マンホールカード

GKP『マンホールカードコレクション2』発売!

81jdss9qpl

下水道広報プラットホーム(GKP)『マンホールカードコレクション2 第5弾~第8弾』が、2018年11月20日にスモール出版から発売されました。

今回はあまり宣伝されていないように思えますが、どうなんでしょうか。
前回は170種128ページで1,800円でしたが、今回は248種160ページで1,900円になりました。種類がかなり増えました。まだ増えそうな勢いですから、次回の出版の時はもっと本が分厚くなってんでしょうね。

さて、それじゃこれからじっくりと読むことにしますよ。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンホールファンだってさ。

Image002

2018年11月3日(土)に北九州市小倉北区にある北九州芸術劇場リバーウォーク北九州で開催された『第8回マンホールサミットin北九州』へ行った時に、TBSテレビに取材を受けましたが、2018年11月15日(木)の「あさチャン」のなかで、ほんの一瞬ですが、オンエアーされたようです。

なんとか画像をキャプチャーできました。
取材は3,4分はあったかと思いますが、使われるのはほんの一瞬で、テレビってーのは、本当に効率の悪いものなんですね。でも、それだけ厳選して良い所だけを見せるから見てもらえるのでしょうが、それが果たして真実を十分に報道しているかと言うと難しいですね。

私としては、マンホールカードの魅力を大いに語ったつもりですし、ペットボトルキャップコレクターでもあることを公言してアピールしたつもりですが、マンホールファンだってさ。ふぅ。
まあ、インタビューが採用されたのは、私がわざわざ名古屋から来た変なおっさんに見えたからでしょう。

ペットボトルキャップコレクターとしてならいつでも取材には応じますので、いつでもオファー下さいな。お待ちしておりますよ。

ちなみに、私は画像左側の人ですよ。普段は、帽子を被って変装しておりますが、何か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『第8回マンホールサミットin北九州』へ行って来たの巻き

Conv0031

2018年11月3日(土)に北九州市小倉北区にある北九州芸術劇場リバーウォーク北九州で開催された『第8回マンホールサミットin北九州』へ行って来ました。
初めての参加でしたが、たくさんのマンホーラーが来ていて大盛況でした。

マンホールカード目当てでしたが、他にも缶バッジやらコースターやらたくさんのマンホール関連の記念品を頂きました。

Conv0014

1階の会場で配布されたマンホールカードは9種類だと思います。
缶バッジ9個で最大3回の抽選ができるイベントがあって、「北九州下水道100周年記念オリジナルコースター 松本零士×マンホール~北九州発銀河行き~」のとても大きくて立派なコースターと中型のメーテルの缶バッジが当たりました。超ラッキーで最高っす。

Image_2

マンホール関連グッズを売っているところがあって、山田秀人氏お気に入りの「へんなともだち マンホーくん」の本がありまして、マンホーくんの缶バッジと初回配本についているオリジナル・マンホールカードが入っていたので購入しました。

7階の中劇場でのトークイベントのスペシャルトークに参加して、「第9弾限定北九州市マンホールカード」と「世界遺産の日本語版と英語版」を頂きました。

リレートークにも参加するとまだレアなカードをもらえましたが、博多に立ち寄って飛行機で帰宅するために、泣く泣く会場を後にしました。

本当に面白いイベントですね。来年は横浜で開催されるそうですから、是非行きたいです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州市漫画ミュージアム

Conv0001

北九州市小倉北区にある『北九州市漫画ミュージアム』へ行って、メーテルのマンホールカードをもらいました。
受付のお姉さんがメーテルのコスチュームを着ていたので、写真を撮らせてもらいました。著名な漫画家達の色紙が壁一面に掲示されていたりして絶好の撮影場所もありましたが、ご遠慮くださいとのことでこちらの場所に案内して頂きました。
とても良い写真が撮れてお気に入りです。

Conv0002

マンホールカードをゲットしたぞーという写真を一度撮ってみたかったです。まずまずかな。あはは。
ところで、このミュージアムは北九州市が運営しているのですね。福岡市も良いですけど、北九州市もなかなか魅力的な都市ですね。こうしてみると、やっぱり名古屋は魅力の無いうすっぺらな都市だとつくづく感じさせられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北名古屋市歴史民俗資料館『昭和日常博物館』

Image002マンホールカード第8弾で配布されている「北名古屋市」のカードを昨日もらって来ました。
平日は、北名古屋市役所東庁舎の下水道課で配布されておりますが、休日は北名古屋市歴史民俗資料館で配布されています。

北名古屋市役所の代表電話番号をナビに入力すると西庁舎へ案内されます。
目的地へ無事に到着するには、東庁舎の代表番号はないので、東庁舎の住所を入力しなければなりません。

