21 王冠

スペインの未使用王冠達

Spain19060301 Spainestrellagalicia0302 スペインの王冠コレクターから32個の未使用王冠をいただきました。
初めてのトレードの方になります。スペインのペットボトルキャップは、なぜか非常に少なくて、なかなか手に入りません。そんなときは、未使用王冠と日本の王冠を交換してもらうようにしています。
Spainfreedamm0102 Spainestrellagalicia0203
気が付けば、外国の未使用王冠は695個になりました。日本の未使用王冠と合わせると1,000種類くらいにはなるかな。

とりあえず、32個の中からお気に入りの王冠を4個だけ選んでみました。他の王冠もどれもおしゃれでカッコいいです。なかなか良き選択をしてくれたものです。見て損はないと思いますので、少しでもご興味のある方はぜひ覗いてみてください。^^

| | | コメント (0)

オリオンビールのリニューアル王冠

Orionbeer0103 オリオンビールのリニューアル王冠です。
ブランドロゴの周りのコーポレートロゴとキャッチコピーが無くなり、三ツ星が付きました。すっきりしましたね。王冠の色も鮮やかになったような気がします。

いつリニューアルしたのか、さっぱりわかりませんが、沖縄復帰50周年を記念してリニューアルしたのかもしれません。

オリオンビールの缶は、名古屋のわしたショップでも売っていますが、瓶はリターナブルという理由からだと思いますが、販見かけません。なんとか、わしたショップでも売って欲しいものですが、瓶だと輸送コストがかかりますかね。

| | | コメント (0)

Heart & Beer 日本海倶楽部の王冠

Compass1632027947jpg
Nihonkaiclub11 Nihonkaiclub12 石川県アンテナショップ【いしかわ百万石物語・江戸本店】で販売されていました。
画像右側の王冠は「Y-29PILS 焼肉ピルス」で、画像左側の王冠は「珈琲焙煎ピルス C×1000 PILS」です。

赤色の王冠がカッコよかったのでこれだけ買おうと思ったのですが、せっかくなので茶色の王冠の方も購入しました。というのも、1本が630円とお高いので、2本で1,260円になります。ちょっとした出費になりました。

私は、ビールも飲むのでまあ良いのですが、珈琲味焼肉味のビールは私には合いませんでした。王冠や瓶のデザインが良いだけに残念です。

| | | コメント (0)

わくわく手づくりファーム川北『金沢百万石ビール』の王冠

Wakuwaku02 (有)わくわく手作りファーム川北『金沢百万石ビール』の王冠です。
王冠には、「PREMIUM BEER WKWKFARM」と印刷されています。「WKWK」は「WAKUWAKU」を省略したものだと思いますが、わかりにくいしインパクトがないですね。

ラベルには「KANAZAWA百万石BEER」と印刷されているの
100541590 で、これが王冠に印刷されていたら、インパクト大で商品名もバッチリアピールできるのではないかと思ったりしますが、何か問題でもあるんでしょうかね。

同社には、「白山わくわくビール」という商品もあると思いますが、こちらの王冠はどうなっているんでしょうね。同じデザインに変わったのでしょうか。
今までのデザインは「白山わくわくビール」とイラストも描かれていて特徴のあるデザインですが、『金沢百万石ビール』は、特徴のない残念な王冠と思います。

| | | コメント (0)

後藤鉱泉所『マルゴサイダー』の未使用王冠

64c2d66c6af75ee44f34d042d39867bc
Gotokosenjo04 後藤鉱泉所(広島県尾道市向島)マルゴサイダー』の未使用王冠です。このサイダーは、幻のサイダーと呼ばれているようですが、340ml瓶は旧三ツ矢サイダーの瓶を使用しているため、完全リターナブルで、船で向島まで渡ってそこで飲まないといけないようです。

200ml瓶もありますが、こちらは自前の瓶を使用していると思うので、オンラインでも購入できるようです。ただ、まとめて購入すると、メッチャお高いですけどね。

『マルゴサイダー』の由来は、創業の昭和「5」年と、後藤鉱泉所の「」をかけたものが定着したのだとか。のロゴは、他の商品の王冠にも使用されています。

この画像は、後藤鉱泉所のHPから拝借しました。レトロ感満載でこの絵を見ているだけでもうっとりとしてしまいます。画像に描かれている瓶は340mlのものですがいわばアイコンのようなものでしょう。
宣伝用に200ml瓶×30本とありますが、注文してもこの画像の瓶が送られてくるわけではないので、注意が必要かもしれませんね。

| | | コメント (0)

クリフォード ウヰルキンソン タンサン鉱泉『ウヰルキンソン レモネード』の王冠 ―NIKOさんコレクションー

Image_20220206132101 クリフォード ウヰルキンソン タンサン鉱泉(株)『ウヰルキンソン レモネード』の王冠です。
クリフォード ウヰルキンソン タンサン鉱泉は、1937年(昭和12年)に設立し、兵庫県西宮市塩瀬町生瀬の「宝塚工場」で製造を開始しましたが、1990年(平成2年)に工場を閉鎖しました。

