)『みかんエール』と平和酒造(株)『平和クラフト インディア ペールエール』の王冠です。

はしおさんから頂きました。いつもありがとうございます。

和歌山の地ビール2種類が同時に手に入ることは珍しいです。どこか和歌山の地ビールを取り扱っているお店があるのでしょうね。和歌山は結構遠くて、めったに行く機会がないのでありがたいです。お味もとっても美味しいですよ。^^

| | コメント (0)

SACMI社とTAMPOPRINT社のサンプルキャップ達

Italysacmisamplecap54_1 イタリアとドイツの サンプルキャップ47個を更新しました。イタリアの王冠コレクターとのトレードで頂きました。

イタリアのサンプルキャップは「SACMI社」で45個、ドイツのサンプルキャップは「TAMPOPRINT社」で2個あります。
一見の価値はあると思うので、ぜひ見てみて下さい。

TAMPOPRINT社よりSACMI社の方が多彩です。どちらもプロモーション用のサンプルキャップで実際に市場には出ていないと思います。
TAMPOPRINT社はタンポプリントの機械を製造している会社ですが、SACMI社はペットボトルキャップの射出成形機や王冠のプレス機械を製造している会社のようですが、タンポプリント機を生産しているかどうかは不明です。

日本に代理店があるので、問い合わせ中ですが回答を頂いておりません。この手の問い合わせはほぼシカトされますね。サンプルキャップがある以上、プリント機械も製造していると思いますが…。後日でも、もしお返事があればコメント欄で紹介させて頂きます。

王冠は鉄板に王冠デザインを最初に印刷してからプレス機械で円形に打ち抜いて、最後にスカート部を絞り加工していると思います。ペットボトルのキャップはタンポプリントということはわかっていますが、キャップを製造した時にいっしょにプリントするものなのか、無地のキャップに後からプリントするものなのかわかりません。
工場見学できるといろいろなことがわかるはずなので、いつかどこかの工場でキャップに印刷するところを見学したいものです。^^

| | コメント (0)

日本コカ・コーラの激レアなキャップ達

Zkochakaden01 Zaquariunihon01日本コカ・コーラのレアなキャップ達が、KUMAZCAPSコレクションに加わりました。

左側のキャップは日本コカ・コーラ株式会社KF「紅茶花伝」で、右側のキャップは日本コカ・コーラ株式会社KM「アクエリアス」です。

1990年代後半のキャップと思われます。こんなレアなキャップ達がまだまだたくさんどこかに眠っています。スペシャルトレード交換キャップは、もう少しはあるので、ご連絡をお待ちしておりますよ。^^

| | コメント (0)

佐藤製薬『サトウ烏龍茶』のニューキャップ

Satooolongtea01 佐藤製薬(株)(東京都港区)『サトウ烏龍茶』345mlペットボトルのちょい角丸ニューキャップです。製造者は(株)ホテイフーズコーポレーション(静岡県富士市)。

2019年2月27日(水)に新発売しました。
コレクター様の情報を元にドラッグストア巡りをしようかと考えましたが、発売から3ヶ月近く経過しても、大手のドラッグストア
96958a9f889de6e0e3e2e2e6e5e2e2e4e2e1e0e2_1 は見かけなかったので、発見は難しいと判断して、佐藤製薬に販売しているお店を問い合わせました。

名古屋で販売しているお店は3件ありましたが、案の定すべて個人店でした。自宅から一番近いお店に取り扱っているかどうかを確認したところ、5本だけ残っているということだったので、さっそく出かけて無地ゲットできました。

そのお店では自販機にも入っておりましたが、売れないと判断して次の注文をしていなかったそうです。これでストックが無くなったので、すぐに注文しましたと、お店の方は嬉しそうに言っておられました。また、買いに行かなくちゃね。

この商品は、特定保健用食品であるので、170円(税抜き)とお高いです。箱買いすると結構なお値段になります。ここはやはり、お近くで取り扱っているお店を教えてもらってバラで購入するのが良いのではないでしょうか。

