旅行・地域

箱根に行って来ました。

Hakonetozantetsudo201105022011年5月1日(日)は中央自動車経由で富士山、箱根湯本、小涌谷泊。2日(月)は小田原まで足を延ばし、東名高速道路経由で帰って来ました。

富士山は「富士スバルライン」が強風のため木が道路を塞いだり、5合目休憩所も立っていられる状況ではないということで1合目までしか行けなかったので入口で引き返しました。春のこの時期にはこんなこともあるんですね。

そうそう、河口湖ICで降りたので富士急ハイランドに寄りました。遊園地内自販機の『Q水』は品切れで、代わりに『富士ミネラルウォーター』が販売されていました。残念!

箱根登山電車に乗りましたよ。小涌谷駅から箱根湯本駅まで。時間にして30分ちょっと、料金は350円。写真は2日目に大平台駅改札口付近から撮ったものです。
電車は山の傾面を登るためスイッチバック方式でジグザグに登ります。スイッチバックは大平台駅の他、出山信号場、、上大平台信号場の3ヶ所で行ない、そこでは運転士と車掌が入れ替わるそうです。レトロな電車で切り立った山の斜面をゴトゴトとゆっくり下って行くのは実に楽しかったです。

小田原までは箱根湯本駅で乗り換えです。結構時間がかかるので1日がかりでないと楽しめませんね。時間も遅かったので、小田原は諦め、帰りは箱根登山バスに乗ってホテルまでほぼノンストップの20分で到着。これはこれで曲がりくねった山道を快走するのはスリルがあって楽しかったな。^^

2日目に小田原城、小田原駅付近を散策。小田原から東名高速道路大井松田ICへ向かう途中のスーパーでデカキャップの新種を発見しました。他に新種は発見できませんでしたが、『箱根の森から』が自販機で売っていたり、『箱根山の天然水』がコンビニで売っていたりしてして嬉しかったですね。

帰りの高速道路は平日ということもあってほとんど渋滞もなく快適なドライブでしたが、黄砂のせいで物凄くもやっていて富士山が綺麗に見えなかったのが残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京オフ会前日

Tokyo2009071801_2
7月18日(土)。まずは、麻布十番に立ち寄り「総本家 更科堀井」で4種類の蕎麦を3人で仲良く分け合って食べました。江戸前はダシが辛めの印象がありましたが、こちらは甘めで名古屋人にはちょうど良かったです。

さて、麻布十番から六本木ヒルズ、ザ・リッツ・カールトン東京を経て、テクテクと西麻布の「アクアストア」さんまで。あの坂、結構きつかった。
アクアストアさんは表通りから1筋中に入った静かなところにありました。店内はとても広くてディスプレイも豪華です。さすが、東京のお店は違います。

お水で目を引いたのが、スイスのアルプスの少女ハイジをイメージした「Heidiland(ヒデジランド)」。2種類のボトルが展示してありましたが、キャップのデザインが物凄く綺麗でした。あいにく、販売はしておらず、次回の入荷はいつになるかわからないとのこと。外国のボトルは1回入荷したらそれっきりということが多々あるので、その時に運良く巡り合えないと入手できないこともあります。

Tokyo2009071802
壽屋の「東京ONLYPIC2008」の自販機です。上段の左端と右端に並んでいます。ホテルへ行く道中にあったので寄ってみました。まだ、売っていたので感激です。^^

Tokyo2009071805_2
偶然ですが、宿泊先のホテルから歩いて5分くらいのところに、バンダイさんの本社がありました。社屋の外には大きな木がたくさん植えられていて、そこにはウルトラマンや仮面ライダーなどのオブジェが立ち並んでいます。

社屋内のショールームには、ボーイズトイ事業部、ガールズトイ事業部など各事業部の開発商品がディスプレイされていて外からも見ることができるようになっていました。さすが、バンダイさんです。休日に行っても楽しめるようになってます。

でも、プレイトイ事業部の商品がなかったように思ったけど、どうしちゃったのかな。私の痛恨の見落とし???

