王冠

麒麟麦酒『一番搾り<黒生>』の王冠

Kirinbeerichibanshiborikuronama02麒麟麦酒(株)『一番搾り<黒生>』334ml瓶の王冠です。
一番搾りブランドから、黒ビール「一番搾り スタウト」の後継商品となる「キリン一番搾り〈黒生〉」が2017年10月10日(火)から全国で新発売しました。

近所の酒屋さんから2ヶ月くらい前から「スタウト」が消えてしまって残念に思っていたところ、今日行ったら、「スタウト」が置いてあった場所に「黒生」が置いてありました。

麒麟の王冠で無地のものはないと思うので、新商品が出れば新デザインというのも嬉しいです。この良き伝統はずっと引き継がれて欲しいものです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中京サインボトリング『郡上八幡の天然水』の王冠

Chukyosignbottling06中京サインボトリング協業組合『郡上八幡の天然水』360ml瓶の王冠です。
デザインは変わっていませんが、住所が2006年に師勝町が北名古屋市に合併したことに伴い、表記が「愛知県師勝町」から「愛知県北名古屋市」に変わっています。
前の王冠は12年前にゲットしたということですね。なんか、ちょっと感慨深いものがあったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロな王冠達がやってきた。

Minseidodrink01Mainichikosenjyo01ジャンボフェニックスさんからいただいた王冠16個です。使用済み王冠が2個と未使用王冠が14個です。

ジャンボフェニックスさんは、ソフトドリンクの王冠を集めておられますが、殊に各地の廃業した会社も含めソフトドリンクメーカーを自分の足で訪ね歩き、未使用王冠の発掘と蒐集を喜びとしておられる夢追い人です。

私も未使用王冠にはとても魅力を感じるので、かつては地ビールメーカーを訪ね歩いたこともありますが、各地に点在するので、面白いように集められるものではく、かなりの苦労を伴います。

どの王冠もジャンボフェニックスさんが苦労して集められた大変貴重なものばかりですが、その中から掲載用にふたつの王冠を選んでみました。

右側の王冠は山口県の(株)民正堂飲料水工場の「あめゆ」で、左側の王冠は岡山県の(有)毎日鉱泉所の「ホームコーラ」です。どちらもレトロ感が半端ないですが、ライナーはコルクなので、そうとう古いものですね。
でも、王冠の表面とコルクのどちらもとても状態が良いので、大切に保管されてじっと出番を待っていたのでしょう。

私的には、オリオンビールの「オリオンドラフトビール」の未使用王冠も何気に嬉しかったりしますが、まあ、それにしてもほとんどが会社名を見たこともないレアな王冠達ですね。

貴重な王冠をありがとうございました。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ『ウィルキンソン ジンジャエール』のリニューアル王冠

Asahiwilkinsongingerale02アサヒ飲料(株)『ウィルキンソン ジンジャエール』190ml瓶のリニューアル王冠です。

大きく変わった点は、製造所固有記号が「SKT」だったのが、「製造所 兵庫県明石市二見町南二見1-33」になり、原材料名が詳細に記載されています。

明石工場は「T 、L」のはずですが、そもそも「SKT」ってどこなんでしょうね。製造所が変わったとも思えないので、単なる固有記号の表記方法の変更なのだとは思いますが。

ドライジンジャエール」と「トニック」は特に変わっていなかったと思います。順番にこの表示形式に変更になるのかもしれないので、しばらくは要観察です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『養老サイダー』の復刻王冠?

Yorocider01養老サイダー復刻合同会社『養老サイダー』の王冠です。
名神高速道路の養老サービスエリアでゲットしました。

養老サイダーとは、かつて岐阜県養老郡養老町で1900年(明治33年)から製造開始していた“日本最初のサイダー”と言われ、2000年(平成12年)に惜しまれながら製造中止となりました。幻となった『養老サイダー』ですが、2017年は元号が『養老』になった年から数えて1300年になったのを記念して復刻し、17.年ぶりに復活しました。

復刻というからには、当時と全く同じものを再現する必要があるとお考えのようですが、王冠は当時のものではないようなので、ポリシーも適当ですね。大変残念です。当時の王冠がどんなデザインであったのか、せめて紹介くらいはして欲しいものです。

でも、よく考えると当時の王冠には社名やら住所も印刷されていたと推測できるので、それをそのまま復刻するというのはできませんよね、きっと。王冠が無地でなかっただけでもラッキーということかな。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸昌醸造場『マルク醤油』の王冠

Marushojozojo01_2(株)丸昌醸造場(岐阜県郡上市)『マルク醤油』の王冠です。2017年9月に郡上方面へ遠征に出かけた際に八百屋のような小さなスーパーで見つけて購入しました。