それにしても、このサトウ製薬の像のアイコンは子供のころから見ていたような気がします。キャップに印刷されることになるとは夢にも思っていなかったので、感慨深いものがあります。できれば、アイコンキャラはもう少し大きい方が良かったかな。^^

| | コメント (0)

コカ・コーラ『経口補水液』のリニューアルキャップ

Cocacolaaquarius435 コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『経口補水液』500mlペットボトルのノーマルギザリニューアルキャップです。

このリニューアルキャップは順番に出て来るので、大変嬉しいですね。まだまだ、続々と出てくるはずなので、取りこぼしのないようにしなくちゃです。

71871pexel_sy355__1 それにしても、今年もGWを過ぎても、バラバラ出ますね。
近年の傾向としてやはり8月のお盆休み辺りまで出るのでしょうか。もう、こうなったら、腹をくくってクリスマスあたりまで続々と出してくれませんかね。特に、コカ・コーラさんには期待しておりますので、そこんトコロよろしくです。^^

| | コメント (0)

ポーランドのペットボトルキャップ

Polandkfcpizzahut01 ポーランドのペットボトルキャップ35個を更新しました。

ペプシのプロモーションキャップです。「KFC」、「Pizza Hut」、「Burger King」の名前が見えます。
当たるとどのお店でも最低でも20%引きで購入できるなんてことがあるのでしょうか。

わくわくしちゃうキャップです。なぜ、日本ではこんなキャップが出ないのでしょうか、不思議です。

| | コメント (0)

アサヒ『カルピスソーダ』のリニューアルキャップ

Asahicalpis03 アサヒ飲料(株)『カルピスソーダ』1.5Lペットボトルのリニューアルキャップです。

青色シェルのフックタイプキャップで、「カラダにピース」に「あける→」が追加されたものです。やっと見つけました。

「あける」の上下が白色シェルとは反転していますね。これからこの路線で行くのでしょうか。いつリニューアルしたのかさっぱりわかりませんが、まずはゲットできてメデタシメデタシ。^^

| | コメント (0)

台湾のペットボトルキャップ

Taiwanpurewater01 台湾のペットボトルキャップ11個を更新しました。
あこうさんの台湾土産です。いつもありがとうございます。

このキャップは、台湾プロ野球選手で「49 張 泰山」選手のサインです。
この商品は「泰山純水」といいますが、メーカーは泰山企業です。同じ名前の泰山選手を起用したものと思われるので、他の選手のサイン入りキャップは無いのかもしれません。シリーズかしたら大変面白いですが、ちょっと難しそうです。

Toreta!」というキャップがあります。日本のコカ・コーラの「Toreta!」と基本的には同じものだと思いますが、日本の「Toreta!」(すでに販売は終了しています)は、15種類の果実と野菜のエキス、ミネラルが入っていますが、台湾の「Toreta!」は8種類の果実と野菜のエキスが 入っているようです。

| | コメント (0)

サントリー『クラフトボス ブラウン』のリニューアルキャップ

Suntory5504 サントリーフーズ(株)『クラフトボス ブラウン』の500mlペットボトルのリニューアルフックタイプキャップです。
2019年4月23日(火)からリニューアル発売しました。

刷新した味わいを表現するために、キャップの色を黒からゴールドに変更。ロゴの色合いも中身に合わせてやわらかなクリーム色を採用したとのことです。

1898571_original キャップは、従来からある他商品のゴールドキャップと同じですが、従来のキャップは表面が金色に光っていましたが、今回のリニューアルキャップは艶消しのような状態になっています。

同じ色だと思いますが、表面の仕上げ方によってかなり色合いが違って見えます。
どっちが良いかは人によるでしょうね。^^

| | コメント (0)

伊藤園『お~いお茶 新緑』のニューキャップ

Itoen6902 (株)伊藤園『お~いお茶 新緑』470mlペットボトルの粗ギザ半透明グリーンシェルニューキャップです。

2019年5月13日(月)リニューアル発売のところをKUMAZCAPS御用達先行販売店で本日ゲットしました。

注意書きが入りました。

190423shinryoku02 キャップには、外周に「お茶の成分が沈殿することがありますが品質への影響はありません。」、内周に「容器が破損する恐れがあるため、加温・冷凍禁止。」と印刷されています。

