更新情報(ペットボトルキャップ)

サントリー『デカビタC フレーフレー ゼリー』のニューキャップ

Suntorydekavita11 サントリーフーズ(株)『デカビタC フレーフレー ゼリー』270mlペットボトルのニューキャップです。

2019年5月14日(火)から全国で新発売しましたが、自動機販売限定です。コレクター様からの情報を元に自宅近くの自販機をくまなく捜索しましたが、見つかりませんでした。

L_sbf08442 名古屋から1時間30分くらいあるところに用事があって行きましたが、近くにメガ・ドンキがあったので立ち寄ったところ、入り口のところにある自販機で販売していました。超ラッキーです。

ほとんどの自販機では取り扱っていないと思いますが、10台くらいチェックし回れば運良くゲットできるかもしれません。

情報をお寄せ下さったコレクター様は、キャップが赤色ではなく白色だったので、ギャンブルしたところビンゴだったそうです。発売日から、わずか8日あまりで、よくこんなに早く見つかったものです。

こういう情報がなければ、なかなかゲットできるものではありません。今のところレア品だと思います。いつでも、アンテナを張り巡らし、果敢にチャレンジするものですね。^^

| | コメント (0)

アサヒ『三ツ矢サイダー ダブル』の特保フックタイプキャップ

Asahimitsuyaciderw02 アサヒ飲料(株)『三ツ矢サイダー ダブル』485mlペットボトルの特保フックタイプキャップです。

リニューアルしたんだと思いますが、ニュースリリースがまったく見当たりません。
まぁ、特保キャップにもフックタイプキャップが出たということで、メデタシメデタシという他ありませんね。

Image_14 キャップは、アサヒの炭酸用フックキャップなので、NCC社製となります。

| | コメント (0)

サントリー『GREEN DA・KA・RA』の白色シェルギザ違いキャップ

Suntorygreendakara23 Suntorygreendakara22 サントリーフーズ(株)の白色シェルギザ違いキャップです。

画像左側が『GREEN DA・KA・RA』2Lペットボトルのノーマルギザで、画像右側が『やさしい麦茶』2Lペットボトルの粗ギザです。

フック
タイプキャップはすでに持っているので、3種類がそろいました。
カドギザ、SKナールが消えてしまったのは、本当に残念ですね。どっちのキャップも大好きだったのに…。

| | コメント (0)

サントリー『GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶 』のゴールドシェルフックタイプキャップ

Image1_6 サントリーフーズ(株)『GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶』650mlペットボトルのゴールドシェルフックタイプキャップです。

リニューアル情報は特に見当たりませんが、2019年4月16日から濃縮タイプ180g缶が新発売されたことから、タイミング的には同じ時期に冷凍兼用ボトルとしてリニューアルしたのではないかと推測されますが、詳細は不明です。
Image_13  「この商品は冷凍もできます。」シリーズはけっこう長く続いていますが、そろそろ「冷凍もおいしい!」バージョンに切り替えませんかね。面白いと思うんですがね。ぷっ。

ところで、このキャップはCSI社製です。フックタイプキャップは、NCC社の特許製品というわけではありませんので、CSI社でも競合製品を生産しています。アメリカでは「nibタイプ」と呼ばれています。

このキャップはCSI社製ですが、未だにALCOA社製と表記している向きがあります。

CSI社は、2008年にCSIグローバル事業全体がアルコアグループから現在のランクグループにオーナーシップが代わり、現在アルコア社はキャップの製造販売事業の譲渡を行い、キャップ製造に参画していません。

アルコアグループの際は、キャップ事業部全体をALCOA CSIと呼称しておりましたがその際の名称はアルコア・クロージャー・システムズでした、現在のランクグループに移動した際、ALCOAを外し、CSI (Closure Systems International)と変更しましたその際、名称をCSIジャパン,英語名 Closure Systems International Japan, Limitedに変更

現在世界でキャップの製造販売している事業会社は、全てCSIグループとなります。国内外に関わらずCSI社製で間違いありません。

2008年以降生産されているALCOA社と表記されているキャップは全てCSI社であるので、賢明なるコレクター諸氏はALCOA社なる表記をCSI社と読み替えて頂きたいと願う次第であります。

未だにALCOA社と表記することは、時代錯誤も甚だしく、まっことCSI社に対して無礼な話であります。

| | コメント (0)