Tokyo2009071804
この日は、大学時代の友人に4年ぶりに会うことが出来ました。
浅草の「神谷バー」で電気ブランでもってまずは一杯。いちど来てみたかったところです。タイムスリップしたような不思議な感覚に陥りますが、下町の雑多な雰囲気があってすごく活気のある賑やかなお店です。

もう1軒ということになり、入ったお店がこの「駒形どぜう 浅草本店」です。友人は30年ぶりと言っていました。このお店、実はバンダイさんの道路を挟んだすぐお隣で、昼間バンダイ本社を見学したときに、レトロな感じのお店があるものだなあと見入っていたそのお店でした。こんな偶然もあるものです。(写真の左奥に少しだけ見えるのがバンダイさんです。)

友人とは入学した時の下宿が同じで、会うといつも下宿の話が出ます。当時は、賄い付きだったので、まさに同じ釜の飯を食った仲間ですが、その飯が臭かったのがいつまでも忘れられません。
人はどんどん歳をとり、容姿もどんどん変わって行きますが、変わらぬ友人の前向きな姿を拝見して元気が出ました。お互い、健康第一でこれからもがんばりたいものです。^^

今回は、バンダイさんの「CapHeads!」のお陰で、東京の友人にも会うことが出来ましたし、コレクターの皆さまとも楽しい時間を過ごすことが出来ました。こうして、また楽しい思い出を増やすことが出来ましたことを改めて皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

青春18きっぷの旅(松本編)

20090404jrmatsumoto01青春18きっぷ松本まで行ってきました。関西方面も考えたのですが、今回は信州へ。

最初は塩尻までの予定だったのが、塩尻の駅周辺はなんにもないところで、遺跡そば「幸楽」で1,750円もするおろしそばを食べた後、すぐに岡谷駅まで足を延ばし、予定を変更して松本駅へ向かいました。松本駅はすごく立派な駅でした。駅周辺もとても賑やかで塩尻とは大違いです。予定外の行動で滞在時間は50分程度しかありませんでしたが、ファンタの亜種を駅前のサークルKで見つけました。

Cocacolafanta07この亜種は、スヲッカさんが運営する『あ と り え * フ リーズ !!』の「◎あけるの文字の位置が!」で紹介されていたものです。ついに見つけました。信州で!

松本にはまだまだ何かありそうですね。
青春18きっぷは4月10日で終わってしまうので、今度は高速道路1,000円乗り放題で行くことにしましょう。長野までは楽に行けるな。楽しみ、楽しみ。^^

今回の、行程はこんなんでした。

金山~中津川(73分)1,280円、中津川~塩尻(96分)1,620円、塩尻~岡谷(11分)230円、岡谷~松本(28分)400円、松本~塩尻(16分)230円、塩尻~恵那(109分)1,890円、恵那~金山(58分)1,110円
乗車合計時間 6時間31分
乗車合計運賃 6,760円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青春18きっぷの旅(熱海編)

Seishun18kippu01青春18きっぷで熱海まで行って来ました。

JRは「青春18きっぷ」を11,500円(5回分)で販売しています。
1回分は2,300円で乗り放題なので、名古屋から熱海まで日帰りでたったの2,300円で行ってこられるというわけです。
改札は自動改札を通ることが出来ないので、いちいち駅員さんの確認を受けなければいけませんが、駅員さんも忙しく手がふさがっていることが多いので、ほとんどフリーパス状態でした。

今回の行程はこんな感じでした。
金山~掛川(105分) 2210円、掛川~静岡(45分 )820円、静岡~熱海(73分)1280円、熱海~三島(14分) 320円、三島~静岡(65分)950円、静岡~浜松(74分)1280円、浜松~金山(79分)1890円
乗車合計時間453分(7時間33分)
乗車合計運賃8,750円

Atamibeer01折り返しの熱海の海岸のあるお店で購入した「熱海ビール(酪農王国オラッチェ)」。天気予報は晴れだったので、少し薄着をしていったら生憎の空模様で少し寒かったです。せっかくのビールもちょっぴりほろ苦く感じられました。でも、王冠は無事ゲットです。お店のお姉さんにお願いして使用済み王冠を少し頂いて来ました。唯一の収穫です。ペットボトルキャップはどこへ行っても新種は見つからず。