こういった醤油は地方へ行かないとなかなか購入できません。旅先で他にもいろいろな珍しい醤油を見かけることはよくあります。その時々でないと買えないものが多いので、買って帰りたいのはやまやまですが、1年に2本程度しか消費できないので、そうも行きません。

たまたまご縁のあった醤油の王冠と言うことで、大切にしたいと思います。
酒蔵巡りも楽しいと思いますが、機会に恵まれれば醤油醸造所巡りも楽しいかもしれません。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホッピービバレッジ『コアップガラナ』の王冠

480559_520107108049878_1138991464_n

Hoppycoupguarana01_2ホッピービバレッジ(株)『コアップガラナ』の王冠です。
youth-kさんから頂きました。いつもありがとうございます。

ホッピービバレッジの王冠の付いた瓶飲料は、確認できるだけでもホッピーが5種類とビールが4種類、それにこのコアップガラナを加えた10種類で、他の種類の飲料も合わせると15種類くらいにはなりそうです。

同社のHPにはどういうわけかこのコアップガラナは、スクリューキャップの画像が掲載されています。
推測ですが、王冠のデザインは全部違うような気がするので、そうだとすると王冠の種類は15種類くらいはあるのかもしれません。名古屋では購入することができないので、自力で確認することはできませんが、こうして頂けるものからコツコツと確認するしかありません。

もし、15種類くらいもあるのなら、未使用王冠のセットで欲しくなっちゃいますね。ホッピービバレッジさん、送ってくれませんかねー。額縁に入れて飾っておけるくらいの圧巻のコレクションになるでしょうねぇ。

ずいぶん昔のことになりますが、博水社の王冠を一式ごそっと送ってもらった人を知っています。なんでも2回も同じものを送ってもらったそうな。しかも大量に。世の中、気前のいい会社と運の良い人もいるものですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のリニューアル王冠

Touchdownbeer02Tagohonkeshuzo02BARUさんから頂いた日本のリニューアル王冠です。

右側の王冠は萌木の村(株)『タッチダウンビール』で、「TD」が「TOUCH DOWN」に表記が変わりました。
左側の王冠は(資)多胡本家酒造場『作州津山ビール』で「賞味期限」と「TAGO BREWERY COMPANY」の表記が消えて賞味期限は日付とともに印刷されています。

地ビールは、お目にかかる機会が非常に少ないのとお値段も非常にお高いので、自力ではゲットすることが難しいです。王冠がリニューアルしたことも嬉しいですし、送って頂けたことも非常に嬉しいです。ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コダマ飲料の未使用王冠

Kodamadrinkkuensan01コダマ飲料(株)『お疲れさんにクエン酸!』の未使用王冠です。がんちゃんから頂きました。いつもありがとうございます。

コダマ飲料の王冠で現在確認できる範囲で入手可能な物は8種類かと思います。
すでに使用済み王冠で、コダマアセロラサワー、コダマ青りんごサワー、コダマしそバイスサワー、コダマレモンサワー、コダマライムサワー、コダマタンサン、コダマサワーうめの7種類が確認できていましたが、この『お疲れさんにクエン酸!』の未使用王冠で8種類目が確認できました。(がんちゃんには、今回8種類すべての未使用王冠を頂いています。)

色といい商品名といい、とてもインパクトのある楽しい王冠ですね。東京では、入手可能なのがとても羨ましいです。これだけの種類があったら、1ヶ月に1ケースのペースで8ヶ月かけて全種類を飲み干し、あとは外国の王冠コレクターとすぃ~っとトレードでメデタシメデタシですね。こんな夢のような日が来ませんかね。うっふん。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『郡上八幡麦酒こぼこぼエール』の王冠

Gujyohachimanbeerkobokoboale01郡上八幡麦酒こぼこぼ(岐阜県郡上市)『こぼこぼエール』の王冠です。

郡上八幡旧庁舎記念館を訪れた際、食堂の入口の陳列棚にこのビールが置いてあったので購入しようとしたら、食堂で食事する人しか飲めないということでした。お値段も750円と非常にお高いので、諦めましたが、すでに抜いた王冠はないものかと食堂の方にお尋ねしたところ、幸運にも昨日抜いた残りが1本だけありました。

お高いので、なかなか出ないとのことでたくさん頂けなかったのが残念でした。
自宅に戻ってから調べてみると、すぐ近くにパブと醸造所を兼ねたお店があるみたいで、訪問できるせっかくの機会を取り逃がしたことが悔やまれますが、1個だけでもゲットできたことを素直に喜びたいです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