日本もこれから注意書きが付いたキャップが、増えるかもしれませんね。

| | コメント (0)

ボリビアのペットボトルキャップ

Boliviasimba01ボリビアのペットボトルキャップ37個を更新しました。

ボリビアのキャップは、どれもあまり特徴がなく平凡なデザインのものが多いです。でも、国産の立派なペットボトルキャップがたくあんあるのは素晴らしいですね。
これから楽しいデザインのキャップが登場してくれることを期待しています。^^

| | コメント (0)

フィリピンコカ・コーラの『Coke Studio』キャップ

Philippinescokestudio01フィリピンコカ・コーラの『Coke Studio』キャップとその他のフィリピンキャップ達です。
『Coke Studio』キャップは、13種類の画像をアップしていますが、全部で何種類あるのかわかりません。キャプの雰囲気的にはヨーロッパのお洒落な感じがしますが、大変面白いです。
フィリピンコカ・コーラもなかなかやりますね。^^

| | コメント (0)

サンガリア『伊賀の天然水炭酸水』のニューキャップ

Sangariaigatennensuitansansui01 (株)日本サンガリアベバレッジカンパニー『伊賀の天然水炭酸水』1000mlペットボトルのノーマルギザニューキャップです。

新しいボトルの画像が見つからないことから、リニューアルしたことは間違いないですが、いつのことかさっぱりわかりません。令和になってすぐにリニューアル発売された可能性があります。

水色が綺麗なキャップです。せっかくのニューキャップなのに、なんの情報も得られないのは大変残念です。

近所のスーパーで見つけました。500mlもおそらくニューキャップになっているはずですが、未確認です。炭酸水はお安いですし、ハイボールなどで使えるので、1000mlでまったく問題はないのですが・・・。

| | コメント (0)

サントリー『C.C.Lemon』のバリアント

Image_9 サントリーフーズ(株)『C.C.Lemon』500mlペットボトルのノーマルギザバリアントキャップです。

ブランドロゴフォントが急に大きくなりました。フォント自体も変わったのかな。
『C.C.Lemon』は、リニューアルしていないのに、キャップだけ突然変更になることが時々ある。今回もリニューアル情報は見当たらないので、それかもしれない。
ラベルとキャップのフォントがマッチしていないからきっとそうだろう。まっこと、不思議な会社だ。

| | コメント (0)

ペットボトルキャップコレクションの旅ーインドネシア編ー

Conv0007_1 2019年4月25日(木)から4月29日(月)までの5日間、インドネシアのバリ島・ジャワ島ジョグジャカルタへ行って参りました。
行きのセントレアは、GW前なのでまだ空いているかと思ったら早くも超満員で、セキュリティーチェックに辿り着くまで1時間以上かかってしまいました。
空港までは車で余裕を持って家を出たのですが、平日とあって朝のラッシュとも重なり、時間を消費して危うく飛行機に乗り遅れそうになりました。
GWになったらどんな状況になっていたのでしょうね。恐ろしいです。

インドネシアは遠いです。今まで行ったアジア国々の中で一番遠いです。
直行便はあるにはあるようですが、格安のツアーでは、シンガポールでの乗り継ぎになります。シンガポールまでは約6時間50分。2時間ほどの乗り継ぎ時間があって、さらにバリ島・デンパサール空港まで約2時間30分のフライトがあるので、11時間20分ほどかかります。

Image9
バリ島といえば、ケチャダンスです。とても迫力があって大変面白かったです。必見です!
さっそく、シンガポールのチャンギ空港でペットボトルのチェックをしましたが、愕然としました。
たくさんのカラフルな絵柄のキャップを夢見ておりましたが、現実は、コカ・コーラ、ファンタなどはエンボッシング加工で印刷がありません。その他のキャップもほとんどが無地化しておりまして、印刷キャップはあっても、ただ文字が印刷してあるだけの詰まらないものが多かったです。

Image4 この状況は、インドネシアへ着いてからも同じでした。

インドネシアには、「Indo Maret」、「Alfa Mart」というコンビニをよく見かけました。サークルKに似たコンビニはありましたが、日本のサークルKとは別物のようです。セブンイレブンを1回だけみたことがありますが、ファミマやローソンは見かけることはありませんでした。
スーパーはあまりありませんが、「Super Indo」というグローサリー中心のお店がありました。
 