レモネードは、1966年(昭和41年)に新発売になっているので、この王冠は1990年(平成2年)までの間に製造されたものとなります。

王冠の裏側のライナーは、PVC樹脂ですが、PVC樹脂ライナーがいつごろから製造されたかがわかれば大体何年くらい前のものか推測できますが、未確認です。

1990年に工場が閉鎖されているので、30年以上前のものであることに間違いはありませんが、表面の錆具合から推測すると半世紀近く前のものであってもおかしくないかもしれません。

王冠の歴史を調べてみるのも面白いですね。^^

| | | コメント (0)

忽布古丹醸造の王冠 ーNIKOさんコレクションー

Image_20220205111701 忽布古丹醸造(株)(ホップコタンジョウゾウ)(北海道空知郡上富良野町)のビールの王冠です。

同社は、2017年1月に設立されましたが、会社名の古丹(コタン)とは、村や集落を意味するアイヌの言葉で、まさに北海道のホップ集落=上富良野のことを指す名称だということです。
忽布」の説明がありませんが、「ホップ」を日本語にするとこう書くのでしょうか。

商品名は『忽布古丹』ではなく、「upopo(ウポポ) 」「nonno(ノンノ)」「haskap(ハシカプ)」等などいろんなアイヌ語の名前になっているようです。ホップのデザインがとても良いですね。

5年前に設立された新しいブルワリーであることや、流通経路が限られているなど、ゲットするのは難しい王冠なんでしょうね。貴重な王冠をいただきました。^^

| | | コメント (0)

ニセコビール『羊蹄山麓ビール』の王冠 ーNIKOさんコレクションー

Image_20220205083701 ニセコビール(株)(北海道虻田郡ニセコ町)『羊蹄山麓ビール』の王冠です。この王冠は新しいもののようですね。
ブルワリーは、「Niseko LUPICIA BREWERY」。

ニセコビールは、2014年からニセコブルワリーで製造したビールをクラフトビアレストランというところで販売していたようですが、2020年に現在のルピシアブルワリーを新設し、ニセコ ヴィラ ルピシアレストランで販売しているようです。

ニセコブルワリー で製造していた時の王冠と現在のルピシアブルワリーで製造している王冠とはデザインが異なっているかもしれません。というか、商品自体が違うのかもしれませんが、詳細までは調べていません。

総合的にデータを整理するとこんな感じになるかと思いますが、間違っていたらごめんなさい。正しい、情報提供をお待ちしております。

王冠のデザインはとてもインパクトがありますね。パッと見は、タイあたりの東南アジア系の王冠に見えますが、「」を描いたものなのでしょう。王冠を上下逆さまに見てしまうとまったく違うものに見えてしまいます。面白いですね。^^

| | | コメント (0)

クアーズ・ジャパン『Coors Original』の王冠 ーNIKOさんコレクションー

Image_20220204193901 クアーズ・ジャパン『Coors Original』の王冠です。
この王冠には思い入れがあって、外国の王冠コレクターとトレードを始めて間もないころ、この王冠をゲットし、面白いデザインだなと思いつつ、当時は王冠に興味がなかったので、どんどん外国の王冠コレクターに送っておりました。

そうこうしているうちに、王冠にも興味を持ち始めたころには、この王冠を見かけなくなりました。この王冠は日本の王冠であるので、ぜひ手元においておかなければならないものだったなと、ずっと後悔しておりました。

それが、こうしてNIKOさんからお譲りいただいて、貴重な王冠がKUMA家にやって参りました。感無量でございます。

『Coors Original』は、日本では2009年に販売終了しています。この王冠は、クアーズ・ジャパン(株)のものであると思われますが、同社は1995年に設立され、2009年にクアーズ・ジャパンへと社名変更しています。

1995年から2009年の間に生産された王冠と思われますが、王冠のメーカーはというと、どうも日本の王冠ではなくて、アメリカ本国から持ち込まれたものではないかと思われます。
1995年以前はアサヒビールがOEM生産していたようですが、そうだとすると日本の王冠メーカーの王冠を使用していても不思議ではないように思えるので、日本製の王冠が存在していたのかもしれません。

はてさて、この王冠はいつ頃のものなのでしょうか、また日本の王冠として取り扱って良いものでしょうか。今となっては誰もわからないかもしれませんね。もし、お分かりの方がおられましたら、情報をいただけると大変うれしいです。^^

| | | コメント (0)

Monkey Mountain『モンキーマウンテン』の王冠

Monkeymountain01 (株)Monkey Mountain(大分県大分市)『モンキーマウンテン』330ml瓶の王冠です。
いろいろな種類があるようですが、私が購入したのは、「道の駅ゆふいん」でたまたま見つけた「レッドエール」で、発泡酒ですね。アルコール分は5%。
由布院駅前の土産物屋では見かけなかったので、販売数の少ないビールかもしれません。時間があれば、ブルワリーにも寄ってみたかったけれど、帰路だったので諦めました。

ところで、話は変わりますが、九州の道の駅では「九州沖縄ブロック「道の駅」連絡線記念指定券」なるものを売っているのですね。全然知りませんでした。面白いと言えば面白いのでしょうけど、名刺くらいの大きさで薄っぺらく、なんだか中途半端なのでどうも好きになれません。

道の駅の記念きっぷは硬券に限りますね。「道の駅ゆふいん」では、どちらの券も売っていたので、ありがたかったです。^^

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