コカ・コーラ『Qoo 塩分プラス麦茶』のフックタイプキャップ

Image1_4 コカ・コーラ カスタマーマーケティング『Qoo(クー) 塩分プラス麦茶』のフックタイプキャップです。

2019年5月20日(月)新発売のところをKUMAZCAPS御用達先行販売店で本日ゲットしました。

Qooの絵柄が何種類あるかわかりませんが、従来と同じであれ
Image_11 ば、20種類だと思います。本日は15種類まで確認できたので、とりあえずあと5種類をゲットして、コンプリートを目指します。シークレットがあったりすると嬉しいですね。なんちゃって。

お茶は大歓迎ですが、お子さまでもゴクゴクのめちゃうので、大人にはちょっとです。飲み干すのに苦労しそうです。
まだ、1本目を飲みかけたところなので、HPの方には飲んだ順番に更新して行きます。^^

| | コメント (0)

サントリー『塩のはちみつレモン』のニューキャップ

Suntoryfrozen3201 サントリーフーズ(株)『塩のはちみつレモン』490mlペットボトルのノーマルギザニューキャップです。

いくらリニューアル情報を探しても何も出てきません。2018年5月のリニューアル情報時とボトルは同じなので、キャップだけリニューアルした可能性もないことはないです。

5362067_3l1 常識的に考えれば5月21日(火)辺りのリニューアル発売の先行発売と考えられ、リニューアル情報は発売日前後に発信される可能性もあります。

サントリーの発売パターンが読めないので苦労します。
でも、次はどんなサプライズが飛び出してくるのか楽しみではあります。^^

| | コメント (0)

アサヒ『三ツ矢レモネード』のフックタイプキャップ

Asahimitsuyalemonade01 アサヒ飲料(株)『三ツ矢レモネード』450mlペットボトルのフックタイプキャップです。

2019年4月2日(火)から発売しましたが、これまた発売から1ヶ月以上しての発見となりました。やっぱり、何かが変。
ニュースリリースは発信されていてもボトル画像のキャップは白 色シェルだし、ノーマルギザに見えます。

0129_4_1_b ま、そんなことよりついに三ツ矢ブランドからもフックタイプキャップが登場したことは嬉しいことです。これからもフックタイプキャップが増えて行くことでしょう。^^

| | コメント (0)

アサヒ『ドデカミン』汎用ロゴフックタイプキャップ

Asahi044 アサヒ飲料(株)『ドデカミン』500mlペットボトルの汎用ロゴフックタイプキャップです。

2019年3月12日(火)リニューアル発売しました。
リニューアル発売から2ヶ月以上経過してからの発見です。どうしたんでしょうか、不思議です。

0306_1_1 それにしても、「”強強”炭酸」のキャップにもフックタイプを採用するとは凄いです。これからの主流のキャップになるかもしれませんね。

| | コメント (0)

ジョージアの輸入キャップ

Zgeorgiajschealthywater01

名称:ナチュラルミネラルウォーター(天然炭酸入り)
生産者:JSC HEALTHY WATER
原産国:ジョージア
採水地:NABEGHLAVI(ナベグラヴィ)
輸入者:(株)T&Cジョージア
販売者:(株)ジョージアプレミアムフーズ

まる子さんから頂きました。いつもありがとうございます。

成城石井で売っていたそうです。名古屋の成城石井は時々覗きますが、見かけません。ジョージアの輸入キャップは初めて見ました。

もしかしたら、他の輸入キャップもあるかもしれないとのことなので、近々確認に行ってこようと思います。

ジョージア本国でも同じデザインのキャップがありますが、輸入キャップの方が少し大きいですし、何の印かわかりませんが、印字がされています。日本向けのキャップなのか、ジョージア本国でも同じキャップが出ているのかは不明です。

珍しい特徴のあるデザインなので、持っていたい一品ではないでしょうか。^^

 

| | コメント (0)

横浜市水道局のシールキャップ

Sealyokohamawaterbureau01 横浜市水道局『はまっ子どうし The Water』500mlペットボトルのシールキャップです。
Wさんから頂きました。いつもありがとうございます。

中身は水道水ではなくて、源流水を使用しています。採水地は、山梨県南都留郡道志村。

このボトルは、「飛鳥Ⅱ」の客室内で配布される物のようです。飛鳥Ⅱを運航しているのは郵船クルーズ社(横浜市西区みなとみらい)なので、なんらかのタイアップをしているのでしょうね。

豪華船のようですから、客室に入るなんて一生ないと思います。大変貴重なシールキャップを頂きました。デザインは大変良いので、なんとか3色の印刷キャップにならないものかと期待しつつも、取り扱い数量が絶対的に少ないので無理でしょうね。ボソっ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