« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

ペットボトルキャップのデザイナー

みなさんは、ペットボトルキャップをどんな方がデザインしているのか知りたいと思ったことはありませんか?

ただ、知りたいと思ってもほとんどと言って良いほど、デザイナーの方がどんな方なのか公表もされませんし、公表されたとしても、それを知る機会を得ることは稀ですし、メーカーに問い合わせても教えてもらえることは稀です。なので、普段は気にすることはほとんどないと思いますが、でも、やっぱりキャップのデザインに携われる方々は間違いなくキャップ史に足跡を残しているので、知りたくありませんか?

とりあえず、私が知っているデザイナーと、キャラクターを中心として、そのデザイナーの方をちょっと調べてみました。

カルピスの「トロ」とチェリオジャパンの「ウサダー」とダイドードリンコの「はのちゃん」のデザイナーの方がわかりません。

他のデザイナーの方は合っていると思いますが、ひょっとして間違っているかもしれません。正解を知っている方がおられましたら、教えて頂けると大変嬉しいです。

キャラクターでなくても、どんなデザインでも良いです。もし、知っているよという方がおられましたら、情報提供していただけると助かります。更新情報については、私のHPに「キャップのデザイナー」というコーナーが設けてありますので、そちらの方へ逐次反映させて頂こうと思っております。まだ、これだけしかわかっておりませんので、よろしくお願いします。

なっちゃん(1998年) サントリーフーズ(株) 加藤 芳夫 氏
Qoo(1999年) 日本コカ・コーラ(株) 丸山 もも子 氏
六条麦茶(1999年) カゴメ(株) 中村 頼子 氏
BOSS(2000年) サントリーフーズ(株) 加藤 芳夫 氏
トロ(2000年) カルピス(株) 不明
チビレモン(2000年) キリンビバレッジ(株) 佐藤 可士和 氏
四万十緑茶(2001年) (同)広井茶生産組合 梅原 真 氏
ライフガード/ウサダー(2004年) チェリオジャパン(株) 不明
はのちゃん(2006年) ダイドードリンコ(株) 不明
御井乃水中主(2016年) ロゴストロン(株) 井坂 健一郎 氏

注)会社名は当該商品の販売会社であって、デザイナーの方が所属されている会社とは異なることがあります。

| | コメント (2)

イノセントジャパン『おおまじめストロベリー』の広口ニューキャップ

Innicentjapan01イノセントジャパン(同)(東京都渋谷区)『おおまじめストロベリー』235mlペットボトルの広口ニューキャップです。まる子さんから頂きました。いつもありがとうございます。

この商品は、2019年7月9日(火)より都内のコンビニエンスストア、カフェ、レストランの一部店舗から発売を開始し、順次販売店舗を拡大しているそうです。

Cc1d25e00c63fbd268a57fcdd4f033bee11139c5 また、2019年7月9日(火)から8月31日(土)までに、都内のコンビニエンスストア、カフェ、レストランの一部店舗など90カ所以上で30万本を用意して、「はじめまして」のあいさつをしているようです。

まる子さんは、東京交通会館で配布されていたのをゲットしたそうです。もともとイノセントは、イギリスから始まり、現在ヨーロッパ23カ国で販売しているヨーロッパで売上No.1のスムージーブランドだそうですが、 製造者は(株)ニッセー(静岡県焼津市)で、JANコードも「45」で始まっているので、輸入商品ではなく完全な国産商品です。

他には、「やんごとなきマンゴー」や「ゴージャスグリーン」などがあるようですが、まずは都内でしか購入または配布されていないのが、大変残念です。おいしそうなスムージーなので、是非飲んでみたいものです。

| | コメント (0)

チェリオ『ライフガード』の色違いキャップ?

Cheeriolifeguard12_20190722173401 Cheeriolifeguard13 チェリオジャパン(株)『ライフガード』の色違いキャップです。Wさんから頂きました。

画像左側のキャップは従来品ですが、画像右側のキャップは色違いキャップです。どちらもCSI社製ですが、画像右側のキャップのデザイン部が白色部分も含めて全体が画像左側のキャップより少し赤っぽいです。大変微妙ですが、よ~く見ると、段々と違いが分かって来ます。

意図的にこういう色合いにしたとは考えにくく、私的には印刷ムラの範囲と思われるので、色違いキャップと認定するのは難しいように思えますが、この違いを見つけてしまうWさんの感性に敬意を表して、こんなキャップもあるよということで紹介させて頂きました。

私自身もたぶんこれは色違いではないかと思えるキャップを発見しましたが、自信が持てないので購入はしませんでした。

こういうキャップに興味のある方もおられると思うので、そういう方には探し当てるのが、大変楽しいキャップかもしれません。^^

| | コメント (0)