もう少し足を延ばして小田原あたりまで行けそうだったけれど、名古屋から日帰りでは熱海あたりが程よい距離なのかな。
この「青春18きっぷ」は3月1日から4月10日までに使い切らなければいけません。
次回は、関西方面(目標は、舞鶴あたりまで)を予定していますが、どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沖縄へ行って来ました。

Ryukyumura2008111601沖縄へ行って来ました。
2泊3日のツアー旅行でしたが、中部国際空港午後出発の那覇空港午前出発だったので、実質1日のようなものでした。なにぶん今がお安く行ける貧乏旅なもので。行く先々で修学旅行生といっしょになりましたよ。

この写真は恩納村の琉球村で撮ったものですが、口を大きく開けているシーサーは雄で幸せを呼び込むのだそうです。口を閉じているのは雌で幸せが逃げないようにしっかりと幸せを閉じ込めているのだそうです。私も口を空けて幸せを呼び込んで来ましたが、口は大きくないので、幸せは少なかったかも。(笑)

さて、今回の旅ではペットボトルキャップの新種は収穫なし。ただ今まで自分では入手できなかったものも見つかったので購入したのと、お水関係(ボトルドウォーター又は清涼飲料水)では何本か新種らしきものを見つけました。牛乳パックもありましたが、持ち帰りに苦労しそうだったので、今回はちょっとパス。でも、“やぎのみるく”の小さなペット容器は持ち帰ったのでいかがでしょうか?
そうそう、王冠も酒蓋ダメでしたねぇ。

沖縄はレンタカーが大変多いので、思い思いに沖縄を楽しんでいらっしゃる方が多いのでしょうね。
今回は取りあえず下見といったところですが、次回また行く機会があればレンタカーで走り回って探索したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

淡路島・四国・神戸の旅

20070816028月16日(木)~18日(土)まで、淡路島、(明石大橋)、四国、(瀬戸大橋)、(岡山・姫路経由)、神戸へ行って来ました。

四国へ行ったと聞いて、KUMAはついにお遍路に出かけたか!と一部で噂になりましたが(笑)、天に召されるにはまだまだ早いです。でも、御朱印帳はいつも持ち歩いていますが。

行く先々でお茶ボトルお水ボトル(現在取り調べ中)、日本酒、ビールの王冠などたくさんゲットできましたが、ペットボトルキャップの新種には何ひとつ巡り会えませんでした。


2007081601淡路島の慶野松原海岸では、大変綺麗な夕陽を見ることが出来ましたが、なんとなく寂しげに見えなくもない(爆)。

追い討ちをかけるように神戸のシティー・ループバス内に携帯電話を落としました。バスに腰掛けた時に、ポケットからスルッと抜け落ちたのだと思います。幸い営業所の方が確保して下さいまして、宅配便で送ってもらえることになりました。
どこで、落としたものか分からず落胆しておりましたが、見つかってとても喜んでいます。
神戸交通振興(株)ポートアイランド営業所の方々には、大変なお手数をお掛けしてしまいますが、よろしくお願い致します。

2007081701そうそう、山陽自動車道の吉備SAで、ダイドーの復刻堂の珍らしい看板を見かけました。電柱の袖看板には「DyDo【復刻堂】」、地番には「大同区復刻堂3」と表示されていましたよ。

今回は収獲の無い旅だったので、「ペットボトルキャップコレクションの旅-四国編-」とはなりませんでしたが、明石大橋、瀬戸大橋の雄大な景色を見ることも出来たし、金比羅宮にも行って讃岐うどんも食べ歩いたし、神戸の異人館や南京町も覗くことが出来たので、まずまずの旅でした。

心残りは、大阪や神戸の方々にお会い出来なかったことですが、またいつかお会出来る機会もあるかと思いますので、その節はよろしくお願い致します。

| | Comments (2) | TrackBack (0)