王冠

麒麟麦酒『SPRING VALLEY スプリングバレー』の新種の王冠

Beer_svb_svassort_lp
麒麟麦酒(株)『SPRING VALLEY スプリングバレー』の新種の王冠です。web限定のようで、初回に限り送料無料で900円ということだったので、注文してみました。

私が注文したのは、たまたま「on the cloud」という商品のようでしたが、他に4種類の商品があるようです。
画像の左側に王冠の画像があります。「on the cloud」の王冠もこのデザインなので、たぶん他の4種類も同じデザインだと思います。
3本セットだったので、王冠を3個ゲットすることができて、美味しいビールを飲むことができるので、ベリーハッピーです。^^


| | | コメント (0)

コダマ飲料の王冠

Kodamadrink0102 Kodamadrink0402  (株)コダマ飲料の王冠です。
王冠研究所』を運営するyouth-kさんからいただきました。いつもありがとうございます。

どちらも、リニューアル王冠となります。名古屋では入手できない王冠なので、とても助かります。

名古屋で入手できない東京都の主な飲料メーカーは、コダマ飲料、博水社、ホッピービバレッジ(一部入手可)、東京飲料などがあります。どのメーカーもたくさんの種類の王冠を輩出しています。

根こそぎゲットできるのなら、メーカー別にコレクションページを作ってみたいですね。さぞ、立派なコレクションページが出来上がると思いますが、まったく実現できそうに思えないので、夢と終わりそうです。

| | | コメント (0)

浅間高原麦酒『草津温泉物語』の王冠

Asamakogenbeer02 (株)浅間高原麦酒『草津温泉物語』330ml瓶の王冠です。
嬬恋高原ブルワリーで醸造された地ビールです。王冠のデザインは、見た目はオレンジか何かのソフトドリンクの王冠に見えますが、れっきとしたビールの王冠です。

「つまブル」の「」のはねたところがジョッキの形になっていますが、ビールの色が小麦色ではなくオレンジ色でロゴの色が緑色なので、どうしてもオレンジを連想してしまいます。

152340376 それと、賞味期限が「22.01.12」となっています。いつ製造されたものかわかりませんが、賞味期間は少なくても9ヶ月程度はありそうです。地ビールでなくても美味しくいただける期限は半年程度だと認識しているので、けっこうな長さですね。ときどき、こういうビールを見かけます。

デザインはビールの王冠らしからぬ珍しいものだと思うので、それなりにお気に入りです。こんなビールの王冠も1個は持っていたりすると楽しいです。^^

| | | コメント (0)

ホッピービバレッジ『黒ホッピー』のリニューアル王冠

Hoppyblack05 Hoppyblack04 ホッピービバレッジ(株)『黒ホッピー』のリニューアル王冠(画像右側)です。画像左側のリニューアル前の王冠とではブランドロゴの部分は同じですが、その周りの成分などの表記の仕方が大きく変わっています。
大幅なリニューアルかな?

いつリニューアルになったかわかりませんが、外国の王冠コレクターにトレードに出そうと思って画像チェックをしていたときに気が付きました。
ストックは持っていなかったので、危うく気付かないまま、外国に行ってしまうところでした。アブナイアブナイ。


 

| | | コメント (0)

サッポロビール『わくわくブルワリー』の王冠

Nomikurabe1thumbautox40012060 Sapporowakuwakubrewery01_20210313202801 サッポロビール(株)は、自分だけのオリジナルビールがオーダーできる新サービス「わくわくブルワリー」を2012年10月17日(水)よりサッポロビールホームページ内のwebサイトにてスタートしました。

写真のビール瓶画像は、オープン1周年記念で発売された「わくわくブルワリー飲み比べセット」です。
王冠はこの「わくわくブルワリー」のものと思われますが、調べて行くと2014年以降の記事が見当たりません。現在は専用webサイトは閉鎖されているようですから、わずか2年足らずで終了したのではないかと思われます。

こんな商品が出ていたことは知る由もありませんでしたが、偶然に王冠をゲットできたのはラッキーでした。また、貴重な日本の王冠をひとつ記録に残すことができました。^^

| | | コメント (0)

ペットボトルキャップコレクションと王冠コレクションの額

Conv0002_20210117084201

王冠のコレクション額が完成したので、掲載してみました。
百均の材料を中心とした完全手作り品です。失敗した点もあって修正したいところですが、大変なのでこれはこれでヨシとします。

ペットボトルキャップコレクション額は、福ちゃんにいただいたものです。これも完全手作り品ですが、福ちゃんの正方形の額はやっぱりいいですね。今までなんどもテレビや雑誌で取り上げられるだけあって、すばらしいものです。これだけのものは、素人ではなかなかできませんよ。

この次は、ゴルフのマーカーが少しだけあるので、今回の反省点を踏まえて額にしてみようと思います。
酒蓋も額にしてみたいところですが、難易度が非常に高いです。どう考えても、同じ大きさの穴をたくさん整列してあけなければならないですよね。なにか良い方法があるのかな。まあ、ないことはないのでチャレンジしてみる価値はあるかも。

ミニマンホールも額にすると良いと思っています。スタンド式にディスプレイするよりは整理もしやすいので、いいのではないのかな。
さあ、もう少しがんばってみるとしよう。^^

| | | コメント (0)

クルークダイニング『フルーツエール』の王冠

6ver3

Cloocdining01 (株)クルークダイニング(長野県安曇野市)『フルーツエール』の王冠です。
長野県佐久市付近の産地直売所でゲットしました。
最近は、王冠も無地や汎用デザインのものが増えています。
このようなデザインの王冠に出会えたことはラッキーです。

発泡酒の地ビールでアルコール分は5%です。地ビール独特の濃い味わいはあまり感じられませんが、その分フルーティーでライトな感じです。
全部で6種類発売しているようですが、各種類1本ずつ飲んでも結構なお値段になってしまうので、1本で十分です。^^

| | | コメント (0)

キリンビバレッジの王冠達

Kirinkirinlemon200ml5202 Kirinbeveragemineralwaterkfb02 キリンビバレッジ(株)KFBの王冠2個です。『王冠研究所』を運営するyouth-kさんからいただきました。
いつもありがとうございます。

右側の王冠は「キリンレモン無果汁」で、成分名が変更になりました。左側の王冠は「キリンミネラルウォーター」で、原材料名が"深井戸水"から"水(鉱水)"に変更になりました。

ず~っと同じデザインでも細かなところを変更しつつ維持しているというのは、これはこれで凄いことだと思います。これも伝統なんでしょうね。
すこしずつ変わりながらでも基本的なデザインは維持して伝統を守って欲しいものですが、キリンレモンは年内でリターナブル瓶は終売になるそうで、もう見られなくなるのは非常に残念です。

youth-kさん、また細かな変更が出たら教えてくださいね。頼りにしておりますので、よろしくお願いします。^^

| | | コメント (0)

『横浜ビール』の王冠

Yokohamabeer01 『横浜ビール』の王冠です。
ラベルによれば、製造者は横浜フーズ(株)(横浜市中区長者町)で、製造場は横浜市中区住吉町で、さらに問合せ先は(株)横浜ビールとなっています。三者三様で当事者以外には非常にややこしいですね。なにがなんだか一般の購入者にはわからないです。
事業スタートが平成6年12月15日で、株式会社登記が平成21年11月13日です。これもややこしいです。地ビールってややこしいんですね。

61igdwn9xjl_ac_sl1265_ 横浜ビールの王冠は初めてです。私にとっては、会社の概要はどうでもよいので、王冠のデザインが新種であることとビールが美味しければそれで無問題です。^^

お味は地ビールにしては非常に上品で飲みやすいですが、その分物足りなさもあって2本飲んでも酔いが来ません。私にはちょっと合わないかな。

| | | コメント (0)

麒麟麦酒『ブルックリンソラチエース』の国産王冠

Kirinbeerbrooklynsorachiace01 麒麟麦酒(株)『ブルックリンソラチエース』330mlワンウエイびんの国産王冠です。
キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、米国の代表的なクラフトビールメーカーであるブルックリン・ブルワリー社(米国ニューヨーク、CEO Eric Ottaway/President Robin Ottaway)のブランド「ブルックリン ソラチエース」を、2020年10月13日(火)から全国の量販店で発売しました。

U218852_3l1 「ブルックリンソラチエース」に使用しているのは、北海道空知郡由来のホップ「ソラチエース」ですが、北海道生まれ・ニューヨーク育ちです。
今までは麒麟麦酒(株)が輸入していたようですが、ブルックリンブルワリー社のライセンスを取得して国内で製造するようになったので、「国産」のビールになりました。

びんの形状とかラベルのデザインはアメリカのものと同じようです。王冠のデザインはどうなっているかと思い、外国の王冠コレクターサイトで調べてみると、王冠の色やロゴのデザインはアメリカで販売されているものと同じに見えますが、「ncc」のマークが入っているのでNCC社の日本製です。
当たり前かもしれませんが、王冠も国産で良かったです。^^

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