神戸ビバレッジ『緑茶』のニューキャップ

Kobebeverage03 神戸ビバレッジ(株)『緑茶』500mlペットボトルのノーマルギザニューキャップです。
ひろさんから情報を頂いておりましたが、本日何気に業務スーパーに立ち寄ったところ、情報通りのペットボトルを発見することができました。どこで売っているかお聞きしていなかったのですが、業務スーパーであれば、富永食品のペットボトルを取り扱っているので、さもありなんでした。

61bjanw571l_sx522_ この商品は、富永食品(株)の「神戸居留地」ブランドではなくて、「神戸茶房」ブランドで、他には『麦茶』『烏龍茶』などがあります。

キャップには「TOMINAGA」と印刷されていますが、神戸ビバレッジは富永貿易(株)の関連会社であると思われるので、親会社の「TOMINAGA」を冠しているのでしょう。

「KOBE BEVERAGE』と表示しても良さそうですが、複雑な事情があるのでしょう。一般人にはちょっと、わかりにくいところがありますね。

ともあれ、ニューキャップがゲットできたことはメデタシメデタシ。

| | コメント (0)

富士ミネラルウォーターのSKナールキャップ

Waterfuji03 富士ミネラルウォーター(株)『富士ミネラルウォーター』500mlペットボトルのSKナールキャップです。ひろさんから頂きました。いつもありがとうございます。

SKナールは絶滅したかと思っていましたが、そういえばカゴメの白フタなどにも採用されていましたね。まだ、こんな形でその存在を確認できるとは思ってもいませんでした。

41a8df0sexl デザインが一回り小さくなりましたね。個人的にはとても好きなタイプのキャップであるので、いつまでも生き延びてくれることを願っています。

名古屋では、富士ミネラルウォーターはたまに見かけることはありますが、ノーマルギザです。ひろさんの地域ではフックやSKナールが比較的よく出回っているようで、名古屋とは少しばかり状況が違うようです。

名古屋でも早くゲットできますように。

| | コメント (0)

蒼天『富士山のしずく』ラベルレスボトルのニューキャップ

Watersoten01 (株)蒼天(山梨県南都留郡)『富士山のしずく』500mlペットボトルのラベルレスボトルのノーマルギザニューキャップです。

カインズホームで購入できるという情報があったので、カインズホームへ行って来た。確かにカインズホームでは購入できるけれど、ケース単位でしか購入できないので、500ml×24本=12kg以上の商品を車以外で来店した人が、自宅まで持って
4580347723412 帰ることは、余程の体力のある人でない限り不可能に近い。

バラ売りはできないかとカインズの店員に尋ねたが、関東の方でなんの商品かわからなくなってしまうものをバラで販売しても良いのかと、どこぞのお偉い方がクレームを付けたとかで、関東の事例に倣って、一時はバラ売りをしていたものをケース単位でしか販売しないことにしたそうな。確かに、段ボールには「ケース販売専用商品 段ボール開封後は販売できません」と印刷されているな。

さらに、段ボールには「箱販売専用JANコード」が印刷してあるから面白い。そりゃそうですね、ボトルにはラベルが無いのだから。バラ売りしたときはどやって処理したのかな。
さて、そうなると、車を持っていない人は購入できないし、購入してもらわなくても良いということになるかな。であれば、500ml×10本=5kg程度のポータブルの段ボールを用意しても良いのではないか。

店側は、売るまではケース単位でないと困るけど、売ってしまえばそのボトルがどう扱われようと知ったことではないということになり、購入した人が知人・友人にそのボトルをあげてしまった場合、それは購入者側の責任でその後どう扱われようと知ったことではないということになるのではないか。さらに、事情をわからず購入する人もいるはずだから、対面販売で十分な説明が必要にならないか。
段ボールには、「本商品のボトルにはラベルがありません」などを含む商品説明は印刷されているけれど、取り扱い上の説明は何も見当たらない。

ラベルレスボトルは確かに環境に良い側面を持っているが、消費者に対する説明責任において、果たしてこれで十分であるのか疑問が払しょくできていない。

キャップのデザインは汎用デザインと思われるが、ラベルレスボトルにするのであれば、キャップに十分な情報を記載すべきであり、消費者満足を満たしたものであるとは到底思えない。

ともあれ、この商品はバラでは購入できないので、カインズホームで購入しようとお考えの方は、是非お車でお出かけなさった方が間違いがないと思いますよ。情報を流す物の責任として、それくらいの情報はちゃんと流してもらいたいものだ。

お値段は24本で698円なので、非常にお安いです。もちろん、カインズのオンラインショップでも送料300円で購入できます。ストックはたくさんあるので、お車でない方やオンラインショップをご利用にならない方にはお送りしますよ。^^

| | コメント (0)