GKPに記載されている配布場所は、住所も電話番号も記載されていなかったり、記載されている電話番号に従っても、到着するとさらにそこから別の場所を案内されることが多々あります。
もう少し親切で丁寧な案内をして欲しいと常々思う次第であります。

さて、休日は「北名古屋市歴史民俗資料館」で配布されているので、さっさと頂いて帰ろうと思って館の中に一歩足を踏み入れると、写真の光景が目に飛び込んで来ました。

昭和日常博物館」というのがあることは知っておりましたが、まさかこんなものが展示されているとは想像をはるかに超えていました。

昭和の時代の日常の懐かしいものが所狭しと展示されていて、50代以上の方には実際に使っていたものや目にしていたものがたくさんあってとても懐かしく癒される空間が広がっています。

これだけのものを収集するにはどれだけの労力と時間を要したかを考えると気が遠くなりそうです。その価値は計り知れませんし、現在は入館は無料なので、有料であっても何も問題はないように思えます。

マンホールカードしか興味のない方でも、十分楽しめる歴史空間なので、お立ち寄りの節はぜひ見学されてはいかがでしょうか?

Img_0513_2

Img_0541_2

Img_0529_2

Img_0532_2

Img_0536_2

Img_0547_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気のマンホールカード

Image中部電力は、LEGOLAND® Japanと共同で制作した「電気のマンホール」カードを2018年4月28日(土)から、でんきの科学館、浜岡原子力館、および川越電力館テラ46で配布を開始しました。

1人1枚ですが、レゴマニアも殺到してすぐに配布終了になるかと思ったら、配布開始から2日目でも余裕ででんきの科学館でゲットできたので、さほどの人気でもないのかもしれません。
下水道のマンホールカードコレクターには物足りず、スルーされたかも。

初回分の制作枚数は3,000枚ですが、特にロット番号とか何も印刷されていないので、増刷があったとしてもまったく同じものになるのではないかと思います。

カードの大きさとかは、下水道のマンホールカードとまったく同です。こんなカードがあちこちで発行されると楽しみではありますが、まずはこの電気のマンホールカードがシリーズ化してくれることが嬉しいかな。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンホールカードブームの仕掛人、山田秀人氏来名。

Img_0243

マンホールカードの仕掛人、山田秀人氏の講演会があったので、行って来ました。

講演会「日本のマンホールふたは世界に誇れる文化物」
日  時:平成30年3月24日(土) 10時~11時
場  所:水の歴史資料館 資料閲覧室兼学習室
講  師:山田 秀人さん(日之出水道機器株式会社)
定  員:先着30名

定員は先着30名との案内だったので、早めに出かけたら一番乗りでした。
主催者側が予想より大勢来ると見込んで60名分の席を用意していましたが、たぶん50人くらい来ていたと思います。
前の方に座ったので、間近に見られて、写真も撮っていいということだったので、動きと表情のある良い写真が撮れました。

話は1時間でした。なかなか聞けませんよね。マンホールの話が中心ではありましたが、最後はちゃんとマンホールカードの話で締められました。「広げよう!」「マンホーラー」のお決まりの掛け声もやって来ましたよ。
名古屋テレビの「UP!」が取材に来ていて、バッチリ映ったと思います。今日の夕方にでも放送するんじゃないかな。

なかなか興味深い話が盛りだくさんでした。

山田氏のご両親は日之出水道機器の社内恋愛でご結婚されたとか。山田氏は生まれながらにして、マンホールカードの申し子だったようです。

「つくば市」の第6版のカードは、写真の一部の上下が逆さまにしてあるそうな。持ってるわけないし。ぷっ。

面白かったのは、広報としていろいろなところへ販促に行った時に、ペットボトルのキャップをマンホールにしませんか?と真面目に提案したら、飲料に"下水"だの"汚水"だの何だよって言われたとか。今では、カフェでマンホールを展示するまでになったって感慨深げにおっしゃっていたのは、ペットボトルキャプコレクターにとっては、エールを送りたいお話でした。

帰りには山田氏が急きょ愛知県春日井市のマンホールグッズ制作会社の(株)エイジレスに手配してくれた名古屋市の「ご当地マンホールキーホルダー」と雪華堂(東京都中野区)の「マンホールどら焼き」を抽選でお土産に頂きました。

当館で配布しているマンホールカードにサインをもらおうと思って、カードとサインペンを準備していましたが、熱心な取り巻きの方が多くて諦めました。つうか、サインって書かれるのでしょうかね。
心残りはありますが、大変充実した時間を過ごせて楽しかったです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県のマンホールカード制覇!