Image2_2
インドネシアでは、世界一高級と言われるジャコウネココーヒー(Kopi Luwak)が有名です。通称でジャコ猫と呼ばれています。
ジャコウネコが、美味しいコーヒーの実だけを選り好んで食べることや、腸内の酵素や細菌による発酵のおかげで、そのコーヒーに特別な美味しさが加わるんだそうです。
実の部分だけを食べて、豆の部分は未消化で糞として排泄されます。それを洗浄してから40分くらいかけて焙煎するそうです。

Conv0014オスとメスでは味がかなり違っており、オスの方が味が濃く、メスの方が味が薄いです。お値段がお高いのはオスの方で人気があるそうです。
ただ、どちらもお値段が非常にお高いことと、オスの方はかなり味が濃いので、メスの方を買い求める方もおられるようです。
Image7私達が行ったお店では、ジャコウネココーヒー以外のいろいろなコーヒーを試飲させてくれました。お店の前にはジュラシックパークのような広大なジャングルが拓けており、壮観でした。

なかなか面白い場所だったので、お薦めです。通常の観光コースにはなくたまたま時間に余裕があったので、ガイドさんが立ち寄ってくれました。お店の名前は「AgroSW」といいます。

Image1_3 右側の写真は、「聖なる水」が湧く世界遺産「ティルタ・エンプル寺院です。
日本でもこんなところはあると思いますが、寺院で湧くので、「聖なる水」と呼ばれるのかもしれません。とても綺麗なところでした。
バリ島には4月25日から27日まで滞在し、27日から29日までジョクジャカルタに滞在しました。

Conv0017
インドネシアにいくつかある世界遺産のひとつ「プランバナン寺院」です。インドネシアは活火山が多く、時々噴火するそうです。
この寺院も噴火の影響でかなりの部分がダメージを受け、2回ほど修復作業が行われたようですが、未だにたくさんの寺院のかけらが手つかずの状態で保存されていました。これ以上修復しようにも、どれがどの部分かわからないようで、修復は滞っているようです。
 
Conv0001_3 右側の写真は、ガネーシャです。ガネーシャはヒンドゥー教の神の一柱で、「富の神様」ということから大変人気があるようです。
水野敬也著「夢をかなえるゾウ」という本を読んだことがあるので、名前だけは知っていましたが、こちらはブラックガネーシャでしたね。
本物のガネーシャはとても迫力があります。







Conv0005
世界遺産「ボロブドゥール」にて
 
Indonesiaichitam01 Indonesiaichitam02 5日間の旅行とはいっても、2日間は移動日なので、正味3日間の旅でした。
ペットボトルの収穫はほとんどなく、かろうじて4個だけ持ち帰りました。ほとんどが白フタだったということもありますが、実は27日と28日に空港でウォータークーラー
Indonesiakapalapi01_1 Thailandkabusecha01 があったので、何気に飲んでしまったところ、ひどい下痢に見舞われまして、ペットボトルキャップコレクションの旅どころではなくなってしまいました。
5日経った今日もまだ下痢が続いています。

インドネシアの現地で4年間赴任していた人の話を以前聞いたことがありますが、1週間くらいダメだそうです。でも、それを通り越すと免疫ができて現地の人が飲むような水を飲んでも平気になるそうです。
あと、2日間は我慢しますが、それ以上経っても治らない時は医者に行って来ます。
外国のお水は、たとえ空港のウォータークーラーであっても日本人に免疫のない菌がたくさんいるので、絶対に飲まないようにしましょう。

さて、今回のインドネシアで9回目のペットボトルキャップコレクションの旅となりました。切りの良いところで10回で終わろうかとも思いますが、十分いろいろなところへ行きました。これからは、国内で行っていないところが山のようにあるので、国内のペットボトルキャップコレクションの旅をのんびりと楽しみたいと思っています。
ファンタスティックな旅に毎回しんぼう強く付き合ってくれた妻に感謝です。^^

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »