更新情報(ペットボトルキャップ)

ブラジルの面白ペットボトルキャップ

Unknown2903ブラジルのペットボトルキャップ37個を更新しました。

今回は、面白いキャップがあります。何かのキャラクターの表情なのか、ただの表情シリーズだけなのかまったくわかりません。お国が違うと表情の表現の仕方もいろいろ違うものです。

この中で白色シェルなのは2個だけです。ほとんどがカラーシェルで高さが少し低いです。日本のフックタイプよりもまだ低いです。この低さが限界ですね。これ以上低くなって薄くなると保管方法が非常に難しくなります。
どうかこれ以上薄くなりませんように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー『烏龍茶』のノーマルキャップ

Suntorytea63サントリーフーズ(株)『サントリー 烏龍茶』525mlペットボトルのノーマルキャップです。

ノーマルギザはなかなか見ませんね。地域によって、出現するキャップの種類にかなり偏りがあるようですが、みなさんのお住まいの地域ではいかがでしょうか。

このキャップは、会社でいつも興味を持って応援して下さる方が、エコキャップの中から見つけてくれました。当地域以外で購入されたものが紛れ込んでいる可能性はありますが、経験上当地域で販売されているものと思っていいのではないでしょうか。

どこに売ってますかねー。いつかお目にかかれますように。
さてと、後はSKナールのみとなりました。2Lの方はSKナールなのに、わからないものです。「烏龍茶」は、2Lと合わせて8種類のキャップが入り乱れて、まっことややこしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関ケ原観光協会『関ヶ原茶』のシールキャップ

Sealsekigaharakankokyokai01関ケ原観光協会『関ヶ原茶』500mlペットボトルのシールキャップです。ひろさんから頂きました。ありがとうございます。

関ヶ原茶独自のシールではなくて、「関ケ原ブランド」のシールですね。要は、認定を受けた商品ということです。
キャップに貼ってあるので、シールキャップと認定しますが、ボトルに貼ってあったら認定しません。

実に、いい加減な判定ですが、そんなことはどうでも良いのですよ。自分が楽しめればそれで良し!このシール結構お気に入りですよ。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コカ・コーラ『太陽のマテ茶』のフックキャップ

Cocacolataiyonomatecha03コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『太陽のマテ茶』2Lのフックタイプキャップです。
ひろさんから頂きました。いつも、ありがとうございます。

太陽のマテ茶のフックキャップは、ずっと探していたものです。特に意識はしていないとはいうものの、ゲットできないとなるとやはりなんとかしたくなるのがコレクター心理というものです。

Imageフックキャップは関西が多いとの情報がありますが、ひろさんも関西でゲットされたそうです。私もよく出かける地域ですが、今まで発見に至っていません。
よほどレアなんでしょうね。お持ちでない方も多いと思うので、なんとかしたいところです。ピンポイントで販売場所がわかれば大量ゲットの可能性もあります。

でも、なかなか上手くいかないですよねー。努力が報われるってホント少ないですね。それだからこそ、面白いってこともあるのでしょうけど。なんだか、切ないなぁ。
いつか、どこかで良いご縁に巡り合えますように。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スプライトの特保キャップ現る!

Cocacolaspriteextra01_2日本コカ・コーラ (株)『スプライト エクストラ』470mlペットボトルのノーマルギザグリーンシェル特保キャップです。

2017年6月5日(月)発売予定のところを、本日KUMAZCAPS御用達先行販売店にてゲットしました。
予想通りの特保キャップです。

Image相変わらず、印刷が見えにくいですね。ほとんど何が印刷されているのかわかりません。なんとかならないものでしょうか。やっぱり、特保表示の規定でもあるのかな。おかしいな。

コカ・コーラもスプライトも特保かぁ、時代は変わったな。次は何が特保になるのかな。ファンタ???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外国のペットボトルキャップ

Belgiumcocacolacoke01外国のペットボトルキャップを54個更新しました。
久しぶりの外国キャップの更新です。外国のキャップが入手できなかったわけではありませんが、掲載しないことが多かったです。それでも、最近ではロシアコネクションが途切れてからご縁が少なくなりました。

さて、今回はありふれたキャップが多いですが、実は古いキャップがかなりあります。画像のキャップはベルギーのものですが、1991年の表記が見えます。日本では1996年あたりが最も古いとされていますが、ドイツでは1980年代のキャップも存在したりします。

その他のキャップの年代は定かではありませんが、明らかに現在のデザインとは異なるので、かなり古いものであると推測できます。

このキャップ達は、コカ・コーラの王冠を主に収集しているカナダの王冠コレクターとのトレードでゲットしたものです。コカ・コーラ繋がりで、コカ・コーラのペットボトルキャップも集まって来ていたのかもしれません。アメリカやイギリスのものが多いようです。

ロシアのキャップコレクターはどうしちゃったのかさっぱりわかりませんが、ロシアは超キャップ大国なので、またどなたかとご縁があると嬉しいです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金龍『爽』の青色デカキャップ

Zzzkinryu02(株)金龍『爽』の青色デカキャップです。Wさんから頂きました。Wさんには、すでに『さわやかきんりゅうつや姫仕込 25%』1.8Lペットボトルと思われるライトグリーンデカキャップを頂いておりますが、今回は青色デカキャップです。

度数は20%しかないようですが、内容量は1.8Lと2.7Lがあり、たぶんキャップは同じだと思います。

Korui7ライトグリーンでさえレアなのに、ブルーのデカキャップはさらにレアですね。
なかなか自分でも購入できない逸品です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wさんの王冠達

Sapporobeer09_2Wさんには、本当にたくさんの貴重な王冠達を頂きました。
日本の王冠は古いものばかりですし、メジャーなビールメーカーの地方限定の王冠、地ビールの王冠、地方限定のソフトドリンクの王冠、はたまたメジャーなソフトドリンクの製造所違いなど118種類の王冠達です。

特に第二弾は、Wさんのお気に入りでお部屋に飾って楽しまれていたものなので、それはそれはレアですばらしい王冠達でした。この飾るということが、私にはなかなかできなくてつい仕舞い込んでしまう癖があります。

妻には、もっと飾って楽しんだらといわれますが、なかなかできません。本当は楽しむために集めているのだからそれが正解なのでしょうね。
Wさんのお話を伺って、本当に王冠集めを楽しまれた方なのだと感じました。
私の部屋は飾るほどの立派な部屋ではありませんので、どこまでできるかわかりませんが、いつの日か部屋中を王冠とペットボトルキャップで飾り付けて楽しい日々を送れたらいいなと思っています。

今回は、最後にサッポロビールの右肩上がりの勢いのあるスーパースターの王冠を紹介させて頂きました。
第二弾の王冠達は、こちらです。第一弾と合わせて118種類のニュー王冠を頂きました。この他にもたくさんの外国王冠と日本王冠のダブリを頂きました。こんなことは私の人生では二度と起こり得ないかもしれない奇跡のようなできごとでしたね。

いつまでも、希望を持って楽しんで行きたいものです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊藤園『お~いお茶 濃い茶』のゴールドシェルフックタイプキャップ

Itoen6507(株)伊藤園『お~いお茶 濃い茶』600mlペットボトルのゴールドシェルフックタイプキャップです。

本日、コンビニに寄ったら、ライトグリーンの『お~いお茶』のフックタイプキャップボトルと並んでおかれていました。
どちらも、名古屋ではとてもレアなので、まさかと思いましたが、こんなこともあるもんです。

Oiochakoichabottleフックタイプキャップは、神出鬼没です。いったい、いつどこで現れるのやら。ふぅ。
考えても仕方ないし、今日は疲れたからもう寝ることにします。とりあえず、手持ちのペットボトルキャップは全部リスト化したし、後は王冠やらなんやら処理が残っております。

もう少し、ニューキャップが出現する気配があります。6月を目前にして俄かに忙しくなって来ました。
いったいどうなってんだ、今年のニューキャップラッシュは!と嬉しい悲鳴です。フフ。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花王『ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て』の粗ギザキャップ

Kaohealthya12花王(株)『ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て』500mlペットボトルの粗ギザキャップです。

2017年4月13日(木)に全国で新発売されましたが、粗ギザを見かけたのはつい最近です。他のコレクターの方からも同じ頃に発見報告を頂いておりますので、流通がかなり遅れたか、突然粗ギザに切り替わったかです。

Healthyabottle01みなさんのところでも、同じような状況ではないでしょうか。
フックタイプキャップの登場とともに、何がなんだかわからなくなりつつあります。

これからどうなっちゃんでしょうね、キャップ業界は。うっふん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