Img_20170817_112021

本日、愛知県のマンホールカード16枚を制覇しました。すべて自力でゲット。夏休みを利用して平日しか配布していない役所関係を回ることができたので、無事達成できました。
豊橋市は3枚あって、お隣の豊川市も1枚あったので、都合4枚を「とよはし情報プラザ「で上がりです。休み中、辛抱強くすべての配布所まで私のわがままに付き合ってくれた妻に感謝です。

今までに71枚ゲットすることができましたが、自力でゲットしたのは愛知県の16枚と岐阜県の2枚の18枚のみで、他は全てキャップコレクターの皆様のお世話になったものです。キャップコレクターの皆様のご協力に感謝申し上げます。

愛知県は自力制覇ですが、他にコンプリートした県があります。
秋田県(1)
宮城県(3)
東京都(9)
千葉県(5)
栃木県(4)
石川県(1)
三重県(4)

静岡県はゼロです。隣県ですが、横に長いので物すごく遠い県です。岐阜県は2枚です。やはり、隣県ですが、縦に長いので物すごく遠い県です。
9月は平日に休みが取れるときがあるので、このあたりを少しでも回りたいと思っています。

とりあえずは、当初の目標を大きく上回ることができたので、あとはのんびりと集めます。今後とも、キャップコレクターの皆様のご協力をよろしくお願いします。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県マンホール展開催中!

Img_20170815_104436789

今日もマンホールカード集めの旅に出かけておりました。
ゲットしたのは、愛知県の稲沢市、一宮市、尾張旭市の3枚と岐阜県の池田町2枚の合計5枚です。稲沢市のマンホールカードは、愛知県下水道科学館で配布されていましたが、訪ねてみると運良く「愛知県マンホール展」を開催しておりました。

開催期間がこの案内板に書いてあったと思ったのですが見当たりません。HP等でも特に確認できないので、人知れず地味に開催されているのかもしれません。

Img_20170815_104851_2

愛知県のかなりのレアなマンホールの実物が展示されていたので、びっくりしました。ほとんどはマンホールカードには掲載されていないものなので、近い将来掲載されることがあるかもしれません。
なかでも、目を引いたのが豊田市の「WE LOVE とよた」ですね。ペットボトルキャップと同じデザインがマンホールになっているなんて、嬉しいじゃありませんか。持って帰りたいくらいです。

そうそう、このキャッチの向きですが、水平に展示されておりましたが、「TOYOTA CITY」の位置とかマンホールを開けるときに引っ掛ける切込み部分とかをよ~く見ると、少しずれているのがわかると思います。
このキャップは、本来右肩上がりをモチーフとしているので、10度程度右側が上がっているのです。なので、左回りに10度程度ずらして見て頂くと本来の位置になります。できれば、展示場のマンホールもこの向きにして欲しいものです。

Img_20170815_1100111

愛知県下水道科学館には、内壁のタイルを利用してマンホールのコピーがうまい具合に貼られて、日本地図にしてありました。私が指さしているのは愛知県下水道科学館のオリジナルマンホールです。

マンホールカードは、当初20枚くらい集まれば良いかなぐらいで始めたのが、今では60枚弱になりました。夏休み中に70枚くらいになるかもしれません。2017年8月1日現在で、マンホールカードは222種類発行されているので、約3分の1程度は集まりそうです。

自力でゲットできるのは愛知県内と東海3県の一部くらいのもので、他県のカードはキャップコレクターの皆様のお助けを頂いて集めることができています。
私はマンホーラーというわけではないので、マンホーラーの方とのお付き合いはありません。いや、たぶんですけど。

これからも、キャップコレクターの皆様とのお付き合いを通して、マンホールカードを地道に集めることができればと思っておりますので、よろしくお願いします。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マンホールカード コレクション 1』が発売されます。

Image002_2

「マン ホールカード」の第1弾~第4弾の計170枚をすべて掲載したオールカラーの公式コレクション・ガイドブック『マンホールカードコレクション 1』が、2017年7月27日(木)にスモール出版から発売されます。

「マン ホールカード」は、地元のカードを中心として、他地域のものはキャップコレクターの皆様のご協力を頂きながら少しずつ集めています。20種類も集まれば良いかなと思っていますが、これが本になって未収集のカードも楽しめるというのは魅力的ですね。

さっそく本を予約しました。カラーのマンホールも多く、魅力的なデザインのものが多いので、今からとても楽しみです。^^

そう言えば、マンホールを作っている会社が、本物のマンホールのミニチュア版(手の平より少し小さいくらいの大きさ)を作っているそうな。非売品なんでしょうけど、知ったからにはめちゃ欲しくなって来ました。1個でも2個でも良いので探し出して、手に入れて飾っておきたいです。

妻には、終活のコレクションの整理を迫られている身の上故、増やしたくないところではありますが、欲しいものがどんどん増えて困ったものです。いつになったら、収集欲が果てるのやら。まあ、小遣いはどんどん減って行きますから、収集欲が果てなくても先に小遣いが果てますな。ぷっ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)