« アサヒ『大五郎』のデカキャップ | トップページ | コカ・コーラ『コカ・コーラ』のNCC社製ノーマルギザ「糖入り」キャップ »

『ペットボトルキャップコレクションの旅』開設20年

Image_20210514170801

ペットボトルキャップコレクションの旅』が、2001年7月に開設以来、2021年7月で20年を迎えました。
20年コレクションを続けてこそ一人前のコレクターを目標にここまでやって来ましたが、20年経った今まだまだ半人前であることを痛感しています。もの凄く長い年月に思われましたが、過ぎてみればあっという間です。

この20年の間にいろいろなことがありました。
コレクションを初めて間もないころ、数名の同じキャップコレクターからSNSで壮絶なイジメに遭い、村八分になってサンドバッグ状態が長く続きましたが、関わらず黙々と活動を続けることでやり過ごせました。SNSのイジメは今に始まったことではありません。イジメに関わったほとんどのコレクターは姿を消しましたが、今もなお生き残り活動を続けているB級コレクターには軽蔑しか感じません。

キャップメーカーのN社パワハラ事件というのがあって、それはそれは酷いものでした。最終的に謝罪を勝ち取りましたが、後味の悪いものでした。寡占状態の巨大なメーカーの驕り高ぶりが垣間見えて、同じキャップを愛するものとして残念の一言しかありません。

そういえば、O社密告事件というのもあって、私が不用意に投稿した記事を聖地とされるO社に密告され、O社にご迷惑をお掛けしてしまったことがありました。今でも大変申し訳ないことをしてしまったと思っています。密告があったことは、O社から告げられましたが、未だにその密告者はだれかわかっていませんし、知ろうとも思っていませんが、イジメ事件に関わっていた輩であることは間違いないでしょう。

そうかと思えば、水やのおいさんのように、周南市の自分の会社まで招いてくれて夜の酒席までごちそうになり、さらにいっぱいのお宝のお土産まで送ってくれた社長様もおられました。その方はその後2年も経たない内に、亡くなってしまいました。死期を悟っての覚悟のおもてなしであったのだろうと思っています。

共に歩んできた最も敬愛する同志が表舞台から忽然と姿を消したことは、キャップ業界にとっては大きな痛手であり、また私にとっては深い悲しみでもありました。

たくさんの雑誌や新聞に掲載して頂きました。テレビ放送で大阪のMBSのスタジオで生出演したこともありました。スター達に取り囲まれて極度の緊張で喉がカラカラになってしまったことは忘れることはできませんが、震えるような良き思い出です。ラジオ出演も叶いました。本が出版できなかったことだけは悔やまれますが、もう十分です。

嫌な思い出もたくさんありますが、それよりも親切な飲料メーカーの方々や、ご協力下さっているたくさんのコレクターの皆様のおかげで楽しい20年を過ごすことができました。

コレクションを顧みれば、毎月100個のコレクションを積み重ねれば、20年で240ヶ月。個数にすれば24,000個になるので、それが目標ではありましたが、途中から失速して、未だ22,000個弱で足踏み状態となっているのが、残念ではあります。

この先コレクションをいつまで続けるか目標のようなものはありません。ただ、コレクションの止め方については、いろいろと思うところはありますが、どうするか決めかねています。
王冠と酒蓋については、お譲りする方を決めております。良きときにお譲りできたらと思っています。マンホールカードはどうしましょうか。思い切って一式を売ってしまうのが良さそうです。少しは、老後の足しになるでしょうか。

さて、キャップはどうしましょうね。方法としては、
1.キャップコレクション一式を売りさばく。
2.キャップコレクション一式をお譲りする。
3.キャップコレクション一式を寄付する。
4.キャップコレクション一式を廃棄物として処分する。
5.放置する。
とかが考えられますが、どなたかから良きご提案があれば、考えてみようかなと思っています。

コレクションの行く末が見えるまでは、今しばらくはコレクション活動をボチボチと続けようと思っておりますので、今後とも、当ブログと『ペットボトルキャップコレクションの旅』をよろしくお願いします。^^

| |

« アサヒ『大五郎』のデカキャップ | トップページ | コカ・コーラ『コカ・コーラ』のNCC社製ノーマルギザ「糖入り」キャップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アサヒ『大五郎』のデカキャップ | トップページ | コカ・コーラ『コカ・コーラ』のNCC社製ノーマルギザ「糖入り」キャップ »