チェリオ『メガ700 いちごコーラ』の色違いキャップ

Cheerio052 Cheerio053 (株)チェリオジャパン『メガ700 いちごコーラ』700mlペットボトルの色違いキャップです。
2019年6月24日(月)から全国で新発売しました。ローソンストア100でゲットですが、チェリオのニュースリリースには特に情報は見当たりません。

Image_20190715181701画像左側の従来のものより画像右側のニューキャップの方が赤色少し濃いです。赤色が少し薄い方はNCC社製白色ライナーのツーピースキャップで、少し濃い方はCSI社製のワンピースキャップです。

画像でなんとか色の違いが確認できますかね。バリアントに認定です。

お味は美味しくて飲みやすいので、クセになりそうではあります。若い方には大容量はありがたいと思いますが、私にはありがた迷惑ですね。あはは。

| | コメント (0)

山茶花に蜂が巣を!!!

Conv0001_20190715150301

山茶花に蜂が巣を作っているのを発見した。大きさは15センチ程度。かなりどす黒い色をしている。たぶん、スズメバチ。
明日にでも保健センターに電話して、駆除の相談をしようと思う。

つい3週間ほど前にハナミズキに鳩が巣を作ったけど、1週間ほど前にぷぃと家出をして、戻って来なくなってしまった。毎日、鳩が巣に居るのを見るのが楽しみだったので、淋しい気がするけど、この蜂にはそうそうとお引き取りを願わいといけない。

今年は、今までになかった自然現象が発生している。天候不順がもたらした珍事なのだろうか。

| | コメント (0)

アサヒ『「Welch’s」黒葡萄スパークリング』の汎用ロゴノーマルギザフックタイプキャップ

Asahi01802 アサヒ飲料(株)『「Welch’s」黒葡萄スパークリング 』430mlペットボトルの汎用ロゴノーマルギザフックタイプキャップです。

ありそうで無かったキャップですねぇ。フックタイプは、本当に地域差があって名古屋は遅い方だと思いますが、やっとゲットできました。

1711558_original

2018年6月12日(火)に新発売になったようですが、特に、それ以降のリニューアル情報は無いようですね。名古屋ではノーマルギザが主流だし。

アサヒ関係だと、まだ三ツ矢サイダーの緑色シェルフックタイプキャップが見つかっていませんね。時間の問題だと思うので、辛抱強く待つしかありません。^^

| | コメント (0)

富士ミネラルウォーター『Q水』コンプリート!!!

Waterfuji54 Waterfuji53 2006年頃に富士急ハイランド内で販売された富士ミネラルウォーター『Q水』4種が、ついにコンプリートしました。
コレクター様とのトレードでゲットしたものです。
これまで、「Q」と「冷ッ」は持っていましたが、今回頂いた「旨ッ」「涼ッ」を持っておらず、2回のテレビ出演と1回のラジオ出演を通して、聴視者に呼びかけるもまったく手ごたえがなかったものです。

ほとんど、諦めかけていたところへ突然のトレードのお話を頂きまして、本当にびっくりしました。13年間かかってやっと出会うことができました。辛抱強く願えば叶うこともあるのですね。本当にありがたいことです。

まだまだ、次に欲しいと思っているウォンテッドキャップはありますよ。もし、こんどテレビ出演する機会がありましたら、また全国の皆様に呼びかけてみたいですね。素敵な出会いがあることを夢見ています。^^

 

| | コメント (0)

アイブイシ―『黄金比水』のニューキャップ

Waterivc01 (株)アイブイシ―(東京都中央区銀座)『黄金比水』の550mlペットボトルのニューキャップです。

キャップの形状としては粗ギザフックタイプだと思いますが、内径が28mmではなく30mmです。多分ですけど、NCC社製です。

製造者は(株)三源(大分県由布市湯布院町)で、採水地も
Ougon3_20190706210301 大分県由布市湯布院町です。キャップのデザインは由布岳をイメージしているのでしょうか。
黄金比水」とは、カルシウム(0.4mg)2:1マグネシウム(0.2mg)の黄金比の水ということのようです。

 さて、このボトルですが、 東京都港区にあるプレミアムドン・キホーテ白金台店で1本39円で売っていたそうです。お高そうなお水に思えますが、めっちゃお安いですね。

ところで、この製造者のHPは存在しますが、電話もメールも一切の連絡が取れません。オンラインショップも準備中のままです。また、販売者の方も一切連絡が取れません。さらに販売者の住所を訪ねても事務所らしきものは見当たらないとの情報があります。

ドン・キホーテで投げ売りされていた状況を踏まえると事業撤退をした可能性が考えられます。詳細は不明なので軽々なことは申せませんが、今後この商品が購入できる可能性は限りなくゼロに近いのではないかと推測します。

まだ、他のお店でも投げ売りされているかもしれませんが、お早めにゲットしておいた方が良さそうです。幻のキャップになってしまうかもです。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »