« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

UCC『COLD BREW BLACK ラベルレスボトル』のラベルレスキャップ

Image_20211124203401

Ucc06 ユーシーシー上島珈琲(株)『COLD BREW BLACK ラベルレスボトル』500mlペットボトルのNCC社製粗ギザラベルレスキャップです。しゅんさんからいただきました。いつもありがとうございます。

ついに、『COLD BREW』にもラベルレスかぁって感じですね。バランスの良いデザインだと思いますが、コーヒー豆が無くなっちゃいましたね。どこかに残して欲しかった気もするけど、まいっか。

ラベルレスキャップは、季節に関係なくバラバラと出てくるのですね。準備が出来次第発売といったような感じなのでしょうか。こういった傾向は、ウエルカムではありますが、やはり通販でしか購入できないというのはウエルカムではないですね。

でも、しゅんさんはいつもいちはやく情報をキャッチして果敢に挑戦しているので、凄いと思います。情熱とパワーがないとできないことですね。
私など、どちらも消え失せつつあるので、ただの傍観者になりつつあるような気がします。

これからも、みなさんのお世話になることが多くなると思いますが、よろしくお願いします。^^

| | | コメント (0)

UCC『ポップキッズ(Popkids)』のペットボトルキャップ

Uccpopkids01 ユーシーシー上島珈琲(株)『ポップキッズ(Popkids)』のペットボトルキャップです。Oさんからいただきました。いつもありがとうございます。

このキャップについては、UCCの商品であることの情報は持っていたので、UCCのお客様担当様に確認してみたところ、確かにUCC社の商品であることが確認できました。

キャップのデザインは、まさにポップでわくわくしますし、飛び跳ねるキッズ感もあります。最近、なかなかこういったデザインは見かけられないですね。

UCCのお客様担当様によれば、「ポップキッズ」のペットボトル製品は1999春に下記4アイテムを発売したそうです。
・ポップキッズ メロンクリームソーダ PET500ml
・ポップキッズ バナナクリームソーダ PET500ml
・ポップキッズ メロンクリームソーダ PET1.5L
・ポップキッズ ラムネード PET1.5L

このキャップがどの商品のものかまではわかりません。また、このキャップのフォントの色はオレンジ色ですが、赤色のフォントのものもあることがわかっています。なので、ひょっとしたら、他の色のフォントもあったかもしれませんね。

いずれにしても、大変珍しいレアなキャップであることは間違いありません。なんだか、古き良き時代の浪漫がありますねー。^^

| | | コメント (0)

大塚『シンビーノ ジャワティストレート レッド』の粗ギザキャップ

Botsukajava0412 大塚食品(株)『シンビーノ ジャワティストレート レッド』2LペットボトルNCC社製粗ギザキャップです。ひろさんからいただきました。いつもありがとうございます。

名古屋では、粗ギザはまったく見かけません。どうやら2Lペットボトルのキャップが粗ギザのようですから、2Lペットボトル自体を見かけないので、見つからないはずです。

71412vs7jjl_ac_sy500_ 逆に、ひろさんのお住まいの地域では、ノーマルギザが見つからないようですから、わからないものです。でも、ちょうど、良きタイミングでお声掛けいただきましたので、良きトレードでありました。^^

| | | コメント (0)

コカ・コーラ『ジョージア ショット&ブレイク 微糖』NCC社製粗ギザフックのプラマークキャップ

Cocacolageorgia1132 コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『ジョージア ショット&ブレイク 微糖』195mlペットボトルのNCC社製粗ギザフックのプラマークキャップです。

コンビニでなにげに手に取って、確認してみるとNCC社製でした。CSI社製より、文字が少しは見やすいですね。

Image1_20211124161801 自販機でもゲットできるんでしょうかね。自販機ギャンブルは失敗も多いので、手売りで見つけたいものです。^^

| | | コメント (0)

沖縄のマンホールカード3種

Image1_20211122171201

沖縄キャップハンターのNさんからいただいた沖縄マンホールカードです。

左から、
名護市(B001) 第12弾 2020/04/25発行
名護市(C001) 第13弾 2020/12/17発行
沖縄市(A001) 第12弾 2020/04/25発行

これらの沖縄のカードは、コロナ禍の非常事態宣言下で、配布が中止されていたり、移動が制限されて沖縄へ行けなかったりしていたので、入手が非常に困難で、この3枚が一度に頂けるということは、夢の様なというか奇跡のようなものですね。
さらに、驚くべきとこは、これらのカードのロット番号は全て「001」の初版ということです。

沖縄キャップハンターのNさんは、守礼門ハイビスカスを代表とする数々の伝説的なペットボトルキャップを発掘して、この世に送り出して下さった方です。

最近では、ミネラルウォーター関係のキャップは、ほぼほぼ白フタ化になってしまったので、新種の発掘が困難というか、ほぼ不可能というような状態になってしまっているように拝察します。
そんな中でも、沖縄を訪れるたびに、一生懸命探し回って下さるわけですが、今回は私がマンホールカードも集めていることをご存じで、ゲットしたカードをわざわざ自宅にまでお届けくださいました。

これだけ、高難度のハイセンスなペットボトルキャップやマンホールカードを提供して下さる方は、素晴らしいと言いましょうかとても粋人だなと思います。非常に面白くて興味深い方です。

このたびも、本当に貴重なカードを頂きました。ありがとうございました!

| | | コメント (0)

不明キャップ「アンタチカ・ガラナ」ーKさんコレクションー

Unknown10 Kさんコレクションの「アンタチカ・ガラナ ANTARCTICA Guarana」のペットボトルキャップです。

ネットで検索してみると、「UCCガラナ」という瓶と缶の商品が見つかったので、ペットボトルもUCC社のものではないかと推測して、お客様担当様に問い合わせてみました。
本日、回答があり、確かに1980年代に「UCCガラナ」という瓶と缶の商品を発売したが、ペットボトルは発売したことはないとのことでした。

他には「アンタルチカ社」が検索でヒットしますが、ペットボトルの発売は確認できません。日本のキャップに間違いありません。かくして、究極の謎のキャップとなりました。

これで、Kさんコレクションはお仕舞です。たぶん、全部1990年代後半のキャップなのではないでしょうか。1990年代後半にはこんなキャップ達がいたのだし、まだまだ見ぬキャップ達もたくさんいることでしょう。

また、いつかそんなキャップ達に出逢える日があれば、幸いです。^^

| | | コメント (1)

不明キャップ「AQUA」と「D」ーKさんコレクションー

Unknown08 Unknown09 Kさんコレクションの不明キャップ「AQUA」と「D」のペットボトルキャップです。
どちらのキャップもまったく手掛かりなしです。探しようがありません。知っている人しか知らないキャップですね。というわかで、このキャップのことをご存じの方がいらっしゃいましたら、ご一報をお待ちしております。

もう1個だけ不明キャップが残っています。ちょっと心当たりがあって、メーカーに問い合わせ中です。何かわかれば詳細を報告しますし、何もわからなくても不明キャップとして報告します。^^

| | | コメント (0)

沖縄ボトラーズ『ヒラミレモン シークヮーサー』ーKさんコレクションー

Image_20211113113901 Kさんコレクションの沖縄ボトラーズ(株)『ヒラミレモン シークヮーサー』のペットボトルキャップです。
詳細は不明です。こんなデザインのキャップは、今でもあっても良さそうに思えるシンプルなデザインです。キャップの裏側は青色ライナーが付いているし、やはりかなり古いものなのだと思います。

現在でもヒラミレモン自体は販売していると思うので、ぜひ、このデザインの復刻版を出して欲しいものです。^^

| | | コメント (0)

UCCのキャップ-Kさんコレクション-

Ucc00 KさんコレクションのUCCのキャップです。詳細は不明です。
天面の中央に白く小さなが見えますが、これはデザインではなくで、俗に「へそ」と呼ばれるキャップの射出成形時に残る窪みです。この「へそ」があるものを「へそあり」というキャップの種類で呼んでいますが。正式にはNCC社の「ユニロック」というキャップになります。

それにしても、ブルーがとても鮮やかで綺麗ですね。他のキャップでは同じ色を使ってもなかなかこんな色にはならないと思います。「へそあり」のキャップは天面がつるつるしていて、凹凸が無いので、色が均一に見えるので発色が良いです。

このキャップもお気に入りのキャップです。^^

| | | コメント (0)

日本たばこ産業『HALFTIME(ハーフタイム)』-Kさんコレクション-

Zjthalftime01 Kさんコレクションの日本たばこ産業株式会社『HALFTIME(ハーフタイム)』のペットボトルキャップです。日本食糧新聞の記事によれば、発売年は、1997年です。

実は、このキャップを持っていたことがあります。
今から15年ほど前に、自宅から少し離れたお墓の竹やぶの枯葉の中に埋まっていたのを掘り起こしたのです。ですが、色褪せて、大きく傷ついていたので、しばらくは持っていましたが、捨ててしまいました。鑑賞に堪えない物だったのです。

このキャップの色はすごく淡い色に見えますが、色褪せているわけではありません。最初からこの色だったと思います。状態は、とても良いです。再び、このキャップに出会えてとても嬉しいです。^^

| | | コメント (1)

日本たばこ産業『DINNERIST』-Kさんコレクション-

Zjtdinnerist01 Kさんコレクションの日本たばこ産業株式会社HT23『DINNERIST』のペットボトルキャップです。

JT(日本たばこ産業)では、初めて見る住所入りキャップです。住所は、「東京都港区虎ノ門2-2-1」となっていますから、現在のJTの住所とは少しだけ違っているようです。

さて、この商品ですが、詳細がまったくわかりません。製造所固有記号の「HT23」は、どこの工場だかわかりませんし、そもそも商品名の『DINNERIST』がなんなのかさえわかりません。日本食糧新聞にさえ掲載されていないので、発売年もわかりません。

謎のキャップといっても良いですね。謎なだけに、このキャップが日本最初のペットボトルキャップであるかもしれない可能性も捨て切れません。

| | | コメント (0)

キリン『キリンレモン セレクト』ーKさんコレクションー

Kirinlemon20 Kさんコレクションのキリンビバレッジ(株)KN2『キリンレモン セレクト』のペットボトルキャップです。
キリンで住所入りのキャップは初めてみました。住所は「東京都千代田区神田和泉町1番地」となっているので、現在の住所とは違うようです。
製造所固有記号の「KN2」は、「山口県防府市」の工場で製造されたものですね。

『キリンレモン セレクト』自体は、1992年の発売ですが、当初は瓶飲料でした。しかし、「日本食糧新聞」の1995.04.14 7856号 9面の記事によれば、1995年4月4日にリニューアルして、1.5Lペットボトルが発売されたとのことです。

さらに、hirokin Museumの「MUUSEO」の記事によると、1995年頃の入手とあるので、リニューアル発売の時期と一致します。
このことから、日本のペットボトルキャップの起源は、1996年であるとされてきましたが、1995年であるとして良いのではないでしょうか。

おそらくこのキャップが、日本で最初に出た最も古いキャップ史の原点となるペットボトルキャップなのではないかと推測します。

| | | コメント (0)

サントリー『ゲータレード』ーKさんコレクションー

Suntorygatorade0001 Suntorygatorade0002 Kさんコレクションのサントリー『ゲータレード』です。ゲータレードは、いろいろな味があるはずなので、赤色キャップと緑色キャップのそれぞれは、お味が違うはずです。でも、今となっては何の味だったかわかるすべはありません。

「ゲータレード」といえば、「稲妻マーク」でお馴染ですが、「稲妻マーク」だけのものは持っていますし、ときどき見かけます。順番で言えば、「稲妻マーク」だけのが出て、次にロゴ入りのものが出るというように思えるのですが、どうやらその逆のパターンのようで、このキャップ達が初期のキャップではないでしょうか。

検索をすると、商品のボトル画像が見つかることはありますが、キャップ画像が見つかることはまずありません。ボトル画像とキャップが一致しないと詳細がわかりませんよね。私達キャップコレクターは、迷子のようなもので、いつも居るべき家を探しているって感じっすかね。

でも、そうやて彷徨っていると、ときどきその家はこっちだよと親切に導いてくれる人がいるので、ここまでやって来られたようなものです。^^

| | | コメント (0)

サントリー『マウンテンデュー』ーKさんコレクションー

Suntorymountaindew00 Kさんコレクションのサントリー『マウンテンデュー』です。四角い「Mountain Dew」は珍しいですよね。外国のキャップの匂いがします。
このキャップも発売年等不明ですが、『マウンテンデュー』のキャップとしては、初期のものではないかと思っています。

どこかに、キャップのデータベースが存在すれば、いろいろなことが分かって来ますよね。個人でお持ちの方もいらっしゃるかとは思いますが、公開されなければわかりません。

察するに、メーカーは現物は保存していなくても、製造した商品のデータをデータベースにして保存しているのではないかと妄想しています。
もちろん、公開などされないでしょうけれど、全ての商品が掲載された本がなん十冊もずらっと並んで保管されていたりしたら、びっくりしちゃいますね。そんな奇跡のようなことは起こらないかなぁ。

| | | コメント (0)

サントリー『朝水』ーKさんコレクションー

Suntoryasamizu01 Kさんコレクションのサントリー『朝水』です。
詳細が不明なので、「サントリー」「朝水」等で検索しましたが、何もヒットしません。七砂さんの「MUUSEO」は、コカ・コーラ専門なので、サントリー情報はありません。ただ、「MUUSEO」の中にサントリーの商品を掲載している方がいらっしゃれば、何か情報が得られるかもしれません。

私の記憶違いだとは思いますが、この商品を見たことがあるような気がします。見たことがあるとすれば、2000年代の商品ということになりますが、ブランド名に特徴がなく、寂しげな感じのデザインだったので、スルーしたかもしれません。

当時は今ほど、メーカー違いまで集めようという時代ではありませんでしたし、コレクターの中には粗ギザはノーマルギザとデザインが同じなら集めても仕方がないとおっしゃるような方もいらっしゃったりしました。

かくいう私も、デザインを選んで集めていた時期があったかもしれません。遠~~~い昔のことになってしまいましたよ。

| | | コメント (1)

サントリー『緑茶 ホット伊右衛門』CSI社製粗ギザキャップ

Suntory6602 サントリーフーズ(株)『緑茶 ホット伊右衛門』500mlペットボトルのNYG社製粗ギザキャップです。

『伊右衛門 ホット 京都ブレンド』が、2021年10月5日に出ていたので、確認しておかなくちゃと思い、遅ればせながらコンビニのホット飲料コーナーを覗いて見ました。

Image_20211110173501 『伊右衛門 ホット 京都ブレンド』はNCC社製でしたが、そのとなりに『緑茶 ホット伊右衛門』が置いてあって、CSI社製でした。
偶然でしたが、ラッキーでしたね。^^

| | | コメント (1)

コカ・コーラ『ジョージア』-Kさんコレクション-

Cocacolageorgia00 Kさんコレクションのコカ・コーラ『ジョージア』です。発売年等は不明です。でも、このキャップは他社様のサイトで見たことがあって、面白いデザインだなと思っていました。

「へそあり」キャップですね。今では死語になってしまいましたが、キャップがローハイトで天面の中央に直径2㎜ほどの小さな窪みのあるものを言います。

見れば見るほど、遊び心のある面白いキャップですね。お気に入りのキャップのひとつです。^^

| | | コメント (2)

みちのくコカ・コーラボトリング『デイリーケア』-Kさんコレクション-

Zdairycaremichinoku01_20211110160401 Kさんコレクションのみちのくコカ・コーラボトリング(株)AK『デイリーケア』です。発売年は不明ですが、1990年代後半に間違いないと思います。
コカ・コーラにしては、珍しくけっこう濃いめのデザインですね。うっかりしていると、他のメーカーかと見逃してしまいそうになります。地方ボトラーのキャップ、これも超の付く激レア品です。

それにしても、Kさんはこのキャップをどのようにして手に入れられたのでしょうね。みちのくと言えば岩手県です。お住まいになっていたことがおありなのでしょうか。

当時はこういった商品は、住んでいる地域でしか購入できなかったはずですし、今のようなネットワークもほとんど無かった時代で、情報源も限られていたはずです。
そんな中でこのキャップをお持ちだったとは、何かロマンを感じちゃいますね。お話が聞けるものなら聞いてみたいものです。^^

| | | コメント (1)

日本コカ・コーラ『シトラ ミックス味』-Kさんコレクション-

Cocacolacitra01 Kさんコレクションの日本コカ・コーラ(株)『シトラ ミックス味』です。「TM」バージョンになってますね。1999年発売で、ブランドロゴだけのシンプルなデザインになています。

2000年に発売された「(R)」バージョンがありますが、こちらの方は、レモンかグレープフルーツかを輪切りにしたデザインでしょうか、華やかな感じになっています。

| | | コメント (0)

日本コカ・コーラ『BONAQA スウィートアプリコット』-Kさんコレクション-

Cocacolabonaqa01 Kさんコレクションの日本コカ・コーラ『BONAQA スウィートアプリコット』です。激レアに超の字が付きますね。なんど眺めてもレアな匂いしかしません。

このキャップは、1997年製のものです。なぜわかるかというと、コカ・コーラのスペシャリストの七砂さんの「MUUSEO(ミューゼオ)」にきっちりと掲載されているからです。

コカ・コーラ製品でわからないものは、このサイトで調べれば、たぶんほとんどのものがわかると思います。ぜひ、覗いて見てください。^^

| | | コメント (0)

日本コカ・コーラ『紅茶花伝 ガーデンレモンティー』-Kさんコレクション-

Cocacolabritishstyle0101 Kさんコレクションの日本コカ・コーラ(株)『紅茶花伝 』です。1996年の発売です。
このキャップは、「日本・コカコーラ」のものなので、大変珍しいものですが、奇跡的に製造所固有記号「KF」のものを持っていました。このキャップの製造所固有記号は、「HF」です。

ただ、この「KF」と「HF」がどこの製造所か調べてもわからないのですよ。「K」は近畿で「H」は北海道か北陸かと思われます。「F」はFACTORY(工場)なのかなぁ。
外注工場だったのかもしれないし、コカ社の工場が無くなってしまったのかもしれないし。コカ・コーラマニアの方なら、きっとご存じなんでしょうねぇ。

コカ社の他の商品でも、製造所固有記号違いのキャップは山のようにあります。でも、『紅茶花伝』で製造所固有記号違いを2種類も持っていること自体奇跡のようなものですよ。

| | | コメント (0)

アサヒ『烏龍茶』ーKさんコレクションー

Asahioolongtea00 Kさんコレクションのアサヒ『烏龍茶』です。
『烏龍茶』といえば、茶色一色のフォントが多いかと思いますが、このキャップは、「烏龍茶」が黒色で、「Asahi」が紫色がかった青色の2色構成です。

今では、使われないようなシンプルなデザインと珍しい色使いだと思います。歴史を感じさせる一品です。

| | | コメント (0)

アサヒ「Asahi」紫色フォント汎用ロゴキャップーKさんコレクションー

Asahi33 Kさんコレクションのアサヒ飲料「Asahi」紫色フォント汎用ロゴキャップです。商品名は不明ですが、紫色フォントは非常に珍しいと思います。
この汎用ロゴキャップで販売者名と住所が印刷されたものは何個か持っていますが、いずれも青色フォントで紫色フォントのものは持っていませんでした。

20年前の収集当初は、商品名を記録していなかったこともあり、青色フォントで唯一商品名がわかっているのは、「喫茶店式メロンソーダ」だけです。
他のキャップも商品名を記録していれば、このキャップがどんな商品であったか推測できたかも知れません。

「喫茶店式」がキーワードであれば、このキャップは、「喫茶店式グレープジュース」とかだったりするかもしれません。
どなたか、商品名をご存じの方がありましたら、お知らせいただけると大変嬉しいです。^^

| | | コメント (0)

アサヒ『十六茶』ーKさんコレクションー

Asahitea00アサヒ飲料の『十六茶』です。今まで私のコレクションには、『十六茶』の販売者名及び住所が印刷されたものはひとつもありませんでしたし、こんなキャップがあることすら知りませんでした。

このキャップはKさんコレクションの一部を無償で譲り受けたものです。もちろん、私のコレクションにはないものばかりです。

Kさんは、以前も何回か非常にレアなキャップをお送り下さって、お助けいただいたことがありましたが、今回はコレクションをお止めになったということで、何個かをご好意でお譲り下さいました。

お譲り頂いた中には、ずっとマークしていたものがたくさんありますが、まったくノーマークの初めて見るキャップも何個かありました。この『十六茶』もそのうちのひとつです。

Kさんがお譲り下さったキャップは、どれも「超激レア」に分類されます。そのキャップを見るだけでも、ほぼほぼデザインキャップが出始めた25年くらい前から、コツコツと丁寧にお集めになっていたことがよくわかります。

Kさんコレクションを取り崩すより、KUMAコレクションを取り崩してKさんコレクションを充実させた方が良いようにさえ思えてしまいますが、もうすでにコレクションをお止めになってしまったとのことですので、残念でなりません。
こちらからは、ほとんどご協力できていなかったように思えるので、もっとご協力できていればと悔やまれます。

これから、何回かにわけてKさんコレクションをご紹介します。どうぞ、お楽しみになさってください。^^

| | | コメント (0)

ブラジルのキャラクターキャップ

Unknown51 ブラジルのペットボトルキャップコレクターから送っていただいたキャラクターキャップ29個です。
メーカーとかキャラクターの名前とかはわかりません。セットにはなっていますが、これで全部かどうかもわかりません。

楽しい絵柄ですが、日本ではもうこれだけたくさんのキャラクターもののキャップは出ないかもしれませんね。

それにしても、交換品がだいぶ溜まってしまったので、ずっと送りたいと思っていますが、ブラジルへの便は、未だに船の小包しか取り扱いがありません。そろそろ、航空便の小型包装物を再開してくれないかな。

| | | コメント (0)

サントリー『 蜜りんごヨーグリーナ』のニューキャップ

Suntory6102 サントリーフーズ(株)『蜜りんごヨーグリーナ』540mlペットボトルのNCC社製赤色半透明粗ギザキャップです。
2021年11月9日(火)に新発売しましたが、どうもサントリーのニュースリリースが見当たりません。
最近は、こんなことがよくあるので驚きもしませんが、発売日だけは確認できたのでもういいですよ。

4901777371453 お味は、天然水シリーズにしては、濃いめかなと思いますが、どうなんでしょうか。
次はどんな商品で、どんな色のキャップが登場するか楽しみです。^^

| | | コメント (0)

大塚『シンビーノ ジャワティ ストレート レッド』のラベルレスキャップ

71yagtlqmpl_ac_sx569_ Botsukajava0421
大塚(株)『シンビーノ ジャワティ ストレート レッド』の500mlペットボトルのNYG社製ノーマルギザラベルレスキャップです。
2021年11月4日(木)から新発売しました。今のところ、Amazonだけで売っているようです。
しゅんさんからいただきました。いつもありがとうございます。

このキャップデザインも微妙ですね。バランスが悪くないですか?すでに「TEA」の文字は小さいバージョンに変わっていて、「JAVA」の「A」の下に納まっているはずですが、キャップのデザインは、従来の「VA」の下に大きく納まっています。

キャップのデザインも小さいバージョンの「TEA」にすると納まりが良くなるのではないでしょうか。リニューアルバージョンキャップが出たりするのでしょうか?
それはそれとしても、「JAVA TEA」のブランドロゴを水平ではなく、斜め20度くらいに見せたいというのが、「プラマーク」の位置から、読み取れます。面白いですね。^^

| | | コメント (0)

大塚『シンビーノ ジャワティ ストレート』のリニューアルキャップ

Botsukajava0411 大塚『シンビーノ ジャワティ ストレート レッド』500mlペットボトルのNYG社製ノーマルギザのリニューアルキャップです。
中味とパッケージがリニューアルされ、2021年9月下旬から順次展開されました。

従来のキャプは、「JAVA」の「VA」の下に「TEA」が配置されていましたが、リニューアルキャップでは「A」の下にだけ「TEA」が
51xcnyrol_ac_sl1500_ 小さく配置されました。リニューアルしたデザインが良いのかどうかは微妙なところですね。

近所のドラッグストアに1軒だけの「JAVA TEA」は売っていますが、ちっとも切り替わらなくて毎週チェックしていたところ、4週目でやっと本日見つかりました。ニューキャップを見つけるのも忍耐が要るものです。^^

| | | コメント (0)

Monkey Mountain『モンキーマウンテン』の王冠

Monkeymountain01 (株)Monkey Mountain(大分県大分市)『モンキーマウンテン』330ml瓶の王冠です。
いろいろな種類があるようですが、私が購入したのは、「道の駅ゆふいん」でたまたま見つけた「レッドエール」で、発泡酒ですね。アルコール分は5%。
由布院駅前の土産物屋では見かけなかったので、販売数の少ないビールかもしれません。時間があれば、ブルワリーにも寄ってみたかったけれど、帰路だったので諦めました。

ところで、話は変わりますが、九州の道の駅では「九州沖縄ブロック「道の駅」連絡線記念指定券」なるものを売っているのですね。全然知りませんでした。面白いと言えば面白いのでしょうけど、名刺くらいの大きさで薄っぺらく、なんだか中途半端なのでどうも好きになれません。

道の駅の記念きっぷは硬券に限りますね。「道の駅ゆふいん」では、どちらの券も売っていたので、ありがたかったです。^^

| | | コメント (0)

くじゅう高原開発公社『ビア王(BeerOh!)』王冠

Kujyu01 (株)くじゅう高原開発公社(大分県竹田市)『ビア王(BeerOh!) 風(ヴァイツェン)』330ml瓶の王冠です。
ビア王というだけあって、貫禄のある立派なデザインです。
日本にもこんなデザインの王冠があるんですね。

最近、こんなおしゃれなデザインの王冠をちょくちょく見かけるようになって、がんばっているなという印象を受けますが、王冠も
K0480303 ペットボトルと同じように、麦の汎用デザイン無地の王冠、さらにプルトップのキャップが急増しているなと危惧しています。

どうか、日本の文化のひとつとして、今後も生き残り続けてくれることを願っています。


| | | コメント (0)

コカ・コーラ『からだすこやか茶W』のプラマークキャップ

Cocacolakaradasukoyakachaw01 コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)『からだすこやか茶W』350mlペットボトルNCC社製粗ギザフックタイプのプラマークキャップです。
なかなかバランスのとれた良いデザインですね。

このデザインのキャップはまだまだ流通していないようで、探すのが大変です。
Soukaidrink_4902102108072 一気に切り替わるということが無いようで、在庫が無くなり次第順次切り替わる気配です。
でも、いずれどっと出回るようになるだろうから、あとはメーカー違いのキャップをゆるゆると探そうかな。^^

| | | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »